ニュース

海外記者から見た東日本大震災後の日本。サッカー日本代表が果たしていた役割

記事の内容

 東日本大震災に見舞われた日本を、世界のスポーツ関係者は当時、どう見ていたのか。この記事はSportivaでもおなじみのパリ在住のジャーナリスト、サイモン・クーパー氏が2011年4月に寄稿してくれたものを再録したものである。

「僕たちがグラウンドで戦っていたとき、いつも大きな力を与えてくれたのは、みなさんの応援でした」と、日本代表のキャプテン、長谷部誠は大震災の被災者に向けて語った。「今度は僕たちがみなさんを応援する番です。今日、日本の力、サッカーの力を信じて、仲間と一緒に全力でプレーをします」。黙とうが行なわれ、日本代表とJリーグ選抜「チーム・アズ・ワン」とのチャリティーマッチが始まった。

 このところ僕たち外国人は、悲しみといたわりの混じり合った気持ちで日本を見つめている。いたわりの感情を抱いているのは、2002年のワールドカップのときに日本全国を旅する幸運に恵まれた僕のような者だけではない(あのときは、コンビニのおにぎりで空腹を満たしながらスタジアムで退屈な試合を見るより、実際の日本に触れられる時間のほうがはるかに楽しかった)。いま欧米には、日本のことを経済の脅威だとか、第2次世界大戦の悪役といった目線で見る人はめったにいない。僕たちのほとんど誰もが親日家だ。

 しかし今回の震災は、みなさんの国への関心も高めた。僕の関心のひとつは、日本の国家的な癒しの過程にサッカーが果たしうる役割だ。

20年前、代表チームに関心を持つ日本人はほんのひと握りだった。それが今、「サムライブルー」は国の団結の象徴になっている。この点で日本は、世界の他の国にさらに似てきたのだろう。現代において国民の一体感をつくるふたつの大きな要素は、サッカーの代表チームと国家的な悲劇のようだからだ。

 少し前まで、国家は別のものから一体感をつくり上げていた。たとえば、他国との戦争、国家的な宗教、君主への敬意。戦前の日本はこの3つすべてを使っていた。しかし、1945年を境に何もかもが変わった。天皇制は残ったが、戦前よりは影響力が小さな存在になった。宗教はかつての力を失った。そして日本は外国と戦争をしないと宣言した。

その後数十年は、戦後の復興と経済成長をめざす歩みが国に一体感をもたらした。だが、1990年ごろになると、そんな空気も薄らいできた。日本でサッカー人気が高まりはじめたのは、ちょうどそのころだった。僕の印象では、スタンドが日の丸で埋まった2002年以降、日本はしだいにサッカーの代表を中心に団結するようになったと思う。

 今回の震災以降は特にそうだ。日本の友人に聞いたところでは、ヨーロッパでプレーする日本選手たちが公共CMに登場し、「日本の強さは団結力です」「日本がひとつのチームなんです」といったメッセージを発しているという。今はサッカー選手が、日本という国を体現する存在になっているということではないか。

 世界のどこの国でも、人々はサッカーの代表チームを「肉体を持った国家」のように思っている。ユニフォームを着てピッチに立つあの11人の若者たちは、まさに国家だ。君主ほど特別な存在ではなく、国旗と違って息をしており、GDPと違って手で触れられる。偉大な歴史家エリック・ホブズボームは、1930年代に母国オーストリア代表の試合を見た経験を振り返ってこう書いた。「数百万人のつくる『想像の共同体』は、選ばれた11人のチームによって、よりリアルなものになる」。

 代表チームは、国民がほかに共通の要素をほとんど持たない場合に、とくに重要な役割を果たす。たとえばナイジェリアやコートジボアールのようなアフリカ諸国では、言葉も異なる多くの部族で構成される国をひとつにするものは、サッカーの代表くらいしかなかった。

 日本代表が強くなるにつれて、日本人はこのチームを日本の象徴として見たがるようになっていった。その長所も短所もひっくるめて、日本代表はその名のとおり「日本」の代表なのだ。僕の仕事仲間である森田浩之が著書『メディアスポーツ解体』で指摘しているように、日本人は日本代表が「個の力」より「組織力」に優れていると言いたがる。それはまさに日本人自身がイメージする、ステレオタイプな日本人の自画像だ。

テレビのサッカー中継が増えてからというもの、代表と国家の結びつきはさらに強まっている。多くの国で、最も多くの人が見るテレビ番組はサッカーの代表の試合だ。オランダでは昨年(2010年)のワールドカップで代表が戦った準決勝と決勝の少なくとも一部を見た国民が、全体の4分の3にのぼった。日本でもワールドカップで代表が戦っているときほど、多くの人が同じことを同時にしている時間はないだろう。

