特集・コラム・インタビュー

日本の若手は「ミスを恐れない」J初参戦の韓国代表MF、G大阪の初練習で驚き

記事の内容

G大阪の新加入MFチュ・セジョンが語る日本サッカーの印象

 ガンバ大阪に今季、韓国から新たな実力者が加わった。韓国代表として2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場したMFチュ・セジョン。これまでは韓国のKリーグのみで戦ってきたなか、なぜ30歳を過ぎてから初の海外挑戦を決めたのか。Jリーグ開幕直前にオンライン取材を実施し、G大阪のチームの雰囲気や日本サッカーの印象などについて話を訊いた。

    ◇   ◇   ◇

 今年で31歳を迎える現役の韓国代表MFは、埼玉スタジアムのベンチに座り、ピッチ内で躍動する選手たちのプレーとサポーターの姿を見ながら、「Jリーグに来たんだ」との思いを噛みしめていた。

 今季からガンバ大阪に移籍したチュ・セジョンにいきなり訪れた大舞台は、2月20日に行われた富士ゼロックス・スーパーカップだった。

「出る準備はできていました」

 相手は昨季J1リーグ王者の川崎フロンターレ。しかし、その日はピッチに立つことは叶わず、チームは惜しくも2-3で敗れた。

「日本に来て初めての試合で、ベンチで試合の流れを見ながら自分が入った時のイメージを温めていました。結果的にピッチには立てませんでしたが、Jリーグがどのような雰囲気なのか、どんな選手がいて、試合の流れがどのようなものなのかを知ることができました」

 そんななか、Jリーグデビューは意外と早くに訪れた。2月27日のJ1開幕節、アウェーでのヴィッセル神戸戦。後半31分にMF川﨑修平に代わってピッチに投入され、アンカーとして攻撃陣と最終ラインの間で“潤滑油”の役割をこなした。悔やまれるのは、交代後に失点を喫して0-1で敗れるほろ苦いデビュー戦となったことだ。

 たった14分のプレーで評価するのは難しい。チュ・セジョンも、自分のスタイルをチームにフィットさせるために努力している最中だ。

「どの国に行っても、リズムやテンポなどサッカーの特色があると思うので、それを早く理解していく努力はしています。ガンバ大阪の選手たちとの距離も近くなってきましたし、宮本(恒靖)監督も慣れてくれば、チームに適応できると言ってくれています」

 Kリーグや韓国代表での実績は申し分ない。2012年に釜山アイパークでプロデビュー。16年にFCソウルへ移籍したが、18年から19年途中まで兵役のため、期限付き移籍でKリーグ2(2部)の牙山ムグンファでプレーした。

 韓国代表には15年から選出され、18年ロシアW杯にも出場。特にドイツ戦の後半アディショナルタイム、FWソン・フンミン(トッテナム)の追加点を演出したロングパスのシーンが記憶に新しい。中盤での活動量が豊富で、視野も広く、前線への的確なロングフィードが武器。今後スタメンに定着すれば、チームへの貢献度は高まるだろう。

驚かされた日本の若手の姿「韓国は練習中にミスするのを恐れる傾向があります」

 日本に来てから約1カ月が過ぎたが、すでにチームメートとはかなり溶け込んでいるようだった。

「ほとんどの日本の選手たちが、アンニョンハセヨ(おはよう)、カムサハムニダ(ありがとう)、チャルモッケスミダ(いただきます)など韓国語で会話してくれるので、ものすごく馴染んでいます。あとは、韓国語で『右、左、後ろ』、『大丈夫』を韓国語でどう言うのかなど、プレー中に交わす言葉も聞いてくれるので、すごくやりやすい。僕も日本語は結構、勉強してきたんですけれど、言葉の心配はなくなりましたよ」

 それは過去に、G大阪でプレーした韓国人選手の影響を感じるという。

「ガンバ大阪にいる(キム・)ヨングォン先輩はもちろんそうですし、過去には(ボルドーのファン・)ウィジョや、(仁川ユナイテッドのオ・)ジェソクもプレーしていたので、チームメートが韓国人選手とのコミュニケーションにすごく慣れていると感じました」

 新加入選手を迎え入れるチームの雰囲気が良く、サッカーに集中できる環境にあるのは、外国籍選手にとってありがたいことだろう。

 チュ・セジョンは、初めてG大阪のチーム練習に参加して、一つ驚いたことがあったという。それは「ミスを恐れない姿勢」だ。

「韓国は練習中にミスするのを恐れる傾向があります。でも、日本の選手はミスをしても、次も恐れずに挑戦する。何度もチャレンジしていいプレーができればいいという気持ちでプレーしているので、それは見ているこちらがすごく気持ちいいです」

 韓国人選手はフィジカルが強く、どのようなプレーにも果敢にチャレンジするイメージがあったのだが、「もちろん、ベテランの選手はそうではありません」と前置きしたうえで、「特にKリーグの若い選手です。プレーでミスが出ると『次にまたミスしたらどうしよう』という姿勢が見えます。でも日本の若い選手たちはそうでないように思いました。ガンバ大阪で言うと、FWの唐山翔自選手や川﨑修平選手。彼らの練習中から見える思いきりの良さは、自分も刺激になっています」と語る。

 30歳を超えてもなお、若手から学ぶ努力を怠らない。いつまでも向上心を持てるのが、チュ・セジョンの強みなのかもしれない。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

政治関係だと仲悪いけど、実際こうやって一緒になるとなかよくなれるんだよな

 

2:名無しさん@さかまと!

