特集・コラム・インタビュー

長谷部誠がキャリアの終わりに言及も…「今でもサッカーを楽しめている」

記事の内容

 フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が自身のキャリアについて語った。ドイツ『ビルト』が報じた記事を『キッカー日本語版』が伝えている。

 36歳の元日本代表のMFは、2008年に浦和からドイツに渡った。ボルフスブルク、ニュルンベルクでプレーし、14年にフランクフルトに加入。ドイツ生活13年目を迎える。今季をブンデスリーガ最年長選手としてプレーすることになった長谷部。フランクフルトとの契約を2021年まで更新したが、今季が現役最後になる可能性があると記事内では伝えられている。

 長谷部は『ビルト』の取材に対して「僕にとって最悪なのは、観客がいない中でそのときを迎えることです。ファンがいないサッカーは、感情や情熱など多くのものが欠けています。それは寂しいです。もし満員の観衆のいない中で終わりを迎えるとしたら、それはあまりにも残念なことです」とキャリアの終わり方について答えた。

「自分がここで後どれだけプレーさせてもらえるか、それは決められるものではありません。コロナ危機によりクラブの財政は厳しさを増していますからね。僕もこのことについて、いろいろと考えました。」と語りながらも「昨シーズンは、公式戦40試合に出場していますし、そのほとんどが先発でした。また同じようにできない理由は特にないと思います」と述べ、プレーすることへの意欲は衰えていない。

 最後に「ただ、今でも僕はサッカーを楽しめている。まだそれができているということに喜びを感じています」とサッカーをできている日常を噛み締めた。

引用元:

 

1:名無しさん@さかまと!

昨シーズンは途中、長谷部抜きの布陣試してたみたいだけど、結局は長谷部に頼らざる得なかったし、長谷部の引退試合は満員のスタジアムでやって欲しい。今シーズンで引退はない、体のケアは万全にして昨シーズン以上の活躍を期待しています。

 

2:名無しさん@さかまと!

浦和時代のプレースタイルからは今の長谷部を想像できなかったよ。良い意味で。

 

3:名無しさん@さかまと!

レッズにいた頃は、ドリブルが出来て
かなり攻撃的な選手でしたけど
世界には、凄いのが腐るほどいるんですね

 

4:名無しさん@さかまと!

長谷部はいつも整ってるなあ!
将来はブンデスで、監督して欲しい!
スーツでビシっときめて、采配振るう姿が浮かぶ(笑)

 

5:名無しさん@さかまと!

若い頃はめちゃくちゃヤンチャだったのにいつの間にか心を整えてレジェンドになった漢。

 

6:名無しさん@さかまと!

ここまでプレーやポジションが変わっていった選手ってすごい貴重。やらなかったのってCFくらい?GK一瞬やったの懐かしい笑

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.