特集・コラム・インタビュー

シュツットガルト伊藤洋輝がスタメン起用され続ける理由 数字では測れない“左足の価値”

記事の内容

【ドイツ発コラム】マテラッツォ監督は伊藤の左足を信頼

ドイツ1部ブンデスリーガ17位と2部リーグ降格圏に沈んでいるシュツットガルトにおいて、DF伊藤洋輝は数少ないポジティブな要素の1つだ。

【動画】シュツットガルトDF伊藤洋輝 移籍後初ゴールとなる鮮烈ゴラッソの瞬間

 これまでレギュラーだった元U-21ドイツ代表DFマルクオリバー・ケンプフからポジションを奪取し、試合を重ねるごとに首脳陣からの信頼を積み重ねている。一方の出場機会をなくしたケンプフは冬の移籍市場でヘルタ・ベルリンへと移籍を決意した。

 伊藤は今や、チームに欠かせない存在となってきている。代表中断期にスペインのマジョルカ島で合宿をしてきたシュツットガルトは前節フランクフルト戦で4バックへ移行するのではないかという予想が地元紙ではされていて、CBには元U-21ドイツ代表DFウラジミール・アントンとギリシャ代表DFコンスタンティノス・マフロパノスが入り、右サイドバック(SB)が本職のDFパスカル・シュテンツェルがスタメンに復帰し、その代わりに伊藤がベンチスタートになるかもしれないという声が少なからずあったのだ。

 だが、蓋を開けたらそれまで3CBの右サイドでマフロパノスが右SBで起用され、伊藤はアントンとともにCBでスタメン出場を果たしていた。

 その理由について、試合後の記者会見でストレートにペジェグリーノ・マテラッツォ監督にぶつけてみた。「さまざまな選択肢があるなか、今回のスタメンを決断したのはなぜだろう?」と。

「イトウは素晴らしい選手で、素晴らしい人間でもある。試合のあとに謝ってくれたのだが、こうしたことが彼の性格を表していると思うんだ。とても責任感を持って取り組んでくれている。彼の左足は我々にとっての武器だ。優れた目を持っているので、ダイアゴナルのパス、DFラインの裏へのパスを送ることができる。守備も素晴らしい。我々にとってとても価値のある選手だ。だから、今日はまたスタメンに立っている」

 この日、自陣での軽率なパスミスが多かったシュツットガルト守備陣において、伊藤からの展開というのはマテラッツォ監督の言葉通り重要な意味を持っていた。ドイツ紙「ビルト」は伊藤のプレーに下から2番目となる「5点」をつけ、「ビルドアップでのミスパスが多すぎた。1対1の競り合いでの勝率はわずか17%」と酷評していたが、この見解には納得しかねる。

 ドイツ誌「キッカー」の統計によると、この日75本のパスのうち16本が味方に届かなかったパスということになる。パス成功率という数字で見たらミスパスが多かったという見方もできるが、本来パスの持つ意味というのは「どのような状況でどこを狙ったパスからどのような展開が生まれたのか」が重要になる。5メートル隣の味方選手にパスを出したのと40メートル先の味方を狙ったパスを同列では語れない。

https://twitter.com/Bundesliga_EN/status/1464350194049458187?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1464350194049458187%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.football-zone.net%2Farchives%2F353225%2F2%2F

パス、1対1のデュエルで試合ごとに成長

 伊藤はボールを持つと遠くまで見通す。相手守備の守りにくいところを素早く見つけ出し、鋭く正確なボールを送ろうとしている。それはチームとしての狙いもあるだろう。6試合勝てていないチームにとって、自陣から落ち着いてゲームを組み立てることは簡単ではない。それこそこの日対戦したフランクフルトはそこを狙って、プレスを仕掛けてきていたわけだ。

 となるとそこをかいくぐり、スペースのあるところで起点を作ることが求められる。届かなったパスも少なくない。でも、伊藤からの展開がチャンスへの可能性を広げていたのも確かなのだ。

 一時は同点となるオーストリア代表FWサシャ・カライジッチのゴールの起点を作ったのは伊藤の縦パスだ。そこからのポストプレーから左サイドを攻略し、左ウイングバックのクロアチア代表DFボルナ・ソサのクロスをカライジッチがヘディングでゴール。後半6分に右サイドから走り出したFWシラス・ワマンギトゥカへ送ったロビングパスは、あと少しでシュートまで持ち込めそうな素晴らしいものだった。相手守備が前を向いて対応できるボールではなく、背走しながら対応しなければならないフィードボールを鋭く送るのだ。相手からしたらこれは守りにくい。

