ニュース

再開Jリーグは“超過密日程”…25週で最大38試合、9~11月の国際Aマッチウイークも中断なし

記事の内容

Jリーグが公式戦再開に向けて再編した日程の概要が1日、
複数の関係者の話で明らかになった。

7月4日に再開するJ1の最終節は12月19日。
YBCルヴァン・カップ第1節は7月15日、同決勝は10月24日。

国際Aマッチウィークにもリーグ戦が組まれ、ルヴァン杯準決勝まで勝ち上がると、
最終節までの計25週のうち、半分以上に当たる13週で週2試合の過密日程になる。
各クラブと調整後、15日に再開後の日程と対戦カードが発表される。  

公式戦再開後のアウトラインが明らかになった。
J1はリーグ戦の残り33試合と、仕切り直しとなるルヴァン杯(1次リーグ2試合、準々決勝、準決勝、決勝)
の最大5試合を合わせた計38試合を25週で戦う。
各チームは週2試合を2、3週ペースで消化。
日本代表がW杯アジア予選を戦う9~11月の国際Aマッチウィークには、
ルヴァン杯に加えてリーグ戦も開催され、
9、10月は同ウィーク直後の水曜日にもリーグ戦が組み込まれた。  

1次リーグ2試合を消化後、中断に入っている
アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は再開の見通しが立っていない。

Jリーグ側は1次リーグの残り4試合を考慮せず、
決勝トーナメントを従来の日程で仮シミュレーション。
FC東京、横浜M、神戸が準々決勝から登場するルヴァン杯と
ACLでともに決勝まで勝ち上がった場合、13週連続で週2試合となり、
長距離移動や時差と戦いながら、中2~3日ペースで過酷な27連戦が想定されている。  

6月27日に再開、開幕するJ2、J3の最終節は12月20日。
46週のうち、1週あたり2試合が組まれたのはJ2で15週、J3で12週となっている。  

村井チェアマンは「不公平があっても飲み込んでやっていく」と語っており、
再開後の公式戦日程はリーグ戦の100%消化が最優先。

スタジアムの確保、開催自治体の了承を得ながら、
異例ずくめのシーズン日程を固めていく方針だ。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/eeddb7c686049c9d0299c5b0ceddf542c96ce867

 

1:名無しさん@さかまと!

ルヴァン杯は1次リーグ2試合とありますが、2/16開催分をどうするのかで全く変わりますね。
いずれにしても、超過密日程になるだけでなく、交代枠も5人までになり、
ターンオーバーが出来る選手層の厚いチームが有利になる事だけは間違いありませんね。

 

2:名無しさん@さかまと!

再開時、無観客からのスタートですが、サポーターにとって
どの時点でどの程度の人数が入場できるのかというのが非常に気になります。
近隣対決が初期に行われる=ダービーなど観客動員数の多く見込まれる対戦が
無観客になるのは仕方ないとはいえ残念です。

 

3:名無しさん@さかまと!

これだけの過密日程となれば元々選手層が厚くないチームでも
主力を休ませながら戦わざるを得ない。
そういう意味では降格なしは英断だったかもしれないね

 

4:名無しさん@さかまと!

ルヴァン杯は一試合消化しているけど、仕切り直しは仕方がない。
松本は外してあげないとJ2を乗り切れない。

 

5:名無しさん@さかまと!

過密日程でも、全試合消化出来ない可能性がある。
降格無しのレギュレーションやから、
ターンオーバーありきでメンバー構成するのアリでしょ。

 

6:名無しさん@さかまと!

Aマッチは再開出来る目処は立ってるのか?
アフリカや南米は国内クラブから選ばれる選手
もいるだろうし入国規制が解けてなかった入国する事も出来ないし

 

7:名無しさん@さかまと!

代表ウィーク持って行かれるクラブは痛いが仕方ないか
でもよくよく考えればJ組そんな居ないか現フル代表じゃ

 

8:名無しさん@さかまと!

選手の怪我とかに繋がらなければいいが...

 

9:名無しさん@さかまと!

怪我人続出なんてことにならなきゃいいけど

 

10:名無しさん@さかまと!

ACLは中止の可能性高いかな

 

11:名無しさん@さかまと!

詰め込み過ぎると三密でクラスターの温床だぞ!

 

12:名無しさん@さかまと!

すげえ日程

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.