特集・コラム・インタビュー

「サッカーそのもの」――イニエスタが Jリーグでプレーしている幸せ

記事の内容

 2019年8月23日、J1第24節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸。アンドレス・イニエスタは"本気のプレー"を見せている。

 鳥栖に所属するスペインの盟友、フェルナンド・トーレスが現役最後に選んだ試合だった。スペイン代表で、ユーロやW杯をともに戦った友に対する餞(はなむけ)だったのか、全身全霊をかけて挑んだ。

 イニエスタの真剣プレーは別境地だった。

 たとえば、後ろ向きで受けたパスに、背後からインターセプトを狙われているのを察知。即座に右足の裏を使ってボールをひいて、プレスを無力にした。天から俯瞰しているような動きは、変幻自在だった。鳥栖の選手が体に触れられないほどの差だ。

 前半22分の、神戸の3点目は、伝説的と言える。

 イニエスタは、自陣で浮いたボールをパスしたあと、戻ってきたボールを再びダイレクトのボレーでロングパス。右サイドを駆け上がっていたFW古橋亨梧に、ミリ単位で合わせている。余裕を持って攻めることができた古橋は、FW田中順也にボールを渡し、ゴールが決まった。

 イニエスタの優れたビジョンとテクニックが集約され、そのゴールは芸術の域に達していた。

 結局、イニエスタは前半終了間際に筋肉系の故障で、ピッチを去っている。全力でのプレー時間は限られる。年齢的に若くないし、慢性的な故障も抱える。

 しかし、彼のプレーは依然として特別だ。

 筆者がイニエスタのプレーを初めて目にしたのは、ミニ・エスタディだった。カンプ・ノウに隣接したスタジアムで、当時はバルサBが本拠地にしていた(現在の本拠地は、郊外のジョアン・ガンペール総合スポーツ施設内にあるヨハン・クライフ・スタジアム)。1万5000人ほどの収容人数のサッカー専用スタジアムだ。

 2001-2002シーズン、イニエスタはまだ17歳だった。トップチームでデビューはしていない。むしろ、ユースでも年少選手で、大人に混じるとひどく小さく細く見えた。

 しかし、必死になった大の大人たちが、まったく歯が立たなかった。懲らしめるような調子で思い切り削りにいくのだが、くるりとターンで交わされ、無様によろめく。頭にきてタックルを仕掛けるのだが、予期されたように外され、足にもボールにも届かない。そこで、複数の選手で囲むと、その刹那に決定的なパスを通される。

 それは、見たことがないサッカーショーだった。

筆者は興奮したまま、試合後に何も考えずロッカールームに飛び込み、「話を聞かせてくれ」と頼んでいた。今と比べれば、セキュリティはないに等しかったからできたのだが、さすがにほかの選手たちは目を丸めていた。のちに、スペイン代表としてユーロ2008で優勝したFWセルヒオ・ガルシアの刺すような視線を覚えている。当然だろう。東洋人の記者がロッカールームに入ってくるなど、常軌を逸していた。

 しかし、イニエスタは少しも動じなかった。

「ほんの少しならいいよ」

 そう答え、隅っこで少しだけ話すことができた。

 筆者は長くサッカーを取材してきたが、そこまで心を動かされた選手は、イニエスタだけである。

 リオネル・メッシも、バルサB時代にそのプレーを見ている。ただ、彼はトップに上がって揉まれるなかで、アタッカーとして進化していった。成長のカーブにこそ、その"怪物感"はあるのだ。

 一方、イニエスタは17歳の時点でサッカーを自由に表現し、そのプレーはほぼ完成していた。「あり得ない」。そう思わせる境地にいた17歳だった。おそらく、彼のようにサッカーの神に祝福を受けた選手に会うことは二度とないだろう。

 そのイニエスタがJリーグでプレーしている――。それは夢幻にすら思えるのだ。

2020年シーズン、AFCチャンピオンズリーグ開幕戦でも、イニエスタは桁外れのプレーを見せていた。マレーシア王者のジョホール・ダルル・タクジムを相手に、自陣でボールを受けると、ディフェンスの裏に走ったFW小川慶治朗にぴたりと合わせるロングパスを通し、ゴールをアシスト。魔法のひと振りのようなキックで、何もない状況からゴールを創造した。