 そこから一体感が生まれる。サッカーの主要大会の期間中は、国じゅうで多くの人が同じことをする。試合を見て、職場や電車の中でその話をする。ほとんどすべての人が国の一部になったかのように感じる。

 ふだんは孤独を感じている人たちまで、この渦に巻き込まれる。驚いたことに、国の一体感は自殺件数にしっかり表れる。ステファン・シマンスキーと僕は共著『「ジャパン」はなぜ負けるのか』で、ヨーロッパの国々では代表がワールドカップや欧州選手権を戦っているときに自殺率が下がることを示した。代表が大きな大会を戦っている6月は、戦っていない6月に比べて、平均して自殺者が少ないのだ。

 この傾向は、僕たちが分析した12カ国のうち10カ国で確認できた。たとえば、1992年の6月にデンマークは欧州選手権で優勝した。この月、デンマークでの男性の自殺者は54人で、1978年以降の6月で最も少なかった。女性の自殺者は28人で、データを入手できた期間のなかでは1991年と並んで最も少なかった。ヨーロッパ全体でみると、サッカーの主要大会は数百人の命を「救っている」といえそうだ。

 これほど自殺を抑止する力を持つ出来事は、ほかには国家的な悲劇だけだと、米フロリダ州立大学教授で『人はなぜ自殺するか』の著書があるトーマス・ジョイナーは言う。最もわかりやすい例をあげれば、1963年にジョン・F・ケネディ大統領が暗殺された直後の1週間(アメリカが悲しみに暮れるとともに「ひとつ」になった日々だ)には、調査対象の29都市で自殺が1件もなかった。やはりアメリカがひとつになった9・11同時多発テロの直後には、「自殺防止ホットライン」にかかってきた電話が通常の半数の1日300件程度に減った。「史上最少」の数字だったと、ジョイナーは書いている。

フランスの社会学者エミール・デュルケイムは1897年に発表した『自殺論』で、戦争中には自殺率が低下することを示した。しかし戦争は、国に団結を生み出す19世紀型の手法だ。今は同じ役割を国家的悲劇とサッカーが果たしている。

 いうまでもないが、悲劇は国家に団結をもたらすために起こるわけではない。みなさんの国で起こってしまった悲劇からの復興に、サッカーが力を発揮することを心から祈りたい。

サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

この写真の試合の話だけは忘れない。
試合前にウッチーが用意したこのTシャツをノイアーが見つけ、勝ったら見せると言ったら、ノイアーが絶対勝つと約束し、
そのノイアーが勝ち越しアシストして勝った、そしてウッチーが上手くTシャツを見せれないのを見て駆け寄りアピールしてくれた事を。
好きなGKノイアーだったけどさらに好きになった事を忘れない。

 

2:名無しさん@さかまと!

被災地から離れた自分さえ、当時は何かにすがりたい気持ちになっていました
日本代表のみならず、各国代表や海外クラブチームが試合前の黙とうやメッセージフラッグ、日の丸を掲げてくれてる動画を見て心強く感じました

 

3:名無しさん@さかまと!

内田の優しい顔とノイアーの真剣な眼差しが印象的だった
二人ともカッコいいぜ(T . T)

 

4:名無しさん@さかまと!

うっちーがメッセージを用意するも、なんか恥ずかしげにしているから
ノイアーが駆け寄り『みんなコレを見ろ』とばかりに、うっちーを急かす

うっちーありがとう、ノイアーもありがとう。

 

5:名無しさん@さかまと!

あのゴールは美しかったなあ
そのままカズダンスでゴール裏に走るカズさん。
それにトゥーリオの落とし。
完璧じゃん。
で、何より必死な顔でキッチリ並走しながら、決して邪魔はしない森脇さん。
美しい

 

6:名無しさん@さかまと!

人生で色んなスーパーゴールや歓喜に沸くゴールを見てきましたが、カズのあのゴールには特別な魂と想いを感じ、胸が熱くなったゴールとして人生で一番印象に残ってます。

 

7:名無しさん@さかまと!

あのゴールのとき手を叩いて、涙流しながらテレビで見ました。
精神的にキツかったときでしたが、すごい元気をもらった。スポーツ、音楽のチカラはすごいと思う。

 

8:名無しさん@さかまと!

あのチャリティーマッチは今思い出しても涙が出そうです。
長居スタジアムの使用料が無償でかなりの金額
寄付したと記憶をしています。
あれから10年になりますが忘れられないです。

 

9:名無しさん@さかまと!

当時。あのゴールには勇気をもいました。最高のゴールでした。

 

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.