移籍・契約関連情報

香川真司はサラゴサ退団濃厚も…現地紙が記した希望「日本人は諦めていない」

記事の内容

サラゴサ所属のMF香川真司は契約を2021年夏まで残しているが、
来季以降の去就が不透明となっているようだ。

スペイン紙『マルカ』は「多くの期待があったが、現時点では満たされていない。
パフォーマンスは期待されておらず、将来は空白だ」とし、
来季は「チームで継続することは困難になっている」と断じている。  

香川は昨年夏、ドルトムントからベシクタシュへの期限付き移籍を経て
スペイン2部リーグのサラゴサに加入。
新型コロナウイルスによる中断期間前の31試合で、
チームは1部リーグ昇格に迫る2位につけているが、
香川は23試合で2ゴール1アシストという結果にとどまっていた。  

記事によれば、もしサラゴサが昇格を逃した場合は退団が濃厚。
また昇格した場合も昇給が契約に盛り込まれているため、
残留の可能性が低いとされている。

同紙は
「彼が目標達成のキーマンならば昇給も利益になるが、
これまでの間、彼は決定的なプレーヤーではない」と厳しく論じている。  

一方、香川が今季、最も輝きを放った試合は格上と対戦したコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)
のマジョルカ戦とレアル・マドリー戦だったとされており、

「小さいスペースで優れたサッカーが展開されているから」と理由を指摘。
その前提に立つと、昇格が「有利に働く数少ない側面の一つになる」と前向きな点も挙げられている。  

また同紙は「期待どおりにプレーできなかったにもかかわらず、日本人は諦めていない。
隔離中にも一生懸命にトレーニングし、前向きな姿勢を維持している」と取り組み方を称賛。

「彼には残された1か月間の11試合があり、状況を一変させてクオリティーを取り戻し、
サラゴサを1部に戻すことで違いを見せられる」とし、

「誰もが最高のバージョンを見られることを望む」と結んでいる。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/0006164c05070fcd7282a50945ce797daa3c8873

 

1:名無しさん@さかまと!

もし本当に退団濃厚だとしても契約期間中手を抜く様な選手じゃないよ香川は。
諦めていない、しがみついているわけでは無くプロとしての仕事を全うしているだけ。

 

2:名無しさん@さかまと!

国王杯のレアル戦は確かに動きが良かった。
頑張って欲しいんだけど、今のサラゴサの戦術に合ってないような気もする。
チームに昇格圏内にもかかわらず..

 

3:名無しさん@さかまと!

現地紙の記者が期待してんだかしてないんだか…(笑)
圧倒的な存在感は確かに無かったのかもしれないけど、
光るものもあった…そんな評価かなのかなぁ?

 

4:名無しさん@さかまと!

他の選手と比較して年俸高くて、EU外枠で、30歳超えで、怪我がちで、
コンディションも不安定で今の成績なら更新する理由がほとんどないよね。

 

5:名無しさん@さかまと!

ユニホームとスポンサーでそれなりに潤うと思ってたけど高額とはいえ
ドルトムント時代の何分の1の年俸がそんなに負担なんですかね。

 

6:名無しさん@さかまと!

香川選手は(このクラブでの未来を)諦めていないけど
肝心の所属クラブは必要としていないという非常に残念な感じ(笑)

 

7:名無しさん@さかまと!

2得点1アシストでは厳しい。ただし相手が強豪チームになればなるほど香川選手は光る。
経験値は来季1部に上がればチームの力になると思います。良い条件で契約更新してほしい

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.