特集・コラム・インタビュー

【悲報】川崎MF家長昭博「PSGは遊びでやってただけ」

記事の内容

「相手は遊びだったと思う」 川崎MF家長昭博、PSGと互角に渡り合った男が感じた“世界”

 J1川崎フロンターレの元日本代表MF家長昭博は、7月20日に行われたフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)の日本ツアー初戦で前半45分間に出場。チームは1-2で敗れたなか、スター軍団との対戦では対面したポルトガル代表DFヌーノ・メンデスらと互角に渡り合い、「ああいうメンバーとできることはあまりない。ありがたかった」と話した。

【動画】メッシが“右足”で日本ツアー第1号…親善試合・川崎戦ハイライト(1-2)

 川崎はE-1選手権で日本代表に招集されているDF谷口彰悟、DF山根視来、MF脇坂泰斗を除くとほぼベストメンバーを構成。一方のPSGもクリストフ・ガルティエ新監督の下で3バックを採用し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマールの3人がスタメンに揃い踏みした。

 PSGの攻撃回数が多いなかで川崎はカウンターで際どいシーンも作ったが、家長は「本来の形ではなかった。攻撃の機会も多くなかった」と冷静に振り返った。それでも、メンデスを片腕で抑え込んでかわす場面や、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの頭上をハーフボレーで狙うなど存在感を示した。

「相手は遊びだったと思う」と話す家長だが、PSGもベストに近いメンバーを組んだ前半の出場には「ああいうメンバーとできることはあまりない。ありがたかった」とコメント。「世界は広い。彼らも真剣にやったら違うけど、もっと上に行けば真剣勝負ができる。そして、そういう中に遊びがある。それが楽しさにもなる。意表を突かれるような場面もあった。自分たちもそうなれるようになりたい」と、ゴール前でもトリッキーなプレーを入れてくる相手に感じる部分はあったようだ。

 PSGは前半にモロッコ代表DFアクラフ・ハキミがフランス代表FWキリアン・ムバッペのクロスを戻したところを、メッシが右足で蹴り込んでゴール。後半にはメッシ中心の組み立てからMFフアン・ベルナトのラストパスをFWアルノー・カリムエンドが蹴り込んだ。川崎はラスト5分でDF山村和也がコーナーキックの二次攻撃からヘディングシュートを決めたものの1-2で敗れた。

 両チームとも試合の途中でほとんどの選手が入れ替わるような典型的な親善試合だったが、改めてJリーグでも屈指のアタッカーとして君臨する家長はその実力と存在感をピッチで発揮していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ed1ceaf5c3aea8bbb475eda037c8aed38a1f86b

 

1:名無しさん@さかまと!

今の川崎ならボコボコにやられると思ったけど、想像以上にやられたね。

 

2:名無しさん@さかまと!

相手はプレシーズンで選手のコンディションも全然でチームとしてもまだまだなのに差があり過ぎた。

 

3:名無しさん@さかまと!

こっちはシーズン中。個人的にJリーグへの危機感しかなかった。

 

4:名無しさん@さかまと!

家長も自分のプレーを再確認するかのように楽しんでいたから気分転換に良かったのでは。

 

5:名無しさん@さかまと!

大島がいたら家長はもっと楽しめたかもしれない。

 

6:名無しさん@さかまと!

フロンターレも2軍だったしね。 山根、谷口、脇坂抜き、Jリーグにも出たことない選手を使ってたし、鬼木監督は勝とうとせず、経験させるための選手起用でした。

 

7:名無しさん@さかまと!

PSGのプレシーズンマッチ、1試合目のフランス2部クヴィイー戦も観てましたけど、クヴィイーの方がフロンターレより全然強かったですね。

 

8:名無しさん@さかまと!

わざわざ第三GKを出して失点 フランスのサイトでも記者が言ってるけど1点取らせることは決まっていたんだろう

 

9:名無しさん@さかまと!

「相手は遊びだったと思う」。若い女の子の恋愛トークみたいですね。

 

10:名無しさん@さかまと!

典型的なお客さま試合。 ホームに1点取らせて結果は勝ち。 2-1この1点は天と地ほどの差があった。

 


-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.