特集・コラム・インタビュー

指揮官が賞賛する鎌田大地の「インテリジェンス」と長谷部誠の“ベテランらしさ”苦しむフランクフルトで2人の評価が再上昇中!!

記事の内容

 3万5000人のサポーターが詰めかけたフランクフルトのドイチェ・バンク・アレナに、「オイローパーポカール! (ヨーロッパカップ)」の歌声が轟音で響き渡る。

 10月21日に行われたヨーロッパリーグ・グループリーグ第3節のオリンピアコス戦だ。ドイツでは新型コロナウイルス対策の緩和が進み、ゴール裏にも熱狂が戻ってきた。朝晩の冷え込みが厳しくなってきている季節だけに、スタジアムの熱さが心地いい。

3バックへの変更でスタメン復帰

 長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは、ヨーロッパリーグでも結果を残している。2018-19シーズンに準決勝進出、19-20シーズンはベスト16。そして今シーズン、ここ4年で3度目となる欧州の舞台に挑戦している。

 昨季はシーズン終盤までチャンピオンズリーグ出場を狙える位置につけていただけに、ファンには少なからず失望があったが、いざシーズンが始まるとヨーロッパを舞台にした大会は予想通り盛り上がっている。決勝トーナメント進出の可能性は低くない。そして、2人の日本人選手はこの試合で重要な働きを見せた。

 開幕からしばらく出場機会に恵まれていなかった長谷部は、オリバー・グラスナー監督が3バックへの変更を決断した10月1日のロイアル・アントワープ戦からスタメン復帰。3バックのセンターでチームに落ち着きをもたらしている。

 このオリンピアコス戦でもキャプテンを務め、試合開始前に主審、相手キャプテンとのやり取りが終わると、ポジションに散らばっていた選手を集めて檄を飛ばしていた。

 2分、鋭い縦パスを鎌田に通して起点となると、9分にもFWゴンサロ・パシエンシアへ好パスを通す。開始早々から存在感を示し、ビルドアップからのパスの展開が滞っていたフランクフルトに確かな秩序をもたらした。

指揮官も「ファンタスティック」と賛辞

 ボールを受けてからパスを出すまでの所作が美しい。この日、最終的に決勝点となったDFアルマミ・トゥーレのチーム2点目はCKの流れから生まれたが、CKへつながるパスを送ったのは長谷部だった。

 もちろん、ノーミスというわけではない。サッカーはミスと隣り合わせのスポーツだ。39分には相手カウンターから右サイド裏のスペースへパスを許した。味方のクリアにより大事には至らなかったが、ダッシュでゴール前へ帰陣した長谷部は、ゴールネットを手で叩いて自身への怒りを露にしていた。

 味方のボールの失い方が悪かった側面もあるが、カバーしきれなかったことを納得するわけにはいかないのだろう。

 このプレーの後、長谷部はポジショニングをさらに丁寧にケアした。後半は相手のパスコースに的確に顔を出して、次々にボールをカット。さすがの修正力だった。62分には左サイドでボールを奪い取ると、相手のチェックを受けても慌てず、しっかりと味方へ預けた。ハイボールを処理しようとした相手のトラップ先へタイミングよく寄せて、ボールを奪い取ったシーンもあった。

 長谷部のプレーは地元記者にもとても印象的に映ったようだ。「長谷部が復帰してから守備のバランスが整い、ビルドアップが間違いなく落ち着いた」と、隣の席に座っていた記者が口にしていた。グラスナー監督は「マコトはベテランらしいファンタスティックなプレーをみせてくれた」と賛辞を贈った。

勝利を決定づける今季初ゴール!

 出場機会が減っていたのは鎌田も同様だが、この試合では素晴らしいパフォーマンスを披露した。相変わらず相手守備ラインとMFラインの間にできるスペースの使い方がうまい。わずかなスペースでパスを受けて相手をすり抜けるのもうまい。今季のフランクフルトはそこでタメを作れる選手がおらず、それがチャンスを作れない要因でもあった。

 しかしこの日は、鎌田を経由することでチャンスが演出された。センターにスペースがなくなるとサイドに流れてパスを引き出し、すかさず相手DFライン裏へスルーパスを通す。先制点となったPKも鎌田のパスからだ。

 勝利を決定づけるチーム3点目もマークした。今季初ゴールだ。59分、味方シュートのこぼれ球に鋭く詰めて、巧みなステップでGKをかわし、左足で流し込んだ。喜びの笑顔が弾けたところに、ファンからの大きな拍手が重なる。

 グラスナー監督は、オフェンスで起用した鎌田、コロンビア代表FWラファエル・ボレ、ポルトガル人FWパシエンシアの3人を評価していた。

「ボレは代表戦の疲れもあったが、これまで同様に良いプレーを見せてくれ、ゴンサロとのコミュニケーションも良かった。鎌田も素晴らしい印象を残した。インテリジェンスの高いプレーだ。相手が抑えようとしている狭いエリアでもスペースを見つけ、ライン間でパスを引き出し、スペースへ走り込み、ゴールも決めてくれた」

