特集・コラム・インタビュー

イニエスタ「自分はイチ選手ではない」。ケガの重症化を覚悟してPKに臨んだ

記事の内容

ヴィッセル神戸アンドレス・イニエスタ インタビュー

 ヴィッセル神戸での3シーズン目となった昨年。2019年を上回るリーグ戦26試合に出場したアンドレス・イニエスタは、シーズン終了後、そのパフォーマンスについて納得の表情を見せた。

「これまでで一番いいパフォーマンスを維持しながら、シーズンを進めることができた」

 これまでも世界中のサッカーファンを唸らせるパフォーマンスを示してきたのと同様に、Jリーグでも異彩を放ち続けてきたイニエスタだが、彼の中では新たな環境に難しさを感じながらプレーしていた部分もあったのだろう。それは今シーズン、ヴィッセルが獲得に成功した新加入選手、U-20ブラジル代表のFWリンコンについて話が及んだ際に明らかになった。

――リンコンがヴィッセルで成功を収めるために、自身の経験を通してアドバイスできることはありますか?

 そんな質問を投げるとイニエスタは、来日したばかりの頃に自身が受けた驚きを懐かしむように言葉を紡いだ。

「Jリーグはどのチームも守備面でのしつこさがあり、常に息をする間も与えてくれないプレッシングのなかで試合が展開されます。リンコンの持つクオリティが、日本のサッカーの難しさを上回り、活躍してくれることを祈っています」

 そのイニエスタも昨シーズンは、日本のサッカーへの適応に手応えを感じながら、1年を通して安定したプレーを示し続けた。それを、より実感したのが11月に再開されたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)だ。

シーズン終盤に差し掛かった時期の開催だったにもかかわらず、イニエスタは目を見張るパフォーマンスを披露。初戦の広州恒大戦では1アシスト1ゴールでグループステージ突破の立役者になると、続くラウンド16の上海上港戦でも先制ゴールを挙げ、チームの勝利に貢献する。そんな彼に導かれるように、チームも戦いを進めるごとに自信を膨らませ、クラブが目指す"アジアナンバー1クラブ"に向けて力強く歩みを進めた。

「昨シーズンの僕たちにとって、ACLはとても特別な大会でした。リーグ戦がまったく納得のいかない結果となってしまったなかで、悲しい思いをさせてしまったファンのみなさんに、自分たちの力を証明する最後のチャンスでもありました。

 だからこそ、チーム全員が特別な思いを胸にカタールに乗り込みました。そのなかで初戦の広州戦をいい内容で戦えたことも勢いになって、チームには試合を重ねるごとに『このタイトルをつかみ取れる』という確信めいた雰囲気が漂っていました。

 また個人的にも、昨年はシーズンを通していいコンディションで過ごせていたこともあり、ACLでもいい感覚でプレーできていたし、最後までベストコンディションでチームの戦いを後押ししたいと考えていました」

 だが、上海戦の後半、イニエスタは右太ももを痛めて途中交代。その時点でケガの状態は明らかにされず、彼は続く準々決勝の水原三星戦も控えメンバーに名を連ねたが、そのケガが深刻な状態にあることは、PK戦への突入を覚悟でピッチに立った延長後半、113分以降のプレーで明らかになった。そこに、本来の彼の輝きはなかった。

「チームの流れにブレーキをかけたくないと思い、水原戦もベンチからチームを見守ることを決めました。そして、延長後半からピッチに立ち、PK戦にもつれ込むと、最初のキッカーになることを志願しました。

 正直、自分の体のことは自分が一番よくわかっているので、あの1本を蹴ることで、より大きな痛みを感じることも想像できましが、チームメイトが戦う姿を見て、『できる限りの力を尽くしてチームを助けたい』という気持ちを優先しました」

キャプテンとしてだけではなく、イチ選手として、自身が担う期待と責任を果たしたい一心だった。

「僕はヴィッセルへの加入を決めた時から、自分がこのチームで持つ"重さ"を感じてきました。ただのイチ選手であってはいけないという覚悟もありました。それを"アジアタイトル"という結果で示さなければいけない、とも思っていました。

 もっとも、それによって長い離脱を強いられたことを思えば、自分の決断がよかったのかはわかりません。ただ、プロのアスリートは時に自分の存在がチームに与える影響を考慮して、そういった決断をしなければいけない瞬間が必ずあります。

