特集・コラム・インタビュー

世界レベルで必要なフィジカルとは? ドイツの日本人鍼灸師が指摘する海外との“違い”

記事の内容

【フランクフルト鍼灸師・黒川孝一の視点|第1回】日本人と海外選手のフィジカルの差

日本人選手はフィジカルが弱い――。そんな話をよく聞く。  
では実際に、世界レベルのサッカーで求められるフィジカルとはなんなのか。
なぜ、そのフィジカルが必要なのか。
フランクフルトで2014年から鍼灸師として活躍している
黒川孝一氏とのインタビューを通じて見えてきたものを参考に、
考察していきたい。

40歳直前まで、ドイツの下部リーグでプレーしていたことがある
筆者個人の体験談になるが、下部リーグの試合でも
相当のフィジカルコンタクトが要求される。

9部や10部リーグにも身長200センチ、体重100キロという大型選手が、
普通にどのチームにもいたりする。

1対1での競り合いが重要視されるドイツでは距離を取って様子を見て、
なんてことは許されないけど、だからと言って
単純にぶつかっていったら吹き飛ばされる。  

加えてグラウンドは柔らかく、最初は思うように踏ん張ることもできない。
当たるタイミングやコース、身体の使い方を身につけないと、
下部リーグといえど、プレー機会を勝ち取ることはできない。  

下部でもそうなのだから、トップリーグのブンデスリーガともなれば
当然要求されるものは高くなるし、フィジカルモンスターのような選手相手にも、
技術を発揮し、戦術理解に基づいたプレーを実践できなければならないわけだ。

では実際のところ、身体のつくりにおいて日本人選手と海外選手の間に
明確な違いはあるのだろうか。
そのことを黒川氏に聞いてみたところ、次のように答えてくれた。

基本的には同じ人間なんで、つくりに関してはそれほどの差というのはないと思うんです。
 ただ違いとして挙げるとすれば、筋肉量はこちらの選手のほうが基本的に多いと思います。
 頑丈な選手が多いという印象があります。
 特にブンデスリーガとか、世界のトップレベルの国でやろうとしている選手に関して
 共通して言えるのは、身体の頑丈さというのがないとできないということですね。  
 やっぱり、試合数も多くなってくると、次の試合までの短い時間に
 どれだけ回復することができるかという回復力も関わってくる。
 過密日程でも走り続けられる脚力だったり、
 いいプレーをするための身体の頑丈さ、メンタルの強さが求められる。
 そしてコンスタントに試合に出られないと、
 どんどん上のチームにステップアップしていくことはできない。
 実際にこっちで活躍してステップアップしていく選手は、
 そうしたものを持ち合わせていると思うんです

日本人選手がぶつかる壁、ボディコンタクトにおける「スタンダードの違い」

頑丈さが一つの鍵だという。

これまでにブンデスリーガでは、多くの日本人選手がプレーしている。
日本だけではなく、世界中の選手から補強リストに上がってくるわけだから、
世界トップ3リーグに入るとされるブンデスリーガのクラブから獲得されて、
契約を勝ち取ったという点で高く評価されるべきなのは間違いない。  

ただ選手にしても、移籍できたらそれで大喜びというわけではないし、
誰もがチームの主力となって、さらに上のクラブへステップアップを
果たしたいと思ってやってくる。  そんな彼らがまずぶつかる壁が、
ボディコンタクトにおけるスタンダードの違いであることが多い。

黒川氏もその点を指摘する。

どんな日本人選手が来ても、最初は当たりが全く通用しないという状況で苦しむんですね。
 例えばボルシアMGにいたスタッフに聞くと、
 大津選手(大津祐樹/横浜F・マリノス)もそうだったようです。
 来た時はすごくいい選手だという評価をされていましたが、
 やっぱりボディコンタクトというところで相当苦しんでいたと」  

あるいはフランクフルトの鎌田大地も、2017年の移籍当初はそうだった。
当時の監督だったニコ・コバチは鎌田の才能を認めていたし、
実際に開幕戦ではスタメン起用をしていた。

だがテストマッチではまだなんとかなっても、公式戦となれば相手の当たりもまた強くなる。  
ファウルとなるギリギリでぶつかってくる相手から、ボールを守ることができない。
どれだけボールコントロール能力があっても、アイデアがあっても、
スピードがあっても、俊敏であっても、競り合いごとにあっさりと倒れてしまっては
チームとして計算することができなくなってしまう。

結局鎌田は最初のシーズン、
トップチームでプレーする機会はその後ほとんど訪れなかった。  
鎌田は今季レギュラーとして活躍しているが、ブンデスリーガをはじめとする
欧州トップリーグでポジションをつかんでいる日本人選手は、
皆そうした壁を乗り越えてきているのだ。  

海外でプレーするためにはまずフィジカルコンタクトに慣れることが大事というのは、
間違いなく浸透してきていると思われるし、あらかじめ日本にいる間に
準備をしてきている選手もたくさんいるだろう。
どこまでその差をしっかりと認識しているのか。そこが大事なのかもしれない。

[著者プロフィール]

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。
地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。
2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。
SCフライブルクU-15チームで研修を積み、
2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a291f285d9a9a4eba60878ef11b1b5713f25b323

 

1:名無しさん@さかまと!

欧州のプロサッカーで活躍している鍼灸師にインタビュー、
なんていう貴重な機会だったのに、なんでこんなつまらない記事になったのか。

 

2:名無しさん@さかまと!

ほんとその通り、大正解。シンプルだけど極めて真っ当。
フィジカルコンタクトしなきゃいいじゃん、みたいな感覚では、やれないし、
ブンデスは攻守共1対1を重要視する
ボール持っても技術を発揮する前に潰れてしまうのでは、
どんな良い技術も活かせないし、
守る時も(場面にもよるが)コンタクトを避け距離をとってひたすら下がり、
味方ゴール前まで運ばせてしまうのでは、数に数えられない
単純な理屈だけと、単純であるが故に覆す事が難しい。
フィジカルコンタクトは避けられない、
それに慣れる事は、必須と言っても過言じゃない

 

3:名無しさん@さかまと!

相撲、レスリングのような超接触型と、野球やバレーのような非接触型の
両方の要素を少しずつサッカーはもっていて、
日本人はその塩梅で戸惑うことがあるような気がする。
周りでやっている人の話を聞いていてそう思った。
どこからがファウルとか、どこまでやっていいのか、とか

 

4:名無しさん@さかまと!

カズの影響からか筋肉付けるとスピード、キレが落ちてやらないって人多いよね?
やり方次第ではそんなことないし、むしろ増すからもっと筋トレの重要性を説いてほしい

 

5:名無しさん@さかまと!

身長200cm、体重100kgがどのチームにも普通にいる…って、嘘つけ。

 

6:名無しさん@さかまと!

要は十分やれてる長谷部はスゲーってことね。

 

7:名無しさん@さかまと!

日本人は体幹トレーニングみたいなちまちましたトレーニングばかりするんじゃなくて、
高重量じゃなくてもいいからバーベル使ったトレーニングをガンガンやった方がいい。
体幹って腹筋だけじゃなく腰や背中の強さも含まれてるからね。

 

8:名無しさん@さかまと!

めちゃ薄い記事だな、、少しサッカー好きな素人でも書ける記事

 

9:名無しさん@さかまと!

日本人のウェイト嫌いはほとんど宗教じみてるよな

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.