【試合】前評判・結果・戦評

シュツットガルト伊藤、地上戦デュエル勝率75%でチーム最高評価 「地位を一層固めつつある」

記事の内容

ドルトムント戦で相手FWマレンを止めるなど、ハイパフォーマンスを披露

 日本代表MF遠藤航とDF伊藤洋輝が所属するドイツ1部シュツットガルトは、11月20日に行われた敵地でのブンデスリーガ第12節ドルトムント戦で、1-2と敗れた。終盤に勝ち越し点を許しての惜敗となったが、先発フル出場した伊藤は、現地紙による選手採点でチーム最高の評価を得ている。

 10月16日のブンデスリーガ第8節ボルシアMG戦(1-1)からリーグ戦5試合連続スタメン出場となった伊藤は、序盤からドルトムントにボールを持たれる展開が続くなかでも守備で奮闘。攻撃においてもシュート2本を放つなど随所で存在感を放った。

 チームは敗れたものの、現地紙「シュツットガルター・ツァイトゥング」は、6段階評価(1が最高点、6が最低点)による選手採点で伊藤にチーム最高となる評価点「2.0」を付与。「シュツットガルトの守備において、その地位を一層固めつつある。デュエルの場面では冷静で、ビルドアップの際には良いプレーを見せていた。ドルトムントのオランダ代表FWドニエル・マレンを何度も止めていたし、地上戦で彼よりも強いシュツットガルトのディフェンダーはいなかった(勝率75%)。ボールタッチ数もチーム最多(78回)で非常に素晴らしいパフォーマンスだった」と、その活躍を称賛している。

 一方、同紙は伊藤同様に先発フル出場を果たし、走行距離(10.8km)とデュエル勝利数(13回)でチームトップだった遠藤には、「自身のいつものノルマを再びしっかりとこなしていた。試合の序盤ではすべての空中戦で勝利。タンギー・クリバリのビッグチャンスを演出したパスは見事だった」と前半38分に見せた前線へのパスに触れつつ、及第点とも言える評価点「3.0」をつけている。

 遠藤に続いて伊藤もチームの中心選手となりつつあるが、その一方でシュツットガルトはドルトムント戦での黒星でリーグ戦3連敗となり、順位も16位まで後退している。11月26日に予定されている次節マインツ戦は、浮上のきっかけを掴むためにも勝ち点3獲得が是が非でも必要な一戦となりそうだ。

 

1:名無しさん@さかまと!

伊藤には期待してたけど、それを上回るスピードでトップチームに定着しつつある。
このまま遠藤航のようにブンデスで力を伸ばして、冨安と並ぶセンターバックに成長してくれたら、日本のディフェンスはさらに心強くなる。

 

2:名無しさん@さかまと!

日本代表は板倉や伊藤がいれば3バックも選択肢に入れていい。
富安が右SBもできるから試合途中に4バックにできる柔軟性もある。
ついでに言うと、三苫もチームではウイングバックやってるし問題ない。
何よりトップ下で、南野と鎌田、堂安と久保が共存できるのが大きい。
ボランチも守田、田中、遠藤から2枚でいいので消耗も抑えられる。
これに4-3-3の組み合わせでチームでインサイドハーフやってる原口とか堂安、鎌田らを組み込むテストして併用すればいいんじゃねーの。
ワントップは古橋とオナイウ試して、ダメそうなら五輪みたいに林大地あたりで守備とポストだけ頑張ってもろて二列目が点取ればいい。

 

3:名無しさん@さかまと!

デュエルも強いし、高さもあって足も速い。
でも1番の魅力はフィード力だと思う。フィード一本で局面変えれるしとにかく凄い。

 

4:名無しさん@さかまと!

板倉に伊藤にと、これだけCB揃えば、競合相手には器用な冨安が右SBでも良いし、リアルに3バックの選択肢も増えますね。

 

5:名無しさん@さかまと!

マレンとバッチバチにやりあってましたね。笑
試合終了のホイッスル鳴った瞬間、膝ついて悔しがってるのが印象的だった。
まだまだ伸びるなと思った!頑張れ!

 

6:名無しさん@さかまと!

日本の二部からブンデスレギュラーは夢があるな
サッカー選手って能力を数値化しづらいから、目立ってないだけで他にも海外一部で主力張れる若手はいるんだろうか

 

7:名無しさん@さかまと!

ちょっと前までJ2の選手だった訳で。シュトゥットガルトのスカウト網すごいな。買い取りはほぼ間違いないでしょう。

 

8:名無しさん@さかまと!

去年、磐田にフベロ監督が来てくれたのは大きい。そこで、サイドバックとして見い出され、ビルドアップ時の正確なフィードは武器になることを見せ、また、足の速さと体の強さも印象付けた。
そして、今年は3バックの一角として安定した活躍をしてくれた。目の前で見ると、フィジカルの凄さがよくわかりましたよ。
活躍を続けて、日本代表になってくれることを期待しています!

 

9:名無しさん@さかまと!

さすがミスリンタート、お見事です
元々ボランチやってる時は視野取るのが苦手でちょっと見ててキツかったけどCBにコンバートしてから長所が出て短所が出にくくなった印象。
彼のすごいところは足が速いところ。足速いから広いスペース守れるし攻撃時に中山雄太のような役割を与えれば代表で左SBいけると思う。

 

10:名無しさん@さかまと!

アンダーの時はもっさりした印象だったけど、下位とはいえJ2からいきなりブンデスのレギュラーになるとは
伊藤達哉の例もあるのでまだ気が早いかもしれないが、活躍を続ければ代表入りも見えてくる

 

11:名無しさん@さかまと!

CBが海外組だけでこれだけ充実してくると国内組はノーチャンだな…Jよりレベル高いところで試合出てりゃ、そっちが選択肢になるだろうし

 

12:名無しさん@さかまと!

正直最近の吉田は疲労と加齢の影響か、あまり良くなくスピードもやや衰えてきたように感じます。
代表では冨安板倉コンビを第一選択にしつつ、この伊藤や五輪世代を起用して吉田をバックアッパー兼精神的支柱に据えるのが理想ではないでしょうか。

 

13:名無しさん@さかまと!

ブンデスで試合に出るってのは、代表選手クラスでも難しいことなので、彼は代表でやれる実力あるんじゃないのかね。
今季1年レギュラー取れれば代表に入れないとおかしい。ドイツはベルギーやポルトガルよりレベル高いんだし

 

14:名無しさん@さかまと!

ボランチとセンターバックてきるのはチームとしてもかなり助かるはず。
このまま順調に成長して欲しいね。

 

15:名無しさん@さかまと!

CBにコンバートしたのか。これだけ海外で活躍するCBが増えると思わなかった。

 

16:名無しさん@さかまと!

J2のジュビロから、物凄いステップ・アップやんな。

 

17:名無しさん@さかまと!

吉田を卒業させてあげられそう。期待!!

 

-【試合】前評判・結果・戦評
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.