特集・コラム・インタビュー

板倉滉、マンチェスター・シティでのプレー経験なしにも感謝「短い中間ステップのおかげで…」

記事の内容

2019年1月に欧州へ

シャルケに所属する日本代表DF板倉滉がクラブの公式インタビューに応じ、これまでの日々を振り返った。

板倉は2019年1月にマンチェスター・シティへ加入。しかし、労働ビザの問題ですぐにオランダのフローニンゲンへレンタル移籍。板倉は「シティと契約する前から話し合いはあったから、驚きではなかったです」と明かす。

マンチェスター・Cではこれまで出場がなく、「悲しくはないか?」と問われた板倉だが、気に留めていないようだ。

「いいえ、悲しくはないです。フローニンゲンとのローン契約がこうして実現したのですから。フローニンゲンへのレンタル契約は、ヨーロッパで足場を固め、自分の力を証明するチャンスを与えてくれました。今、僕がここにいて、このような素晴らしいクラブでプレーできているのは、マンチェスターでの極めて短い中間ステップのおかげでもある」

欧州でプレーするようになって約3年。最大のハードルを問われた板倉は言語を挙げている。

「最初の頃は、コミュニケーションに大変苦労したことを鮮明に覚えています。英語は一言も話せませんでしたし、ヨーロッパの言語構造はアジアのそれとは根本的に異なります。それを理解するのに時間がかかりましたし、文化的なことよりもそちらに気を取られていました(笑)」

 

1:名無しさん@さかまと!

保有元がシティなら、数年は「欧州で取ってくれるクラブがないから日本や中東に戻るしかない」って状況もないしビッククラブのブランド+若いときに欧州を経験する機会として良いかもね。
青田買いとか言われてるけど板倉のように逆にこの機会を利用してステップアップしてけば全然正解だと思う。何より本人も正解の選択だったと言ってるしね。

 

2:名無しさん@さかまと!

5大リーグの1部に完全移籍出来て定着出来ればメガクラブから刈られるのも悪くはない。
板倉は良い方の移籍になりそうだけど食野とかは悪い例になりそう

 

3:名無しさん@さかまと!

板倉と違って、食野亮太郎はハーツでもリオ・アヴェでもエストリルでもポジション掴めてないし、最近はほとんどベンチ外の状況
こういうパターン見るとシーズン序盤で結果が伴わないと毎年チーム変わることになるから、デメリットも大きいよな

 

4:名無しさん@さかまと!

有望な若手は取っておいて、もし活躍したらシティ行って、ダメなら売ってまた新たな若手を発掘する
こんなサイクルでしょ
そんな中でシティへの切符を手にする人はほんの一握りだとおもうよ

 

5:名無しさん@さかまと!

代表で板倉出さないのは勿体無い気がしてなぁ
サイド冨安でセンター板倉じゃダメなんだろうか

 

6:名無しさん@さかまと!

シティでポジションを掴むのは並大抵の事では無い事くらい本人も分かってるよね。レンタル先で世界有数の選手と証明した上でシティにポジションが空かなければならない。
その前提で、メリットとしては巨大ネットワークの中で本人に最適と思われるレンタル先を探してくれる。
デメリットは、所詮レンタル選手なので成長を期待して使ってくれるなんて事は無い。
また、保有元・所属先の事情でクラブを転々とする可能性がある。って感じかな。

 

7:名無しさん@さかまと!

カタール後の吉田オプションはほぼ確定 後は新監督が森保みたいに保守的でなければ直ぐに代表レギュラーで冨安とコンビを深めて欲しい

 

8:名無しさん@さかまと!

シティへ戻るパターンは限りなく厳しい。トップクラブ故に狭き門。いつか対シティとやれる選手になってくれたら素晴らしいね。

 

9:名無しさん@さかまと!

ジンチェンコはローン経験からシティのレギュラーまで行った例のひとりか

 

10:名無しさん@さかまと!

板倉ってオランダのボランチシーズンベストイレブン入ってたよね。
代表だと序列かなり下だけど、入れ替わる事は無いのだろうか。
田中は今クラブだとスタメン外されたりしてかなり苦しんでるけど

 

11:名無しさん@さかまと!

日本の英語教育がここまでゴミじゃなかったら、日本人ももっと海外移籍が出来てるんだろうな。

 

12:名無しさん@さかまと!

就労ビザの関係て書いてるけど、
レンタル料を稼ぐマンCのビジネスだからな

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.