サッカー談義

【朗報】ガンバ大阪所属の韓国代表MF、Kリーグと比較「JリーグはKリーグより難しい」

記事の内容

ガンバ大阪の韓国代表MFチュ・セジョン、Jリーグ1年目を振り返る

 J1ガンバ大阪所属の韓国代表MFチュ・セジョンが、韓国スポーツ専門サイト「SPOTVニュース」の単独ロングインタビューに答え、昨年の振り返りと今後の目標について語っている。

 Jリーグデビューとなった2021年は、チュ・セジョンにとっては本来の実力を発揮できずに悔しさが残る1年だった。22試合に出場したが、そのうち先発は12試合。彼の実力を買っていた宮本恒靖監督はチームの不振でシーズン途中で解任。松波正信監督の新体制後も起用されてはいたが、チーム戦術への適応に苦労していた部分があったと告白している。

Kリーグよりも、Jリーグのほうが難しい部分がありました。Kリーグは試合の合間に、その状況によっては少し一息つく時間があるのに対して、Jリーグは試合内容や状況よりも、両チームが準備してきたものをやろうという意識が強いので、試合のテンポがとても速い。テンポを合わせることが、自分にはとても難しかったと感じています」

 チーム合流後のキャンプでは「少しずつ慣れていくことで、自信が付いた部分もありました」と明るい未来を描いていた。しかし、昨年3月初めにチーム内で新型コロナウイルスの集団感染が明らかになり、リーグ5試合が取り消しとなった。チュ・セジョンもコロナの陽性判定を受けて、「コンディション調整が難しくなった」ことや「監督の交代による戦術の変化と対応にも苦労した」とも語っている。

 また、チュ・セジョンは2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場し、当然のように今年開催のカタールW杯出場も目標にしている。だが、Jリーグでの出場時間が減ったことで、韓国代表からも遠ざかった。

「ずっと予備メンバー止まりなので悔しさはあります。同じチームのキム・ヨングォン先輩(今季Kリーグの蔚山現代に加入)は代表に呼ばれ続け、自分は行けない悔しさがありました。思えば試合に出ることで監督も状態を確認できるのに、そうできなかった悔しさはあります」

 予想以上に適応に苦しんだ様子が窺えるが、「(日本行きを)一度も後悔したことはない。今季はもっと自分の良さを見せられるようにしたい」と意気込む。

目標は「韓国代表選手として、日本で成功したMFになる」

 また、近年のJリーグで名のある韓国人選手といえば、GKチョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)、GKキム・スンギュ(柏レイソル)、GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、元ガンバ大阪DFのキム・ヨングォン(現・蔚山現代)など恵まれた体格を生かし、守備に貢献するプレーヤーの印象が強い。

 Jリーグ元年の1993年から、ノ・ジョンユン(元サンフレッチェ広島など)、ファン・ソンホン(元セレッソ大阪など)、チェ・ヨンス(ジェフユナイテッド市原)、イ・グノ(元ジュビロ磐田など)、ファン・ウィジョ(元G大阪)とインパクトを残したFWが多いのに対し、MFではユン・ジョンファン(元C大阪など)やキム・ナミル(元ヴィッセル神戸)といった代表クラスの選手がプレーしたがその数は少ない。

「韓国代表選手として、日本で成功したMFになる」という目標のためにも残留を決意したという。ポテンシャルの高さは証明済み。日本で過ごす2年目となる2022年は1つでもチームの勝利に貢献する覚悟だ。

 

1:名無しさん@さかまと!

見出しではJリーグの方が全て優れているみたいな印象受けるけど、
客観的に自国と日本のリーグの長所と短所を分析してしっかり適応しようと努力しているのがわかる素晴らしいインタビューだね。

 

2:名無しさん@さかまと!

>Jリーグは試合内容や状況よりも、両チームが準備してきたものをやろうという意識が強い
状況に応じて戦術を変えるという臨機応変さが日本人に乏しいというのをあらわしてるね。

 

3:名無しさん@さかまと!

逆に日本人が韓国行っても適応は難しいと思うので本人の努力と忍耐が必要ですね

 

4:名無しさん@さかまと!

外国にいった方が難しい
言葉の問題
文化の違いがあるから
だが成長や経験値は大きい

 

5:名無しさん@さかまと!

W杯で、ノイアーからボール奪いソンフンミンにただゴールに蹴り込むだけのロングパスを逆足で送り込んだ選手。並大抵のレベルの選手ではないと思います。

6:名無しさん@さかまと!
>5

あのシーンは正直かっこ良かった。

 

7:名無しさん@さかまと!

昨シーズンは矢島選手とセジョン選手の多様なパスを期待していましたが中々使って貰えず、
監督も変わり今シーズンは前線にも楽しみな若い選手が増えたのでセジョン選手からのパスを見るのが楽しみ!!

 

8:名無しさん@さかまと!

>7
脳筋サッカーにおいて、セジョンのようなタイプは、実力を発揮しにくいから今期期待してる

 

9:名無しさん@さかまと!

昨年のガンバで何故彼が試合にそこまで絡んで無いんだろうと思いました。
とりわけキックの精度はJリーグ随一だと思う

 

10:名無しさん@さかまと!

彼がカタノサッカーにハマればガンバは凄く面白いと思う。

 

11:名無しさん@さかまと!

セジョン君には期待しかない。松波が使わなかった理由が分からないし
でも片野坂監督は正確に選手の能力評価してくれる監督だし、韓国代表に今年は登り詰めて欲しい。

 

12:名無しさん@さかまと!

頭良さそうやから片野坂サッカーでハマれば代表戻れそう。
ポジティブに残留してくれた選手は応援したい!

 

13:名無しさん@さかまと!

>Kリーグは試合の合間に、その状況によっては少し一息つく時間があるのに対して、
Jリーグは試合内容や状況よりも、両チームが準備してきたものをやろうという意識が強いので、試合のテンポがとても速い。

欧州からの移籍選手がよく言ってることですね

 

14:名無しさん@さかまと!

非常に考えさせられるし、納得感のある内容

 

15:名無しさん@さかまと!

確かに日本の監督、選手はとかく「自分たちのサッカーを」が合言葉になっていて、
その言葉通りに素直にぶつかっていくことが多い気がする。
そしてファンサポーターもそれを潔いことと捉える節がある

 

16:名無しさん@さかまと!

世界のトップレベルのリーグを目指したいのであれば、90分の中で目まぐるしく対応を変え、修正を加えていくことに慣れていくべき
それが出来なければいつまでたっても他のクラブは川崎の後塵を拝すことになる

 

17:名無しさん@さかまと!

セジョンは出た試合は良かったと思うけどなぁ。なぜ出れないかわからない。
視野の広さを活かせずにいたのはチーム戦術によるもので、ロングボールの確かさとか逆にチームがもっと活かさないといけない。
今シーズンはもっとイケると思う。クサってなくて良かった。

 

18:名無しさん@さかまと!

彼の言うように速いテンポのJリーグにおいて、ガンバはチーム全体がそれについていけないイメージだった。

 

19:名無しさん@さかまと!

今シーズンは去年の経験を活かして実力を発揮してもらいたい。井手口、矢島がいなくなった分だけチャンスはあるはず

 

20:名無しさん@さかまと!

間違いなくガンバの中盤で中心になれる選手。
今年こそは名将片野坂さんのもとで大活躍して欲しい。



-サッカー談義
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.