 だからこそ、自分の決断に後悔はありません。唯一、最後までピッチに立ってチームをサポートしたかった、という点においては悔いが残りましたが......」

 結果的に水原戦を最後に、ACLの舞台からイニエスタの姿は消え、チームも準決勝・蔚山現代戦で敗れてベスト4で戦いを終える。

 イニエスタもその足で母国・スペインに戻り、手術に踏み切った。右大腿直筋近位部腱断裂、全治4カ月の重傷だった。

「ACLで負ったケガは、僕のキャリアで復帰までの時間を最も要するケガになってしまいました。しかも、36歳でこのような大ケガを負ったことで正直、いろんなことを考えました。

 特にケガをしてから手術を決断するまでの時間、そして実際に手術が行なわれるまでの時間は、精神的にも最も苦しみました。本当に手術をするべきなのか、手術がうまくいくのかという不安もあり、何度も自問自答を繰り返しました。それはある意味、僕自身のメンタリティ、サッカーへの思いを試されているような時間でした」

 手術をするという決断へ背中を押したのは、冒頭に記した昨年のパフォーマンスへの手応えだ。そこで実感していた自信が、再び彼を"サッカー"に向かわせた。

「2018年に来日してから、昨シーズンは日本のサッカーへの適応や僕自身のコンディションを含め、最も手応えを感じられる1年でした。だからこそ、新シーズンも可能な限りのトップパフォーマンスで、ヴィッセルのためにできるだけ長い時間プレーしたいと思ったし、そのためにはより確実な治療をして、できる限りの早期復帰を目指そうという考えに至りました」

と同時に、そうした手応えは日本でプレーすることへの欲を膨らませるものにもなったと言う。順調にリハビリが進み、復帰まで約1カ月を切った今、改めて4シーズン目のJリーグでのチャレンジに思いを馳せる。

「今シーズン、結果を求めるにはチームとして、まずは『自分たちはできる』『リーグ戦のタイトルを争える能力とチーム力が備わっている』と信じることが重要だと思っています。昨年のACLで我々は、その姿を示すことができましたが、難しいのはそれを1年間続けることです。

 実際、僕が在籍した過去3シーズンを振り返っても、1年を通した継続性はヴィッセルに欠けていたと感じています。もちろん、シーズン途中の監督交代やシステムの変更が多少なりとも影響したとは思います。ですが、たとえチームスタイルや戦い方の継続があっても、自分たちを信じて戦うことができなければ、1年を通しての結果を得ることはできません。

 また、チーム全体として失点を減らす努力をしなければいけないのも明らかだと思います。現代サッカーには攻撃と守備のバランスが不可欠で、特に守備の安定がなければリーグ戦を勝ち抜くのは難しいと感じています。だからこそ、自分たちのスタイルである攻撃に視点を置きながら、守備力を高めることで攻守のバランスを図ることを追求するシーズンにしたい。

 昨年の戦い、順位に目をやると、自分たちよりいいチームがたくさんあったように見えますが、僕はヴィッセルを、自分たちのサッカーを信じています。その"信じる力"は他者によって揺り動かされるものではなく、自分たち次第で備えられます。それをチームの中心に据えて、難しい目標ですが、リーグ優勝を目指したいと思います」

 2月末には、自身のインスタグラムで術後初めて、軽快に走る姿をアップしたイニエスタ。「最近は"復帰"をより近くに感じられるようになった」という言葉を聞く限り、再び彼の姿をピッチで楽しめる日はそう遠くはないだろう。

 その時のスタジアムはきっと、これまで以上に大きな驚きに包まれるに違いない。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

あのイニエスタが,神戸のためにここまでの覚悟を持って戦ってくれている事に感謝しかない。
今年の神戸はここまで粘り強く戦えているが,それでもやはりキャプテンであるイニエスタの力が絶対に必要。
焦らず,しっかりとコンディションを整えて復帰してほしい。
そしてそのプレーをしっかりと目に焼き付けたい。

 

2:名無しさん@さかまと!

こんなに偉大な選手がチームのために、自分の選手生命にも繋がるような怪我を負いながら、代償・犠牲を払いながら日本の一チームでプレーしてくれている。
その有り難さ、素晴らしさを今後の日本サッカーに活かさないとね。その為にも頑張れ!ヴィッセル!

 

3:名無しさん@さかまと!

