ニュース

浦和大卒ルーキー、“長谷部誠彷彿”の絶妙スライディングタックルに称賛 「頼もしい」

記事の内容

かつて長谷部がつけていた「17番」を背負うMF伊藤敦樹が徳島戦で存在感を発揮

 浦和レッズは11日のJ1リーグ第9節・徳島ヴォルティス戦(1-0)で2019年4月以来の3連勝を飾った。Jリーグ公式ツイッターは、ルーキーながら主力級の活躍を見せているMF伊藤敦樹のスライディングタックルにスポットライトを当て、浦和OBである元日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)を引き合いに出して称賛している。

 浦和のアカデミー出身の伊藤敦は、トップチームに昇格できず流通経済大に進学。4年次の2020年には主将を務め、エースナンバーの「10番」を背負った。

 今季から大卒ルーキーとして浦和に加入。リカルド・ロドリゲス新監督に重宝され、開幕から全9試合(うちスタメン6試合)に出場。徳島戦でもアンカーとしてフル出場し、チームの3連勝に貢献した。そのなかで、Jリーグ公式ツイッターは後半37分のプレーをピックアップしている。

 浦和は敵陣ゴール前でボールを失い、カウンターを食らう。センターサークル付近まで運ばれたなか、MF渡井理己から左サイドのMF杉森考起へ渡りそうになった瞬間、伊藤敦が鋭いスライディングでボールを弾き出し、ピンチの芽を事前に摘んでみせた。

 Jリーグ公式ツイッターは、「同じ背番号17を背負う憧れの長谷部誠選手を彷彿させるプレー。浦和レッズの大卒ルーキー伊藤敦樹選手がスライディングタックルで相手のカウンターを阻止!!」と動画を投稿。ファンからは、「伊藤はすでに心整ってる感が凄い」「このスライディングに救われた」「頼もしすぎる」といった声が上がっていた。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

まだまだ課題はあるが、啓太や長谷部の系譜を継ぐ逸材。
阿部ちゃんから多くを学んで浦和の未来に繋げて欲しい。

 

2:名無しさん@さかまと!

開幕前はボランチの主力がかなり流出されて不安だったけれどもいざ始まってみたら阿部伊藤柴戸金子と贅沢な悩みができるほどの選手層!
若手は阿部から沢山の経験値を盗んで欲しいな!

 

3:名無しさん@さかまと!

明本、小泉、伊藤敦はj1のクラブから大金出して獲るより大型補強だと思う

 

4:名無しさん@さかまと!

長谷部とタイプは違うが、もっと成長して、近い将来に代表まで登り詰めて欲しい!

 

5:名無しさん@さかまと!

遠藤航みたいになって欲しいな。守備的の選手って聞いてたけど、想像以上に攻撃のセンスが良い。リカ将の元で1番成長できそうな選手。

 

6:名無しさん@さかまと!

スタメン外れてから守備にアグレッシブさがでたね。柴戸と金子の刈り方を見たらやらなきゃダメでしょ。
徳島戦もコンディションが良ければファーストチョイスは柴戸みたいだったみたいなコメント監督もしていたしね。

 

7:名無しさん@さかまと!

優秀な選手であるが、経験の有る無し関係なく開幕から抜擢する監督が優秀だと思う。最近の浦和は強くなって来ている。

 

8:名無しさん@さかまと!

某10番がいなくなった変わりに武田とか伊藤が出てきたのは好材料

 

9:名無しさん@さかまと!

ペナ内で、タックルでのシュートブロックも素晴らしかった️

 

10:名無しさん@さかまと!

大枚はたいてなんの役にも立たないF Wより、よっぽど頼りになるわ!今節も頑張れ!

 

11:名無しさん@さかまと!

移籍してきた金子は想定外だったんじゃないかな。
同い年の大卒ルーキーがここまでとは。
ただ、アンカーで評価を高めた柴戸も含め、
ボランチは若くていい選手がそろっている。
互いに高めあって、浦和のセンターラインを長く支えてほしい。

 

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.