特集・コラム・インタビュー

Jを席巻する韓国人GKに代わって、 若手日本人GKが台頭し始めた理由

記事の内容

 突如として、しかも急激に、日本人GKの若返りが進行している。

 今季J1に見られる意外な現象だ。

 J1各クラブでは近年、GKを外国人選手に頼る傾向が強まっていた。昨季J1の全18クラブで主戦GKが外国人選手だったのは、8クラブ。なかでも、韓国人GKが目立つというのが、このところの顕著な傾向だった。

 プロの競争である以上、実力の世界であるべきだ。日本人であろうと、外国人であろうと、力のあるものがポジションを勝ち取る。それは当然のことではある。

 しかし、あまりに日本人GKが劣勢を強いられてしまうと、事態は深刻だ。極端なことを言えば、日本代表の正GKが所属クラブでは控えGK、などという異常事態も起こりうるからだ。

 そんななか、今季J1で起きている"流行"が、若手GKの台頭である。

 ベガルタ仙台の小畑裕馬(18歳)、鹿島アントラーズの沖悠哉(21歳)、湘南ベルマーレの谷晃生(19歳)、清水エスパルスの梅田透吾(20歳)と、今季J1デビューを果たしたばかりの20歳前後のGKが、試合出場を重ねている。

 現段階で正GKの座を手にした感のある沖と谷を除くと、彼らの立場はまだまだ流動的ではある。必ずしも全員がポジションをつかみ取っているわけではない。

 しかし、そうだとしても、経験が重要と言われるGKにおいて、これほど若いGKが相次いで台頭してくるのは珍しい。

 すでに昨季から所属クラブで正GKを務めている、サンフレッチェ広島の大迫敬介(21歳)、サガン鳥栖の高丘陽平(24歳)などを加えれば、若手GKの勢力はさらに拡大する。過去に例がないほどの大きなうねりが、今季J1に起きているのである。

そのひとつの要因として、「GKプロジェクトの成果が出ている」と指摘するのは、サッカー解説者の山本昌邦だ。

 GKプロジェクトとは、世界と対等に戦うためには優れたGKの養成が急務との考えから、日本サッカー協会が1999年にスタートさせたものだ。U-15、U-18を対象にナショナルGKキャンプを毎年開催するなど、強化を続けてきた。前出の梅田や小畑などは、このキャンプの参加経験者である。

 GKは育成年代に専門の指導者が少なく、日本サッカーにとってアキレス腱にもなりかねないポジションだったが、ようやく地道な活動の成果が現れてきたというわけだ。

 また、カテゴリーを問わず、日本にパスをつないで攻撃を組み立てるポゼッション志向のチームが増えたことも、若いGKの台頭を後押しした。山本が続ける。

「例えば、韓国人GKはスーパーセーブが多いし、キックの飛距離も出る。そこは確かにスゴい。でも、日本の若い選手たちは、下(ユース年代)からビルドアップ重視のサッカーをやってきているので、パスワークのスキルがある。左右両足を使えるし、その技術は彼らのほうがあると思う」

 そこに加えて、昨年のルール変更が、さらに流れを加速させた。

 以前のルールでは、ゴールキックは必ずペナルティーエリア外の選手が受ける必要があった。だが、昨年のルール変更で、ペナルティーエリア内の選手にパスすることもできるようになったのである。

 つまり、ゴールキックからパスをつなごうとするときに、相手のプレッシャーを受けにくくなり、攻撃を組み立てやすくなったのだ。Jリーグの試合を見ていても、ゴールキックの際にGKのすぐ脇にDFが立ち、短くパスをつなぐケースが多くなっている。山本が語る。

「ルールが変わったことで、ゴールキックからでも数的有利を作ってビルドアップしていこうぜ、という方向へ世界のサッカーが動いている」

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

J2降格がないのも大きい。
GKに必要な経験を積むためには、今年は大きな一年だよ。
まあ誰も彼も使われることはなく、実力がある程度あり将来性の高い選手しか使わないだろうけど。

 

2:名無しさん@さかまと!