ACLのPKで出てきた時は正直怪我してるのになんで!?っと愕きましたが、本人志願だった事を知り、より一層イニエスタのヴィッセル神戸への強い想いを感じた。
一線を退いた後に残り期間Jリーグで緩く楽しくサッカーをしようといったような気持ちではない事は元から重々理解していましたが、このコメントを読んで更にイニエスタが好きになりました。
ぜひまた元気な姿でピッチに立つ姿を見れる日を待っています。

 

4:名無しさん@さかまと!

やはり引退も少し頭に浮かんでいたのですね。来日してもう4年も経つのか…その間にトーレスやビジャも来たり、今思えば夢の様な時間でした。
色々な意見がありますが、日本のイチサッカーファンとして、神戸と鳥栖には素直に感謝してます。
特別神戸のサポーターというわけではないですが、イニエスタが現役のうちに、ぜひACLやリーグ優勝を成し遂げて欲しいと思います。
そして願わくば引退後も日本と関わりを続けて欲しいです。

 

5:名無しさん@さかまと!

イニエスタが神戸でプレーしてる姿を生で見れている私たちは本当に幸せ者。引退はそう遠くないはずだから絶対タイトルを取らないといけないと思う。
神戸で引退して欲しい。そして近い未来、神戸に監督として帰ってきて欲しい。ACLを取ってバルサに帰ってシャビとタッグを組み、CL取ってほしい。
これを叶えて欲しい。叶えれるはず。

 

6:名無しさん@さかまと!

日本サッカーへの批判やワガママを言っても不思議ではないくらいの実績があるのに
神戸の為に献身的に働いてくれるのは本当に人間的にも優れた選手と分かる
イニエスタが戻ってくるまで首位争いをして最高の形で彼の開幕を迎えてあげたい

 

7:名無しさん@さかまと!

凄い選手。
きっと自分で決断して選んだチームなら
どこに居ようと同じ覚悟でプレーするんだろうけど、
そんな選手がJリーグでプレーしている幸運と
獲得してくれた神戸に感謝。

 

8:名無しさん@さかまと!

できるだけ長く日本でプレーしてくれ。
彼のプレーを目に焼き付けたいのだ。
ここまでのスーパースターが日本にいるんだからね。

 

9:名無しさん@さかまと!

今自分たちは凄い光景を見ているんだと思って欲しい。
ペレやジーコのようなサッカーの神様と呼ぶにふさわしい選手であり人間としても尊敬出来る人。
そのプレーを現在見れているという事を将来自慢できるのは間違いないだろう。

 

10:名無しさん@さかまと!

責任感の強さが日本的と言うか、日本人以上。
復帰は慎重にお願いしたい。

 

11:名無しさん@さかまと!

重症化するリスクを負いつつ、チームのためにプレーしてくれたイニエスタには頭が上がらない。
ただ、アツは強引にでも止めるべきではなかったの?
ACLという特別な舞台とはいえ、終盤に怪我をしている選手を出し、結果的に長期間チームの絶対的存在を失うことになった。
イニエスタのような責任感の強い選手はそりゃプレーしたがるだろうけど、それを止めるのが監督の役目でしょ。

 

12:名無しさん@さかまと!

イニエスタ程の選手なら、復活してくれると信じてます。ジャンルは違いますが、フェデラーと似てる部分があるような気がします。

 

13:名無しさん@さかまと!

これほどの名声と才能があるのに、常に真摯で冷静、魅力的な人だ。

 

14:名無しさん@さかまと!

本当に偉大な選手であり、人間性も素晴らしい。

 

15:名無しさん@さかまと!

無理せず完治してから、またスーパープレイを見せて欲しい。オルンガ不在のJで、お金払って見たい唯一の選手。

 

16:名無しさん@さかまと!

日本人はイニエスタがJリーグでプレイしてるってことをもっと驚いたほうがいいと思う。ホントにありがとうございます。

 

17:名無しさん@さかまと!

選手としても一流ですが人間としても一流のイ二スタ。
あなたの勇姿を神戸で見られてわれわれは光栄です。

 

18:名無しさん@さかまと!

本当にイチ選手じゃないよな。プレーが3人分くらいの価値があるのが、目に見えて分かった。

 

19:名無しさん@さかまと!

能力や経験だけでなく人柄も素晴らしい

 

20:名無しさん@さかまと!

未だにあのイニエスタが日本でプレーしてることが信じられない。
感謝です。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.