ニュース

Jリーグ全選手のPCR検査は20日から開始 陰性者のみ試合出場可能

記事の内容

Jリーグの村井満チェアマンは5日、臨時理事会後の記者会見で、
全選手に実施することを明言していた新型コロナウイルスのPCR検査について

「6月20日をメドに実際の検査に入りたい」との認識を示した。  

リーグは全選手や現場スタッフなどを対象に、唾液検体によるPCR検査を実施する。
6月20日からシーズンが終了する12月後半まで、
2週間に1度のペースで行っていく方針。

1回の検査で最大3680件を想定し、1クラブあたり60人の枠を割り振る。  

選手は受診が義務化され、陰性判定を受けた選手だけが公式戦の出場が可能となる。

村井チェアマンは
「出場可否を判断する前提となる。出場を希望する選手は全員(受診)。
リーグとしてクラブに申し合わせる義務としてスタートしたい」と話した。

報知新聞社

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a82270081cb550e4f5664d6832b1406b54443b37

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.