特集・コラム・インタビュー

“お手本”長谷部誠がいることの恩恵 フランクフルトが「守りづらいチーム」へ進化した理由

記事の内容

課題だった中央からの攻撃が改善

 元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するドイツ1部フランクフルトの調子が上ってきている。シーズン序盤は新監督オリバー・グラスナーの志向するサッカーとこれまでしてきたサッカーとのギャップがうまく埋まらず、どこかもどかしい試合が続いていたが、昨年終盤はあれよあれよと連勝で勝ち点をだいぶ積み重ねることができた。

【動画】「長谷部が突然現れた!」 ブンデス公式が公開したMF長谷部の“スーパークリアTOP5”

 そんなフランクフルトでチーム最年長、いやいやブンデスリーガ最年長の長谷部が、今年も変わらず重要な役割を担っている。この男には限界説なんて通用しない。

 ここ最近のフランクフルトの攻撃を見ていると長谷部からの縦パスを起点に攻撃が加速度を増してゴール方向へつながっていく頻度が相当増えてきている。

 この数年間常々に口にしていたことだ。

「真ん中からの攻撃が……」

 システムを変え、布陣を変え、やり方を変えてもここだけはなかなか改善されないでいたものが、ここにきて非常にうまく機能するようになっている。取り組みの継続性が実を結び出している。

 本来中央からの攻撃は相手も警戒レベル最大で守ってくるので、ボールロストの危険性も高くなる。不用意なチャレンジは相手カウンターへのプレゼントとなってしまう。でもそこをうまくかいくぐることができれば、その眼前にはビッグチャンスへの橋がかかっているのだ。

 ミスは許されないけど、状況を作り出してパスを送ることができたら、というリスクマネジメントを丁寧にしながら、長谷部がゲームをコントロールしていく。「どうしたらいいの?」とピッチ上で迷子になることなく、意図をもって横や斜めにドリブルをしながら、常に中継点を視野に入れている。相手がカバーしてないパスコースを残しながら、ドリブルで運ぶ。そして相手がずれた瞬間を見逃さずに鋭く正確なパスを届けてしまう。

 近くの味方にボールを預けるのではなく、相手の守備の何枚も越えた先にいる仲間へとパスを送る。つなぐためのパスではないから、ミスになることもある。味方との意思の疎通がずれて、ボールがそのままサイドラインを割ってしまうことだってある。でも、そうした仕掛けがあるからこそ、フランクフルトの攻撃はどんどんバリエーションが増えてきているし、相手にとっては守りづらいチームになってきているのだ。

長谷部が常に考える「今、自分とチームは何をすべきか」

 さらに、長谷部は味方選手へ確かなメッセージを送り続けている。あれはヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節ロイヤル・アントワープ(ベルギー)戦だったか。こんなシーンがあった。相手のロビングボールを柔らかなトラップで懐に収めた長谷部が近くへサポートに来ていたDFエバン・ンディッカへボールを渡した。ンディッカがそのままGKへバックパスを返そうとすると、長谷部がこれを大きなジェスチャーと声でストップ。「相手のプレスもない状況で意味もなく下げるんじゃない!」というメッセージだった。

 GKへパスを戻すと自分たちの組織を作り直す時間ができる。でも、それは同時に相手にも帰陣の時間を許すことになる。ある程度自分たちの組織が整っているなら、不用意に下げずに攻撃的な選択肢を持たないといつまで経っても状況は変わらないのだから。

 酸いも甘いも噛み分けることが経験のなす業だとされるが、長谷部はいつでも「今、自分は、自分たちは何をすべきか」を考え続けている。どれだけ感情的なシーンでも、それに流されないように。前述したロイヤル・アントワープ戦では1-2と相手にリードを許してしまう苦しい展開だったが、アディショナルタイムにMFフィリップ・コスティッチのクロスを途中出場のFWゴンザロ・パシエンシアがヘディングで合わせて土壇場での同点ゴール。歓喜爆発の瞬間だが、そんな時でも長谷部はゴールの瞬間だけ喜ぶとすぐにベンチに走り、オリバー・グラスナー監督と言葉を交わしていた。アシスタントコーチもベンチを出てきて言葉を交える。残り時間どうプレーをするのかの確認だ。まだ試合は終わっていない。喜ぶのも悔しがるのも試合が終わってからすればいい。最後までやるべきプレーを追及する。

 長谷部の立ち振る舞いすべてが若手選手にとって貴重な学びとなっていることだろう。そんな存在がチームにいることがどれだけ大きな助けとなるか。グラスナー監督からは称賛の言葉ばかりが聞こえるがそれは決してリップサービスなどではない。どこまで行くのだろう。2022年も間違いなく目が離せない。

 

1:名無しさん@さかまと!

この年齢までこれだけ長く海外で使ってもらえるって…すごいよな。
身体のケアも大変だろうと思う。怪我もあったし。

 

2:名無しさん@さかまと!

長谷部の縦パスの受け手が毎回鎌田な印象なんだけど、もし鎌田が移籍したら長谷部の鋭くて速い鬼縦パスを誰が受けることになるんだろう

 

3:名無しさん@さかまと!

この歳まで活躍して、心を整えることの重要性を体現してますね。

 

4:名無しさん@さかまと!

ピッチ上にも監督がいるんか。
そりゃあ強い。

 

5:名無しさん@さかまと!

日本人が指導者として海外で活躍してほしい

 

6:名無しさん@さかまと!

フランクフルトのレジェンド

 

7:名無しさん@さかまと!

ブンデスでこの存在感。代表で遠藤とのコンビ、観てみたいな。

 

8:名無しさん@さかまと!

大袈裟だけど日本人では珍しくメッシやロナウドのように長きに渡りチームの要として素晴らしい活躍をしている。
それも欧州トップリーグで。それを考えると日本人歴代最高と言ってもいいレベル。

 

9:名無しさん@さかまと!

正直、長谷部を過小評価していた。
少なくとも主要リーグで、この年齢までやれる選手とは思ってなかった

 

10:名無しさん@さかまと!

序盤はベンチが多いけど、気づけば実力で黙らせてるのがホントにカッコイイ

 

11:名無しさん@さかまと!

代表引退という英断もあると思う。
コンディション調整に明らかにプラスだし
現代表監督みたいに招集したけど起用しない
なんてやられたらメンタルにまで悪影響。

 

12:名無しさん@さかまと!

主役ではないと思う
長谷部はあくまで黒子で、チームを支える選手
30代後半からの毎年の活躍は痛快そのもの

 

13:名無しさん@さかまと!

毎回の様に開幕ではスタメン外され、チームが停滞し、長谷部が出場し始めると勝ち出すお決まりコース。

 

14:名無しさん@さかまと!

身体では無く、クレバーな頭でチームに落ち着きをもたらし試合を創る。選手としての晩年をこんな形で迎えるとはホントに思わなかった。

 

15:名無しさん@さかまと!

来季の契約延長の話もあるみたいだし、納得いくまでは選手として頑張って欲しい。

 

16:名無しさん@さかまと!

ドイツでのコーチ学も少しずつ始まってるようだし、引退後の活躍もホントに楽しみ

 

17:名無しさん@さかまと!

浦和時代のプレースタイルのまま向こうで大成してほしかったけど、もしそうだったらとっくに引退してただろうな

 

18:名無しさん@さかまと!

代表引退したことが大きいんだろうな

 



-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.