チュ・セジョンは全てにおいてハイレベルで、良い意味で特徴がない選手という印象。
しかしガンバは韓国に良いパイプがあるのだろうか?
キム・ヨングォン、オ・ジェソク、ファン・ウィジョ、みな人間性もプレーも素晴らしかった。
代表級だから獲得も難しいと思うのだが。

 

3:名無しさん@さかまと!

日本人全員がそうとは思わない。唐山や川崎は昨シーズンJ3リーグを主力で戦ってきた経験のある選手。
森下監督にも相当鍛えられた結果だから。

 

4:名無しさん@さかまと!

チュ・セジョンは先日の広島戦で途中出場で初めて見たけど、攻守にかなり良いプレーをしていた。
はっきり言ってレギュラーの山本君より現時点では数段上だと思うので、先発メンバーのファーストチョイスにしてほしい。
日本に来て最初の年でチームはコロナで1カ月活動停止と難しいシーズンのスタートになってるけど、
素晴らしいプレイヤーであることはプレーからもこの記事からもわかるので、是非とも活躍して欲しいですね。

 

5:名無しさん@さかまと!

これは本当の事だね。
皆さんはホンミョンボさんをご存じだろうか?
かつて日本でもプレーした韓国代表の名プレーヤーだが、彼も指導者になって困ってるという。
それがまさにこれ。
若い選手がミスを恐れてしまう。
これには理由があって、韓国では儒教の影響で上下関係に厳しい。
人間関係の構築にはいいのかもしれないが、そのせいで若手がベテランに遠慮しがち。
ベテランもベテランで、ベテランに迷惑かけようものなら怒る選手もいるから、なおのこと若手が萎縮してしまう。
世界に出たベテランならそんなことはしないが、韓国国内だけでプレーしてるベテランはそういう態度を取りやすいのだそうだ。

 

6:名無しさん@さかまと!

スポーツではありませんが自分の経験上30才を越えて新たなチャレンジをまして海外でするのは大きな向上心と勇気が必要だと思います。
チュ・セジョン選手にもガンバにもこの記事をを書いたライターさんにも続けて頑張って欲しい。応援します!

 

7:名無しさん@さかまと!

ガンバはセカンドもあったから
競争が激しい
チャレンジ(成功率が低いプレイ)がアピールには、必要になってくる

 

8:名無しさん@さかまと!

丁度、世代交代も進みだしてガンバの若手が去年から頭角を現しだして来た頃なのでそういう印象はあるかも知れんな。
いろいろあって1か月休みあったけど、復帰戦も悪くなかったし、明日のアビスパ戦で+3まずは残留から勝ち点を積み重ねてくれよ。

 

9:名無しさん@さかまと!

広島戦も途中から出てきたけど、パスセンスあったな。

 

10:名無しさん@さかまと!

名前の挙がった唐山川﨑をはじめU-23でプレーした選手達は森下監督からチャレンジする姿勢を植え付けられたんだと思う。
チャレンジしての失敗は本人の糧になるけど、チャレンジせずに逃げると何も得られない。ずっと口酸っぱく指導されてました。タビナスやオムを思い出すなー
食野や堂安もチャレンジングなスタイルですね。

 

11:名無しさん@さかまと!

ミスを恐れるのがちょっと前の日本の良くない所だとおもってたけど、韓国はもっとひどいってことね。
それがどのように成果として現れ出るか気になる

 

12:名無しさん@さかまと!

時代が変わったのか
韓国の選手こそどんどん攻めてくる印象が強くて恐れなどはないように思われるが、これは意外だな

 

13:名無しさん@さかまと!

いろんな問題があるけれど、本当の日本を知って欲しい。誤解したまま偏見を作られるのはお互いに不幸だ。

 

14:名無しさん@さかまと!

ガンバのホスピタリティが素晴らしいね。草の根レベルでもお互いが理解し合う環境を作る事はとても素晴らしいことだ。

 

15:名無しさん@さかまと!

なんか昔は、日本の選手がさんざんそう言われてた印象あるけどな。
言われてみればガンバは韓国人選手多いかもだけど、個人個人だと普通につき合えるのにね。

 

16:名無しさん@さかまと!

すごく謙虚で好青年に見える。母国と日本の違いなんかを言ってくれるとこちらも勉強になる。
日本人も謙虚に彼から学ぶ必要があると思う。

 

17:名無しさん@さかまと!

>「韓国は練習中にミスするのを恐れる傾向があります。でも、日本の選手はミスをしても、次も恐れずに挑戦する。」
へー、意外。逆かと思ってた。

 

18:名無しさん@さかまと!

ロシアW杯のドイツ戦で、ノイアーからボールを掻っ攫いソンフンミンのゴールをアシストプレーは圧巻だった。

 

19:名無しさん@さかまと!

良いこと言ってくれて嬉しいね〜。

 

20:名無しさん@さかまと!

これは意外!
韓国の若手の方がメンタル強くてミスを恐れない選手が多いのかと思っていた
当然チームの雰囲気や個々の性格によるものも多いだろうけど

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.