 あるいは後半27分、フランクフルトは伊藤のいるサイドに人を集めてプレスを仕掛けようとしていたが、伊藤は素早く中盤におりてきていたカライジッチへ浮き球のパスで回避。相手がプレスを仕掛けようとしている矢印の逆を取る効果的なパスだった。

 守備でもタイミングよくインターセプトをしたり、ヘディングで競り勝ったりと相手の攻撃を何度も跳ね返していた。「キッカー」誌のデータによると、この日の1対1での勝率は42%。この数字をどう評価すべきだろうか。

 ブンデスリーガトップレベルのCBと比較したら、物足りなさがまだまだあるというのは確か。ただ前々節のRBライプツィヒ戦での勝率17%、前節フライブルク戦での勝率が29%だったことから見たら、この日の伊藤はかなりパフォーマンスを上げていると思うのだ。試合を重ねるごとに成長している。

 マテラッツォ監督は、「4バックは守備では安定していたと思う。セットプレーで失点したが、相手のチャンスは少なかった。ピンチは自分達のボールロストから。ビルドアップではもっと上手くやっていくことが求められるサイドチェンジをしたり、トップに当てて落とす形を入れたりと、バランスよく組み合わせていかないと」と試合後に話をしていたので、今後も4バックが基盤となりそうだ。

 伊藤の安定したハイパフォーマンスでシュツットガルトにまた勝ち星をもたらしたい。

 

1:名無しさん@さかまと!

左足ももちろんそうだけど、日本人にしては比較的恵まれた体つきや身長、
割と頭も良さそうな戦術理解度の高さ、あと年齢なんかも考慮すると、
結構原石としては良いものを持ってると思うので、ここからのステップを間違えないように、
与えられた状況下で常に謙虚に得られるものを吸収し続けていけば、少し大げさかもしれないけど、
やりようによっては第2の冨安みたいな存在になれる可能性があるような気がする。
何にしても、まだ若いしシュツットガルトで満足せずに、
行く行くはもっと上のステージまでステップアップしてほしい選手。

 

2:名無しさん@さかまと!

こういう記事載せると日本代表にとか言い出す輩が現れる
1対1の勝率17%だとかは論外として40%でも胸を張れる数値じゃないだろうに
レフティーであることも積極的なパスも評価すべき点ではあるけど成功率が低い言い訳にはならんよ
未来ある若者であることには間違い無いだろうけれども代表だとかはまだまだ先の話し

 

3:名無しさん@さかまと!

>2
なぜここ2、3試合の数字を見て判断する?
シーズン通して見ればデュエルは勝ち越してるんだし寧ろデュエルは強みだろ、
あとロングボールの成功率も低い数字じゃない。
君が言うデータや数字で言うなら全然代表レベルの選手だよ、その上若いんだから呼ぶ理由しかないでしょ、
CBでもいいし、SBとしても適した役割与えれば全然問題ない。
少なくともJリーグですら通用してない長友よりかわ全然マシ。

 

4:名無しさん@さかまと!

>2
伊藤は頑張ってるし、能力、若さを考慮すれば今後代表に選ばれてもおかしくない。
でも、今回の試合みたいにたまたまでもスタッツ悪いのは一発勝負の代表戦を考えると招集はまだ早いのかなとも思う。

 

5:名無しさん@さかまと!

>4
スタッツがいつもいい選手なんていないよ

 

6:名無しさん@さかまと!

この左足の価値ってのは長友と中山どっちがいいか。にも共通するワード。
長友のパフォーマンスがいいか悪いかは置いておいて左利きの左SBにしかできないことがあることはしっかり認識した方がいいよね。
サウジ戦の一点目の起点になった酒井から伊東のパスは同じシチュエーションが左サイドで起こった場合長友じゃ出せない。

 

7:名無しさん@さかまと!

吉田の後継ぎって感じだね。カタール決まったら是非試して欲しい選手。
ただ、ポジションは違うが2部に落ちてそのまま行方不明になった伊藤達哉と個人的に被る部分がある。
伊藤達哉もこれからの選手だが、こっちの伊藤は一部に残って順調なルートで行って欲しい。

 

8:名無しさん@さかまと!

日本サッカーが評価しなかった伊藤、日本人指導者が評価しなかった伊藤、しかし欧州はイトウを評価した、何故?

 

9:名無しさん@さかまと!

>8
年代別代表には選ばれていたしジュビロも高く評価していたから入団したでしょ。
CBになってうまくいきはじめた時にはジュビロが2部だったので代表しか見ない人には知られていなかっただけ

 

10:名無しさん@さかまと

早く実績残してる若手を代表に入れて経験積ませてあげてくれ!

 

11:名無しさん@さかまと!

まだ若いのでこれからどんどんすごい選手になっていきそう。

 

12:名無しさん@さかまと!

代表の左も伊藤で解決すると思うんだけどな

 


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.