特集・コラム・インタビュー

【朗報】38歳長谷部誠、日本人初の欧州トップリーグ指導者へ!!!

記事の内容

38歳長谷部誠、なぜ異例の5年契約? 欧州トップリーグで日本人指導者誕生への期待感

 ドイツ1部フランクフルトでプレーする長谷部誠が同クラブとの契約延長を果たした。

 1年ではなく、2027年までの5年契約という驚きの長期契約だ。次の1年間をまず選手として、そして現役引退後は指導者としての契約条項となっている模様。だとしてもキャリア終盤にいる選手とこのような長期契約を結ぶという話は珍しい。

 日本人初となる欧州トップリーグでの監督誕生の可能性に向けて注目も期待も、これまで以上に高まってきているのではないだろうか。欧州トップリーグで活躍する日本人選手は増えてきている一方で、指導者はなかなかそう簡単にはいかない。

 まず現時点で欧州サッカー連盟であるUEFAとアジアサッカー連盟であるAFCとではライセンスにおける互換性で合意に至ってはいない。日本で、あるいはどれだけアジアで結果を残しても、ヨーロッパのトップリーグでチャレンジするチャンスはないのだ。

 それならヨーロッパに渡ってライセンスを獲得してから指導するチャンスを掴むことは可能なのだろうか? 

 これも果てしなく難しい。ドイツを例に挙げると、ブンデスリーガで指揮を執るために必要なプロコーチライセンス(UEFA-S級ライセンス)を所得するのは至難の業なのだ。僕自身、2009年の段階でドイツのA級ライセンスを獲得しているが、その次のステップはいまだにできない。というのも、プロコーチライセンス受講資格として最初に厳しいラインがあるからなのだ。

(1)ブンデスリーガ~3部まででアシスタントコーチ
(2)ブンデスリーガU17、U19チームで監督
(3)女子ブンデスリーガ~2部までで監督 
(4)6部リーグ以上のトップチーム監督
(5)地域トレセン代表

 上記したポストにA級ライセンス所得後、最低1年間従事していたという証明がなければならないわけだが、当然指導者として上を目指す人はまずみなこのポストを目標に動き出す。どれだけの数がいるかというと、A級とプロコーチライセンス所得者が加入できるプロコーチ連盟(BDFL)の会員が現在約5200人。BDFLは加盟が義務ではないので、実数はもっと多いだろう。それだけの指導者がこの若干数のポストを虎視眈々と狙い合っている。

近い将来、長谷部コーチあるいは長谷部監督を取材する日が来るのかもしれない

 この第一関門を潜り抜けた精鋭からさらに選考された25人がプロコーチライセンス講習会に参加できる。それだけではなく、昨年発表された指導者育成システム改革によってさらに難易度が上がったのだ。25人だった参加者は今年16人へ。ドイツサッカー協会の担当者によると12人にまで縮小される予定もあるという。

 これに関しては「プロコーチライセンスを所得し、さらにプロクラブのトップチームで監督としてポストをもらえ、そこから成長していけるだけのポテンシャルがある指導者は限られている。これはこれまでの歴史が示している」というのが理由だそうだ。

 こうしたS級相当ライセンスの毎年の参加人数に関してはUEFAからの指導もあったことでドイツだけではなく、欧州各国が減少傾向にある。これまで以上にプロで監督をやるための条件を整えることは、どの国でも難しくなってきていると言えるのだ。

 逆に言うと、今回の長谷部のようなケースでもない限り、こうした狭き門を突破できる可能性を見出すのは無理なのではないかとさえ思う。それだけに期待が高まるのだ。長谷部なら、ドイツでS級ライセンスを獲得し、プロクラブの指導者としてのキャリアを歩むこともできるのではないかと。

 ブンデスリーガの一流指導者が口を揃えて「本物のプロ選手」「誰にとってもお手本」「指導者としてもやっていける」という言葉を残しているから、信じたくなる。そして長谷部が切り開いた道の先に、「日本人指導者という選択肢もありだな」という流れもくるのではないかという夢も見たくなる。

 ひょっとしたら近い将来、長谷部コーチ、あるいは監督の試合後談話を目的に取材へ行く日が来るのかもしれない。それはとてもワクワクする話ではないか。

 ただ、それは遠くはないかもしれないが、まだまだ先の話。本人の現役への意欲にはいまだ衰えなどないのだから。

フランクフルト最年長出場記録、38歳の長谷部は現在5位 来季2位浮上の可能性も

 契約更改当日に自身のインスタグラムを更新した長谷部は、「ちなみに選手として2023年で引退するということは決定事項ではなく、また来年の春ごろにクラブと話し合って決めることになっています」と説明している。

 フランクフルトの最年長出場記録を見ると、今年1月に38歳となった長谷部はウリ・シュタイン(39歳5か月17日)、リヒャルト・クレス(38歳360日)、オカ・二コロフ(38歳358日)、ルディ・ボマー(38歳256日)に次ぐ歴代5位。来季後半戦に長谷部が1試合でも出場したら、単独2位に浮上することになる。1位のウリ・シュタインがGKなので、フィールドプレーヤーでは最年長出場記録の達成だ。

 そういえば前回契約延長時にこんなことを話していた。

「もう一度CLに出たい。大きな目標ですね」(長谷部)

 たぶんまだ諦めていない。走ることを辞めるつもりはまったくない。選手としてのラストコーナーは曲がっているのは間違いないだろうけど、ゴールテープはまだまだ先にあるかもしれない。

 

1:名無しさん@さかまと!