鹿サポですが
沖くん山田くんの二人にはほんとに期待してますけど
まだまだスンテ神、ソガさんにも負けないでほしいと思ってます。
特にスンテの気迫あるセーブはまだ若手二人には無いしそういう姿勢を学びとってほしい。
個人的には飲水タイム、ハーフタイム、そして試合終了後に必ず開催されるスンテによる熱血指導が最近の試合の楽しみですし
まだまだ必要な戦力だと思います。

 

3:名無しさん@さかまと!

馴染みのないGKがちょこちょこ出ているな、と思っていました。その裏にはこんなGKプロジェクトがあったのですね。こういう紹介記事はいいですね。

 

4:名無しさん@さかまと!

どこも経営が大変だから若手を使っている。長い目で見ると外国人を使うより日本の為には良いと思います。

 

5:名無しさん@さかまと!

プロジェクトを始めてから20年か・・・
まず第一世代を育てて、それが指導者側に回ってやっと成果が出たんだな。
長い目で続けることが大事なのね。

 

6:名無しさん@さかまと!

飯倉はその流れでは先駆者にあたるのかもしれないが、時として泣けるほどファンタジーを発揮してくれて、、、GKに必要な要素って何なんだろうと時々考えさせてくれます。

 

7:名無しさん@さかまと!

キーパーに限らず、育成ってのは今その時を判断するのでなく、5年前、10年前と比べてどうなっているかという長い視点が必要だわな。
ドイツだってキーパーはちょっと前まで不人気ポジションだったし、欧州にキーパーコーチって役職が定着し出したのも2000年前後でわりと最近。
遅れているのは事実だが、思っているほど距離は遠くない。

 

8:名無しさん@さかまと!

仰る通りですが、おっさんファンとしてはやはりキーパーはシュートを止めてなんぼ、というイメージもまだあります。日本人の若手キーパーも、足技だけではなく基本的なセービングも上手い選手が沢山いるので、今後が楽しみです。

 

9:名無しさん@さかまと!

ビルドアップやDFラインのカバーリングに秀でたGKが増えている印象は確かに強い。
ただ、GKにとって最も求められる能力は何なのかという話になれば、当然シュートストップやハイボールの処理などだ。そういう部分で外国人GKと互角以上に渡り合える選手はまだまだ少ない気がする。良い傾向はあるものの、未だ日本のウィークポジションとして楽観視はできない。

 

10:名無しさん@さかまと!

今年から鹿島、清水、仙台、湘南、鳥栖がポジショナルプレーを取り入れはじめて去年のマリノスのパク・イルギュや飯倉、大分の高木のように両足でパスが捌けてPAを出てDFラインのパス回しに参加できるGKが必要になってきた。前の世代のGK(韓国人GKを含む)はこのプレーが苦手なので若手GKを抜擢するチームが増えている事情がある。

 

11:名無しさん@さかまと!

岡山のGKポープ・ウィリアムはかなりクオリティの高いGKだと思う。今期の安定感はずば抜けている。彼は将来は代表格になるんじゃないかな。若き日の川島と似たオーラを感じる。

 

12:名無しさん@さかまと!

元々が日本人GKだったクラブが降格がないシーズンに若手に切り替えただけじゃないかな。
この中で昨年外国人GKだったのは鹿島くらいか。
外国人GKの総数はあまりかわってないかと。

 

13:名無しさん@さかまと!

外国籍枠の制度変更も理由にはあるのでは。3+1のアジア枠有効活用で、日本人よりも明らかに優れたFPをAFC圏から連れてくるよりも、GKで枠を使う方が合理的だった。それが5に変更になったことで、その必要性が薄まった。

 

14:名無しさん@さかまと!

サッカー漫画アニメの主人公がキーパーになった世代だから、というのも影響していると思う。イナズマイレブン、遠藤マモル。レベルファイブの功績大。

 

15:名無しさん@さかまと!

川口さん、楢崎さんあたりの代表GKが指導者側に回ってくる時代がきたし、もっと変わるだろうね。
それこそ野球の大谷みたいなクオリティもった選手がGKやる時代がくるかな。

 

16:名無しさん@さかまと!

浦和の鈴木彩艶にベンフィカの小久保。
身体能力の高い若手GKが出てきて、俄然おもしろくなったきた。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.