未分類

Jリーグが新型コロナ対応ガイドライン案を発表…公式戦再開へ向け策定

 Jリーグは14日、公式戦再開に向けた新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン案を策定したことを発表した。

 今回発表されたガイドラインの目的は、感染を最大限防ぎながらJリーグを再開すること、感染リスクを下げるために関係者が遵守すべき基準を示すこと、感染が生じた場合の適切な処置を示すことの3点が挙げられている。また、このガイドラインは14日時点のものであり、今後専門家の意見等を踏まえ、Jリーグ理事会および実行委員会の承認により制定されるとのことだ。

 ガイドラインは、プロトコル1~6の6つの章で構成されている。プロトコル1の『予防。発症時の相談、受信。感染時の対応』では、専門家会議での提言に基づいた、選手やクラブに奨励する個人防衛と集団防衛の方法について詳しく記載。プロトコル2『情報開示』では、新型コロナウイルスに関する情報発信の考え方やその基準を提示。プロトコル3『サッカーのトレーニング』では、再開のフェーズや関係者の安全確認、その他留意点について記載している。

 プロトコル4『チームの移動、宿泊』、プロトコル5『無観客での試合開催』、プロトコル6『制限付きの試合開催』の3つの内容はまだ検討段階となっているが、それぞれのテーマについて今後関係各所の確認を経て、正式決定するとしている。またこのガイドラインは、Jリーグとして新型コロナウイルス感染症対策が要請される期間のみ有効となることも併せて伝えられている。

SOCCER KING

元記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-01070073-soccerk-socc

この記事に対する反応

 

選手は、移動、宿泊、ロッカー等、試合以外でのリスクが多い。
観客は、仮に前後左右の席を空席にしたとしても入場ゲート付近や帰り道は混雑が見込まれる。
吹田スタジアムの場合は、観客1/4の1万人だったといしても帰りのモノレール駅はいっぱいになるだろう。
ただ、やっぱり、将来サッカー選手を夢見る子供達のためにもJリーグは必要です。
J1のトップチームだけで無く、その下部組織の少年達も、トップチームを目標に日々頑張っているのです。
その目標がない毎日はつらい。
出口をめざして進みましょう!!

 

 

ゴール裏でサポ同士、チャントを声するのは
はるか遠くに感じる。まずは無観客でも試合を
でなければ選手ら、チームが...一歩ずつ根気よく

RSS フットボールアンテナ

-未分類
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.