特集・コラム・インタビュー

日本代表に“188cmの超大型SB”が誕生? 初招集、伊藤洋輝はどこで使われるのがベストか

記事の内容

CBでもSBでも起用できる

アジア最終予選では板倉滉が台頭し、若手が存在感を示し始めている日本代表の最終ライン。吉田麻也、酒井宏樹、長友佑都らベテランに代われるヤング・タレントは多く、今回代表初招集となったDF伊藤洋輝には大きな期待が寄せられることになる。

ジュビロ磐田でキャリアをスタートさせ、今夏の移籍市場でドイツに渡った伊藤。当初はシュツットガルトのBチームで試される予定だったが、思いのほか早くチームにフィットし、今ではトップチームで起用されている。4バックのセンターバックや3バックの左、左ウイングバックなど起用法は様々であり、シュツットガルトで新境地を開拓している。

日本代表では左のセンターバックとしての起用が予想される。今回のセンターバック陣では唯一の左利きであり、後方からのビルドアップを活性化させることができる。そのポジションは吉田麻也が不動の地位を築いているが、所属クラブであるサンプドリアではプレイタイムが減っており、6月の計4試合の親善試合で伊藤が左に入ることはあるはずだ。

そこでの相方は板倉となるか。シャルケでは絶好調の守備者であり、攻撃面ではビルドアップ、守備面では強度の高さをチームに提供することができる。伊藤は23歳、板倉は25歳と平均年齢24歳のヤングコンビ結成も考えられる。候補には冨安健洋も入るが、怪我の状態が心配だ。今回は招集されているが、起用されない可能性は十分にある。

まずはセンターバックで試すことになるが、伊藤のユーティリティ性をテストしないのは非常に勿体ない。例えば左サイドバックでの起用だ。現状では長友佑都、中山雄太の2人が選ばれているが、どちらも絶対的な地位は築けていない。長友は守備、中山は攻撃に強みのある選手だが、アジア最終予選では安定感を見せられなかった。

伊藤は188cmの高さに加え、スピードのある選手だ。左足からの放たれるパスは効果的で、攻撃を活性化させることができる。ドリブルで持ち上がることも可能で、守備的な左SBとして一つのオプションになる。ワールドカップ本大会では押し込まれることが予想されるため、跳ね返すことのできる伊藤がSBの候補に入ってもおかしくない。

待望の招集となった伊藤。センターバック、サイドと多様性を持った選手であり、6月2日のパラグアイ戦から始まる4連戦での活躍に期待だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/01142ef0e2f2b60decf5d875d59086b34895ef7c

 

1:名無しさん@さかまと!

これまでの森保監督のやり方からみて、伊藤洋輝を代表メンバーとの顔合わせをさせて、練習で馴染ませていく感じでしょう。
2戦か3戦辺りで、後半15分投入とかではないでしょうか、初戦に出場するようなら相当期待しているってことでしょう。
フィードボールなら現代表DF陣の中でもピカイチ、古橋が出場している時間帯に起用されて、古橋へのフィードボールを供給する場面を見てみたい。

 

2:名無しさん@さかまと!

6月シリーズ4連戦での活躍を大いに期待。
長友を右にコンバートしてでも使いたいポイチ、伊藤が代表に定着すれば長友はもちろん不要だし、吉田だってスタメン落ちがあり得る。
伊藤といい菅原といい楽しみ。問題はポイチが使いこなせるのか。

 

3:名無しさん@さかまと!

センターバックも良いが…
やはり左SBで見てみたい

 

4:名無しさん@さかまと!

あぁ〜久々に楽しみな左SB〜!

 

5:名無しさん@さかまと!

次世代の守護神としての役割も期待されるからブラジル戦でも起用して欲しい。
もし彼らをゼロで止めれば大きく飛躍できる選手でもある。

 

6:名無しさん@さかまと!

伊藤、冨安両選手をSBにしてCBを板倉、吉田両選手を基本ベースにしてほしい

 

7:名無しさん@さかまと!

スリーバックを試して欲しい。
冨安、板倉、伊藤ならラインをある程度の高さに保てるから前線のプレスも無駄にはなりにくい。
個で勝てないならスペースを狭くして組織で戦える状況を作らないとスピードと強度差がマトモに出る。

 

8:名無しさん@さかまと!

>7
日本人最高の3バックの使い手の監督ですからね。いよいよ、メモを破り捨て、本領発揮もしれません。

 

9:名無しさん@さかまと!

3バックは左右に優秀なWBがいないと無理。今の日本にその人材はいない

 

10:名無しさん@さかまと!

良いDFがどんどん出てきてくれて嬉しい限り。冨安が出られるのなら左から伊藤、板倉、吉田、冨安の185cmオーバー4人の最終ラインを見てみたい。ドイツ相手には絶対的に高さが必要だから試す価値はあると思う。

 

11:名無しさん@さかまと!

板倉真ん中で富安伊藤の3バックは試して欲しい所。
前線にタッパのある選手がいないので2トップやトップ下を起用出来る3-5-2とか見たい。
原とか身長だけでも他には無い武器あるし、呼ぶ価値あると思うんだがなぁ。

 

12:名無しさん@さかまと!

現時点においては、所属チーム、今季の実績、現在の実力の全てにおいて、長友や中山より勝ってるよね。
どう考えても今の代表でベンチに座らせておく選手ではない。スタメンで使うべきだと思う。

 

13:名無しさん@さかまと!

ドイツ相手に伊藤を入れないなんてありえないでしょう
板倉、冨安、伊藤の3人が中心でラインの形をまずつくるべき
この3人は全員サイドもできる
いわば前に推進力のあるDF
最強だと思うけど
吉田控えでいい

 

14:名無しさん@さかまと!

冨安が本番でも起用できるか不明で、吉田も衰えが懸念される以上、板倉〜伊藤のCBがどこまで機能するか試すべきでは?
左サイドバックも確かに手薄ですが。

 

15:名無しさん@さかまと!

ポイチだから結局は途中出場になるでしょうね。その場合は左サイドになるんじゃないかな。
監督としては今までやってきたメンバーでブラジルとやってみたいだろうし仕方ないと言えば仕方ないけど、ファンとしては吉田を外して大抜擢とかを見たいなぁ。

 

16:名無しさん@さかまと!

層から言うと真ん中よりサイドが手薄。かつ攻めはサイドから崩すのが基本と考えれば、冨安含めてサイドに回ってくれれば、真ん中のリスクは相当減る。

 

17:名無しさん@さかまと!

CBは人材豊富だから4バックなら左SBでの起用になると思う。長友、中山はパフォーマンスが安定しないのでここでアピールできれば一気にファーストチョイスになる。

 

18:名無しさん@さかまと!

もし左SBに適応できるなら、最終ラインは伊藤吉田板倉富安という長身をずらりと揃えた布陣も可能になる。

 

19:名無しさん@さかまと!

シュツットガルドでは3バックの左だが、はたして4バックだとどこで使うかだな。
あくまでCBの控えとして使うか、スタメンで使うことも考慮するなら左SBか。

 

20:名無しさん@さかまと!

吉田が不動なら代表は終わりだね
ようやく不動のCFを呼ばなくなったから、試合に出てない吉田よりはコンディションいいかもね


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.