ニュース

全国高校サッカー選手権、開催へ…分散検討も首都圏で一致、無観客視野

記事の内容

 日本サッカー協会(JFA)と全国高等学校体育連盟(高体連)のサッカー専門部が、今冬の第99回全国高校サッカー選手権大会を開催する方針を固めたことが25日、分かった。今月下旬のオンライン会議で、全国47都道府県協会、各高体連のサッカー専門部と例年通り首都圏開催で合意した。春夏連続で甲子園が中止となるなど新型コロナウイルスの感染拡大は、高校生のスポーツ大会にも大きく影響しているが、サッカー選手権は無観客も視野に感染対策を徹底した上で、開催を目指していく。

 一時は中止の可能性もあった冬の風物詩が、開催されることになった。複数の関係者によると、今月22日にオンラインで行われた全国47都道府県のサッカー協会と、各高体連のサッカー専門部との会議で、予定通り行うことで合意。愛媛や福島など一部の県では日程の関係から既に地方大会が開始されていたが、全国選手権の開催は不透明となっていた。

 大会は、新型コロナウイルスの感染リスクを避けた形での開催を模索する。一部を地方で行う分散開催も検討されたが、例年通り首都圏で開催することで一致。感染症対策として、毎年12月30日に行われている開会式と、同日開催の開幕戦は中止の方向で調整しており、組み合わせ抽選会もオンラインで実施する予定だという。無観客での開催も検討しており、家族や学校関係者の入場を認めるかなど詳細は今後、詰めていくことになる。

 開催に向けて後押しとなったのがJリーグだ。現在、上限5000人(もしくは収容人数の50%以下で少ない方)で観客を入れて試合を開催しているが、会場でクラスター(感染者集団)が発生した事例はない。無観客にすれば、さらにリスクは減ることになる。

 一方でサッカー界ではJ1鳥栖で選手ら関係者12人、島根・立正大淞南高サッカー部で関連も含め107人の感染などが確認されている。そのため、参加する高校生に対して大会前のウイルス検査実施も検討されている。JFAが定めたガイドラインに加えて、宿泊先での注意点などを記した70ページに及ぶJリーグのガイドラインも参考にしていく。大会関係者は「Jリーグの運営は参考になる」と話しており、Jのノウハウを取り入れ、安全に開催できるよう感染症対策を徹底していく方針だ。

 今年は高校野球が春夏共に中止となり、高校総体も開催断念。多くの高校生アスリートの晴れ舞台が奪われた。サッカー界は、高校生の夢を実現させるべく、日本協会とJリーグがタッグを組んで、開催への準備を進めていく。

◆全国高校サッカー選手権大会 1917年度に前身となる日本フットボール優勝大会の第1回が関西で開催された。当初は関西の学校のみの参加だったが、25年度の第9回大会から全国大会となった。76年度の第55回大会から首都圏での開催となった。参加校は、46道府県の各代表と加盟校数が最も多い東京都代表の2校の計48チーム。トーナメント形式で行われ、02年度の第81回大会からは成人の日に決勝が行われる。昨年度の優勝校は静岡学園。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1b4d41739cc56c875a89407cd0cc7581cbefcba6

 

1:名無しさん@さかまと!

主催者にとっては責任を負わない中止が一番楽な判断だと思う。
しかし子供達のことを考え、今できる対策を精一杯して、大人が責任を負って開催する判断をしたこと素晴らしいと思います。
大会運営大変だと思いますが頑張ってください。応援しています。

 

2:名無しさん@さかまと!

どうすれば開催できるかという立ち位置で検討するのはすごくいいこと。開催が近づけば自粛警察が動き出してつぶしにかかるかもしれないけど

 

3:名無しさん@さかまと!

甲子園の開催問題の時は、野球だけが特別という声が多数上がっていました。
ですが、甲子園の交流試合や各都道府県の独自大会として開催した実績があるからこそ、こうしてサッカーも選手権を開催するかという話が出たんだと思っています。
◯◯は特別 ◯◯も自粛しろ という考え方ではなく、それぞれのスポーツごとで開催の有無などを検討して、学生たちをより良い形に導いてあげることが大事だと思います。

 

4:名無しさん@さかまと!

もう完全に収束する事は無いだろう。
いつまでも自粛していれば良いと言う物でも無い。
少しずつ、世間の風潮をインフルなどの疾病と同じ扱いにして行くしか無い。
現実的には、現在も武漢Virusに感染したら会社でも、
地区でも盛大に白い目で見られてしまうのが現状。
下手をすると、会社など潰れてしまう。
この意識を変えられない限りは、どうにもならない。

 

5:名無しさん@さかまと!

コロナの傾向や状況が以前より少しは見えてきた(と思える)今だから、中止ありきではなく、「どうすれば開催できるのか」「何をしたら開催できるのか」という観点で検討ができたのは、とてもすばらしいと思います。
サッカーの場合、この夏に各県で行われた野球の独自大会のように、ギュッとつまった日程で試合を行うことはできないので、予選に時間がかかるでしょうね。できるだけ早い時期に、開催の詳細を決めてほしいなと思います。
高校生を応援するみなさんを応援します。

 

6:名無しさん@さかまと!

近所にサッカー強豪校があるが、子供達が毎日一生懸命練習しているのを見ているので、是非開催してほしい。
すべての競技を少しずつ開催する方法を、大人が考えるべき。

 

7:名無しさん@さかまと!

高校生アスリートにとって観客がいるいないではなくて、都道府県予選を勝ち抜いて全国大会に行くことが誇りであり目標だ。
観客はいるほうがいいが、観客や応援がいなくても大会が開催できることを選ぶので、できるだけ全国大会は開催してほしい。

 

8:名無しさん@さかまと!

開催はいい事だと思う。観客席は保護者や控えの選手を
入れたらいいと思う。ホテルや旅館業界も少しは潤う。
大袈裟に言うと何もしないのが人類の後退につながると思う。
少しづつだけど前へ。たとえ罹っても誹謗中傷はしないでね。

 

9:名無しさん@さかまと!

GoToキャンペーンを実施したり、ハイリスクは避けられないオリンピックは開催を堅持すると言い続け、一方で工夫のしどころによってはできるんじゃないかとも言われてきた高校生たちの大会を中止するというアンバランスが続いていた。子供達にとっては納得できるものではなかったと思う。子どもたちに我慢だけを強いて突き放し、さらに大人のメンツや都合で矛盾を見せつけて不振まで招くのではなく、この国の将来を支える子どもたちにこそ工夫と努力をしてあげる、そんな姿勢が必要なので、選手権開催への努力は素晴らしいと思う。

 

10:名無しさん@さかまと!

ここまでコロナが長引くと、もうこれは1年や2年で完全終息はあり得ないと思う。
まさしく、これからいかにコロナと付き合うかって議論をしないといけない時代だろう。
そう考えると、何でもかんでも中止ではなく、これまでの当たり前だったスタイルを変えていくしかない。
マスク、消毒、3密回避。これをいかに守っていくかが問われる。

 

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.