特集・コラム・インタビュー

元鹿島のジョルジーニョはいま、 430人の貧しい子供を育てている

記事の内容

1994年アメリカW杯でブラジルの優勝に貢献。
ドイツの名門バイエルンでキャプテンを務めていたジョルジーニョは、1995年、ジーコの兄エドゥの求めに応じて来日。
すぐに鹿島アントラーズの中心選手となった。
彼の加入にあまり積極的でなかったというジーコも、その移籍が成功だったことを認めざるを得なかった。
キャプテンとして多くの若き日本人プレーヤーの指南役を務め、チームにタイトルをもたらした。

すでに30歳を超えていたジョルジーニョを、ギャリアの終わった選手だとみなす者も多かったが、彼はこれに自分のやり方で反論した。

1996年にJリーグの年間最優秀選手に選ばれたのだ。

1999年、鹿島を退団してブラジルに戻ったジョルジーニョは、サンパウロ、ヴァスコ・ダ・ガマでプレーしたあと、
2002年のフルミネンセを最後に引退し、指導者としての勉強を始めた。
ドイツに渡り、そこで多くの優秀な監督から学び、かつて在籍したバイエルンで修業を積んだ。

2005年には、選手のキャリアをスタートしたのと同じアメリカRJで監督を始める。
温厚な性格のおかげで、どこにでも友人がいたため、彼にはさまざまな声がかかった。

ブラジル代表のアシスタントコーチもそのひとつ。
5年間にわたり、ドゥンガの右腕となって代表に尽くしたあとは、いろいろなチームで経験を積み、
2012年には、鹿島アントラーズの監督として日本に舞い戻っている。  

1年半、鹿島を率いたあと、彼はまたブラジルへと戻ったが、それは日本での成績が悪かったからではない、
ブラジルのビッグクラブ、フラメンゴが彼を招聘したからだ。
ブラジル人監督ならば誰もが憧れるポストである。

その後もポンチ・プレッタ、アラブ首長国連邦のアル・ワスル、ヴァスコ・ダ・ガマなどで監督を務め、
昨シーズンにはコリチーバを率いていた。  

監督としてのジョルジーニョは、選手としての彼ほどは成功していないと言っていいだろう。
2012年、鹿島アントラーズでナビスコカップに優勝し、
2016年にヴァスコ・ダ・ガマでカンピオナート・カリオカ(リオ州選手権)優勝を勝ち取ったのが目立つ程度だ。

一方、ジョルジーニョほど多くのスターとともにプレーした選手はそういない。
ジーコとはフラメンゴでともにプレーし、フランツ・ベッケンバウアーはバイエルン時代の監督だ。  

もちろん、ブラジル代表では
ロマーリオ、ベベット、ジーニョ、ドゥンガ、カレッカ、クラウディオ・タファレル、レオナルドをチームメイトに持ち、
偉大な監督マリオ・ザガロとパレイラのもとでプレーしている。
代表ではまずライトバック、その後はセンターバックを務め、
11年間で71試合に出場、1990年と1994年のW杯に出場した。

個人タイトルも多く取っているが、なかでも彼らしいのか1991年に受賞したFIFAフェアプレーアワードだ。
ジョルジーニョは言う。

「私の人生における一番大きなプレミアムは、私の家族と、そして私の作ったスクールだ」

スクールの名前は「インスティトゥート・ボラ・プラ・フレンテ」。「ボールを前へ」という意味だ。

自分が生まれ育ったリオ近郊の貧しい地区の子供たちを助けるため、彼はこの学校を作った。
2000年に設立して以来、ほぼ独力で、何万人という人々を助けてきた。
現在は6歳から17歳まで430人の子供たちが学んでいる。みな家が貧しく、学校など行けない者たちだ。
彼らはここで基礎的な教育を受け、食事をし、望めばスポーツや芸術などを学ぶこともできる。

もうひとつの彼の宝である家族は、妻のクリスティーナと4人の子供、そして3匹の犬である。
55歳になるジョルジーニョは現在、ほかのブラジル人と同じように家で過ごしている。
英語を学びながらこの危機が去るのを待ち、その後は新たなチームを探すつもりだ。
2019年の終わりにコリチーバを辞めてから、まだオファーはない。

「しかし、こんなことはブラジルでは当たり前だよ。監督は就任するのも、クビが飛ぶのも一瞬だ。
自分としてはまだ数年は監督を続けたいと思っている。外国のチーム、
もちろん日本のチームも大歓迎だよ。日本は私の中ではいつも特別な国なんだ」

リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/0b49654595bae0fa14b855c313812ea1ae38f4fc

1:名無しさん@さかまと!

素晴らしいプレイヤーであり、人格者。

日本のプロチームも新しい時代に向けてこのような人材を輩出してゆく責任があると思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

恵まれない少年時代を経て
ネガティブなほうに墜ちていく人間もいれば
彼のように自分の代で食い止めることができる人間もいて。

しかも多くの子供たちを自力で救い続けているなんて
順風満帆でこれた人間ですらとてもできることではないね。

世界最高の右SBでありながら
鹿島ではボランチにまわり
名良橋さんは代表に返り咲い
左の相馬さんとともに代表を支えた訳で
間接的だが日本代表への貢献度も小さくなかった。

引退のときのジョルジーニョさんの笑顔と
名良橋さんの涙はとても美しかった。

セレソンでも一目置かれる人格者だったから
94年大会の優勝はロマーリオへのアシストなどプレー面だけでなく
彼の人間性も大きかったように思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

サッカー選手としてだけでなく、人としても素晴らしいね。

コロナで人々が疑心暗鬼になってる中で、このような素晴らしい人を紹介する記事は、
どんどん書いて欲しいし、広めて欲しい。

 

4:名無しさん@さかまと!

ジョルジが監督だった頃は、セットプレイで容易く失点を食らうなど、
いつまでもバラバラのままの攻守に、申し訳ないけどもどかしい思いをしていた。
ただその「もどかしさ」が退任後どんどん深化してしまって、まあリーグやACLで優勝したり、
クラブワールドカップで2位になったりもしたけど、
個人技に優れる選手が少なくなって取り返しが付かなくなったのが昨年…

今思えば、ジョルジーニョはあの当時のメンバーの
「個人能力主体のカウンターサッカー」の決壊を防いでいてくれたのかもしれないな。

今後の鹿島に合うかどうかは分からない。でも日本で見たいね。

 

5:名無しさん@さかまと!

数少ないブラジルの人格者。
一流のプレイヤーで人格者。
監督としての実績が少ないのが唯一の欠点だろうけど悪い監督ではない。

 

6:名無しさん@さかまと!

鹿サポーター達の誇りであり、クラブレジェンド。
ジョルジ、御家族の皆様に神の御加護を。

 

7:名無しさん@さかまと!

鹿島での監督時代にクラブハウスで偶然会えて、
握手をお願いしたら笑顔で握り返してくれたあの優しい笑顔は忘れられない。
ホントに人格者って人はこういう人なんだろうな。

 

8:名無しさん@さかまと!

バイエルンでもとても信頼は厚かった、というもんね。

 

9:名無しさん@さかまと!

サッカーだけでは無く、人間としても、一流だね。

 

10:名無しさん@さかまと!

ジョルジーニョの後ろにブッフバルトwww
これはW杯の写真ですか?
いえ、Jリーグです(`・ω・´)

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.