守備でも成長の跡を残す

 切れのある動きは攻撃だけではない。

「相手が4-1-4-1で来るのは予想していた。ボランチへパスを渡さないよう、そこへの圧力を高めてビルドアップを封じようとした」とグラスナー監督は狙いを明かしていたが、足を止めないで走り続ける鎌田は大きく貢献。成長の跡を残している。

 ボールを失っても、スペースへ走り込んでパスが来なくても、そこからすぐにまた走り直し、守備をして、スペースを埋めて、コースを消す。攻撃だけではなく、鎌田は守備でも指示を出すようになっている。頼もしいことこの上ない。

 守備で十分に動き、それでいて攻撃でもコンスタントに仕事ができるようになったら、鎌田はまたひとつ上のステージへと辿り着けるはずだ。

 特に印象深かったのは73分のシーンだ。DFマルティン・ヒンターエッガーが自陣深い位置でボールを奪い、中盤の左サイドでフリーになっていた鎌田へパスを送る。そこへ、フィリップ・コスティッチが猛ダッシュで攻め上がってくる。ただ、最後のスルーパスのタイミングが合わず、ボールはそのままゴールラインを割ってしまった。

 普通、60m近くダッシュで駆け上がったのにパスがずれたときは、それなりにフラストレーションを示すものだ。だが、コスティッチは鎌田とすれ違うとき何気ない様子でポンポンと背中を叩いて、ポジションへ戻っていった。確かな信頼関係がここにはある。

ELではグループ首位も、リーグ戦では低調

 結局、オリンピアコス戦は3-1の快勝。地元フランクフルトの記者は「今季間違いなくベストパフォーマンス」と唸っていた。みんなの表情が明るい。

 試合後の会見で「ヨーロッパリーグの重要さを実感したか?」と尋ねられたグラスナー監督は「この雰囲気を楽しませてもらった。オリンピアコスはCLの常連だ。ホームのこの雰囲気で戦えたことは素晴らしい。そしてファンのみんなに勝利を味わってもらえたのがよかった」と嬉しそうに答えていた。手応えも十分あったことだろう。

 それは選手も同様に違いない。この日ケガから復帰したキャプテンのセバスティアン・ローデは「この前のヘルタ戦は残念だった。今日はスタジアムの雰囲気、ナイトゲーム、ファンの声援とすべてがうまくはまった。この調子をコンスタントに出せるようにして、これからにつなげたい」と気合いを入れ直していた。

 しかし直後のリーグ、ボーフム戦は低調な内容で0-2の完敗。パシエンシアのPK失敗、鎌田が素晴らしいボールコントロールと鋭い動き出しからポストを直撃したシュート以外、大きなチャンスを作ることができなかった。

 ヨーロッパリーグではグループ首位に立つ一方、ブンデスリーガでは10試合を終えてわずか1勝と苦しんでいる。

 相手に守備を固められ、ハードに戦われると打つ手がない試合が目立つ。それだけに攻撃に変化をもたらす縦パスを出せる長谷部、そしてそのパスをチャンスにつなげられる鎌田の2人の活躍が、これまで以上に重要となるはずだ。

 

1:名無しさん@さかまと!

夏季に長谷部含む6人が放出予定というドイツメディアの記事もある中、今のチームが好きな自分にとってフランクフルト低迷中であまりよい話題がなかったところに、なかなか良き記事をよめて良かった。

 

2:名無しさん@さかまと!

長谷部はもともと攻撃的な選手だし攻撃に繋がるパス出せる基点が後ろにもできるのは相手としても対応難しくなるんだと思う。
鎌田もミランの噂がどうなのか知らないけど成長してるのは期待感。
でもリーグ戦勝てないのはなぁ...

 

3:名無しさん@さかまと!

長谷部は守備的MFで使ってほしい。最終ラインは厳しいと思う。
昨年は運動量の多いMFでは超ベテランの長谷部はきついのではと思われたが、最終ラインの真ん中より良かったと思うが。

 

4:名無しさん@さかまと!

大迫に拘るなら長谷部センターで吉田と組ませて右を冨安とかダメかなぁ
まぁ本人が代表やらんって言ってるから無理だろうが、森保より良い指示するんじゃね?って思ってしまった

 

5:名無しさん@さかまと!

ポジション的にもあまり目立たない部分があると思うが、長谷部は歴代日本人で欧州で一番チームに必要とされて活躍した選手ではないだろうか

 

6:名無しさん@さかまと!

今の監督が自分の色を出そうとしすぎて失敗してる感じなのかしら

 

7:名無しさん@さかまと!

シーズン途中で「今期いっぱいで」とニュースが出るけど、活躍してチームに「欠かせない存在」としてシーズンを終える、という流れをなんか最近は毎シーズン見てるような。

 

8:名無しさん@さかまと!

長谷部には今すぐでなくともドイツで一部の監督をやっている姿を見たい。現在の日本人で海外主要リーグの1部のクラブで監督ができそうな人は他にいるかな?

 

9:名無しさん@さかまと!

長谷部には幹部から、会長を目指して欲しいな。

 

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.