特集・コラム・インタビュー

伊東純也はベルギーリーグ“最強のウイング” ベスト11&MVP投票2位

記事の内容

爆速のサムライが駆け上がるスターダム

2020-21シーズンにおけるジュピラー・プロ・リーグ“最強のウイング”。ヘンクに所属する日本代表FW伊東純也は、名実ともにその栄誉を手に入れたのだろうか。今季の伊東は同リーグにおいて、まさに“手が付けられない存在”だった。

今季はリーグ戦32試合に出場して、10ゴール12アシスト。チームは4位だったが、伊東個人のパフォーマンスはリーグ全体でも際立っていたと言っていい。今季のジュピラー・プロ・リーグにおいて得点とアシストの両方を二桁に乗せたのは、ベールスホットのMFラファエル・ホルツハウザー(16G16A)とルーヴェンのMFハビエル・メルシエル(10G15A)、そして伊東(10G12A)の3人のみ。前者2人はトップ下を主戦場とする選手だけに、こうしてみるとウイングとして伊東のパフォーマンスがいかに傑出したものだったかは見て取ることができるだろう。

そのほか、キーパス数でも今季はリーグFW中トップとなる59本を記録した伊東。元来の強みであるドリブル突破も申し分なく、同3位の39回を成功させた(データサイト『WhoScored.com』より)。仕掛けることも、味方を活かすことも、そして自分でフィニッシュすることもできる。2020-21シーズンの伊東は、まさにアタッキングサードにおける理想的なウイングだったと言っていい。

そんな伊東のパフォーマンスを地元紙『SportVoetbal』も高く評価。同メディアは今季のジュピラー・プロ・リーグにおけるベストイレブンを選定しているが、伊東はウイングのポジションで順当に選出されることになっている。さらに、MVP部門ではオーステンデに所属するDFジャック・ヘンドリーに1位を譲ったものの、見事2位にランクイン。並みいる猛者を抑えての2位だ。これは誇っていい。

こうした数字や現地での評価を見てみても、2020-21シーズンの伊東はジュピラー・プロ・リーグにおける“最強のウイング”だったか。今夏には欧州4大リーグクラブへのステップアップも噂される爆速のサムライ。もはやベルギーの枠には収まらない存在となってきたスピードスターの未来に、大きな期待を抱かずにはいられない。

 

1:名無しさん@さかまと!

これだけ活躍してるから28歳とか関係なく即戦力として、5大リーグのチームからオファーは来てるんじゃないかな。
今夏の伊東選手の動向が気になりますね。

 

2:名無しさん@さかまと!

少し前までメディアでは中島南野堂安が騒がれてましたが、今の代表中盤で欠かせないのは鎌田伊東遠藤の方でしょうね。
中島はともかく南野堂安はまだまだチャンスがあるので、今後も応援します!

 

3:名無しさん@さかまと!

ベルギーリーグ最強のウイング、カッコいいなぁ。

 

4:名無しさん@さかまと!

豊富な日本の2列目を生かすために
超攻撃的なSB目指すのってどうですか?

 

5:名無しさん@さかまと!

5大以外の板倉、鈴木、浅野、伊東はステップアップしよう

 

6:名無しさん@さかまと!

この方ならリーガでレギュラー張れそう

 

7:名無しさん@さかまと!

レヴァークーゼンとかで見たい

 

8:名無しさん@さかまと!

>ベールスホットのMFラファエル・ホルツハウザー(16G16A)
こいつ何者だよ?やばくないか?

 

9:名無しさん@さかまと!

ドイツかスペインが良さそう

 

10:名無しさん@さかまと!

本来、昨シーズンがコロナによる打ち切りがなければ昨シーズン終了後にステップアップしても不思議ではなかった。
もう時間がない。今度こそ期待している

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.