 相手を突き放す3点目も、イニエスタが起点になっている。左サイドでボールを持って、時間を作りながら、わずかに下がって相手を釣る。そうして前にスペースを作ると、すかさずそこへスルーパス。サイドバックの酒井高徳が走ってそれを受け、折り返しを小川が決めた。神がかった技術とタイミングだった。

 リーグ再開後、イニエスタは再びファンタジーを見せてくれるだろう。彼にとって3年目のJリーグ。サッカーの創造主がいることが、日本人の幸せだ。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

 

この記事に対する反応

 

イニエスタを見ていると驚きを通り越して自然とニタニタしてしまう。匠の技のようなプレイは、歴史に名を刻んだレジェンド達にも決して見劣りしていない。そんな彼のような選手をJリーグで観れる事は、この先そうそう無い事かもしれませんね!

 

体の使い方、タイミングの外し方、ボールの置き場所が圧倒的に上手い。
特別速い訳でもないし、フェイントを多く入れる訳じゃないのに取られないし、スルスル相手を抜いていく。
何であんなプレーで抜けんの?って思う事が本当に多い。

 

人としても素晴らしい。
イニエスタとプレーしたいという、優れた海外の選手が日本に沢山来てくれた。
人望厚い。日本を楽しんでいてくださるなら尚更嬉しい。
ただ、もうこの幸せや恩恵は長くないかもと思って日本での応援を続けてゆきたい。

 

年齢的にイニエスタは普段はけっこう力抑えながらプレーしていると思う。それでもjリーグ で相手を翻弄している。確かにトーレスが最後の試合は特にイニエスタは別格だった。でもやっぱり本気だすと長くはプレー難しいんだね。個人的には30億払って夢みさせてくれる三木谷さんには感謝

 

一節の横浜FC戦でのゴール前。
最後ドウグラス外したけど、イニエスタのプレイはリプレイ観なきゃ何してるか分からないくらい、身体のキレが凄かった印象。
世界を見ても、まだまだトッププレイヤーだよ

 

年齢的にも、彼の性格的にも、神戸で現役を引退する可能性が高いと思います。まずは天皇杯を制しましたが、Jリーグ、できればACLも制して有終の美を飾ってほしい!

 

記者の方も同じですよね。私もイニエスタが日本でプレーしてくれていること、本当に嬉しいです。
早くコロナが、終息し、早くサッカーが、イニエスタが見たいですね。

 

圧倒的なスピードや大きなフェイントで相手をかわすのではなく、タイミングと緩急そして予測。つまりは時間と空間を支配し、その先を予知する。もうそれは魔法使いの領域よ。

 

フェルナンドトーレスが、ユース時代にはやった遊びがあると雑誌のインタビューで答えていた。
それは、パスをトラップでわざと浮かしてそのまま逆サイドにロングキックするという遊び。
これをイニエスタごっこと言ったらしい。
つながる逸話。

 

サッカー詳しくないんだけど、彼のレベルが違うのはわかる。
観てて面白いから。
こういう金の使い方をするなら、楽天で買い物しようかと。

 

直接対戦出来るJの選手は幸せですね。AFCで戦ったマレーシアの選手にとっては夢のような体験だったでしょう、色んな人に語っているでしょうね。

 

ほんとにそう思う。こんな世界の宝がJリーグでプレーしてくれている。奇跡的なことだと思う。今はコロナで見れないのがほんと残念。

 

イニエスタは、マジシャン、指揮者、哲学者、何かこんな感じを観客に与えて、つまりまぁ楽しいマジックショーが待っている週末みたいな感じな訳だ。

 

イニエスタを観られて、みんな幸せ。
本当に、日本を選んでくれて感謝あるのみ。

 

この中断期間中、痛いとこ全部治して欲しい。
そして、長く観たい!

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.