こういう選手が代表監督になるべきだと思う。
本当の意味での世界の厳しさを知らない監督が代表に起用されている事に違和感を覚えます。
結果が出ていれば文句もないが、今の日本代表レベルからすれば、起こるべきして起こっている当然の結果。
シンプルかつ合理的に起用を考えて欲しい。

 

2:名無しさん@さかまと!

長谷部が欧州クラブで今後指導者としてのキャリアを積んでいくなら、
日本代表監督のポストは逆にあまり魅力的には映らないかもしれない。
収入は微妙で各種プレッシャーはキツく、格も一枚落ちる。

 

3:名無しさん@さかまと!

そりゃ長谷部のように欧州でハイレベルな体験をした選手が
いずれ代表監督になるのが理想だが、それは現時点ではまだ無理な話だろう。
別に森保監督を擁護するわけではないが物事には順番がある。

 

4:名無しさん@さかまと!

選手として世界を知るのと監督として世界を知るのは違うと思います。
欧州で指導者として成功も失敗も経験し十数年後に日本でというのが理想なのかなと。

 

5:名無しさん@さかまと!

ご本人がそもそもフロントなのかピッチサイドで仕事をしたいのか?謎。模索中なのでは。
まして日本代表監督はずいぶん先の話し。
私的には欧州クラブで監督あるいはフロントで活躍されるところを楽しみにしている。
長谷部選手キャプテン時の代表メンバーが今後の日本サッカーを担ってほしい。

 

6:名無しさん@さかまと!

欧州トップリーグで、この年齢までクラブにプレーを望まれる日本人プレーヤーはいない。
そして、コーチ・監督となれば、伝説的な選手となる。
彼の多彩な活躍は将来、必ず日本のサッカーのレベルをさらに引き上げることに貢献するはず。

 

7:名無しさん@さかまと!

日本にいると長谷部選手の活躍の詳細はなかなか知ることが出来ないが、普通に考えても凄い契約延長。

 

8:名無しさん@さかまと!

選手はヨーロッパでも活躍できるようになったが、ヨーロッパでも活躍した日本人が
現地でそのまま監督になるようなことがあれば、
日本サッカープロ化から30年目でのマイルストーンと言える。
30年前に、ワールドカップで3回はグループリーグ突破して、
代表選手の大半が海外リーグで活躍している姿は想像できなかった。

 

9:名無しさん@さかまと!

ブンデスでS級ライセンスを取得して、クラブの監督として、CL に出場するところを見てみたい。
これからの若手が今以上ブンデスで活躍しやすくなると思うし。

 

10:名無しさん@さかまと!

ブンデスでのS級ライセンスの取得がここまで厳しいとは思いませんでした。
将来、長谷部選手の監督やコーチも期待しますが、代表監督も観てみたいです。

 

11:名無しさん@さかまと!

38歳で5年契約を提示してもらえるなんて選手としてはもちろんのこと、
人間性や指導力も評価されているということ。
将来はぜひとも欧州のクラブの監督、いずれは日本代表の監督やって欲しい。

 

12:名無しさん@さかまと!

一応、森保はアンダー世代の代表コーチからスタートして、欧州で修行もしてるんだよ。
サンフレッチェの指揮はその後からだからね。日本人では経験値はかなり高い監督。
長谷部はこれからだし、仮にドイツ国籍だとしても記事通りかなり特殊なキャリアになりそうってこと。

 

13:名無しさん@さかまと!

日本人初の4大リーグでの監督やコーチ
実現したら本当にすごいこと。
藤田俊哉も頑張ってたけど。

 

14:名無しさん@さかまと!

4大リーグクラブでキャリアを積んでいくなら、日本代表監督の話なんて引き受けるのかな。

 

15:名無しさん@さかまと!

長谷部には将来の代表監督を期待してる人も多いと思う。
引退後はまずは海外でコーチ、監督を経験してほしい。

 

16:名無しさん@さかまと!

海外監督経験がある日本人は岡田さん、西野さんなど数少ないので、
母数が増えていけば日本のサッカー文化がより成熟するのではないかと思う。

 

17:名無しさん@さかまと!

中田や俊輔、小野の世代の後で最もヨーロッパで成功している選手だよね。
香川や本田より目立ちはしないけど。
長谷部監督は大いに期待したい。

 

18:名無しさん@さかまと!

指導者としてどこまでかは未知数ですが、あと2.3回先のワールドカップでは代表監督してもらいたい。

 

19:名無しさん@さかまと!

凄いね。実績が重視される海外でこれだけ評価されてるって物凄いことやと思う。

 

20:名無しさん@さかまと!

日本は監督の絶対数が足りていないのでそのままこのシステムを適用するのは難しいが、
監督の教育を担当する役職をJリーグなりJFAに設けてほしい。
ポジショナルプレー、ストーミング、トランジション、アイソレーションみたいな
基本的な戦術概念は浸透した感はあるが、それをチームに落とし込む技術を教える機関は必要。


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.