特集・コラム・インタビュー

「我々はハラを追っていた」アラベスはなぜ原大智を獲得したのか? イストラ同僚も驚いたポテンシャル

記事の内容

「大きなポテンシャルを持った若者」とSDも太鼓判

 タイチ・ハラ(原大智)のアラベス入団の報は、地元ビトリアで驚きと期待を持って受け止められた。

 アラベスは2016年夏に昇格して以来、21-22シーズンで、6シーズン連続で1部を戦う。これはクラブ史上最長の記録だ。

 昨シーズンは序盤から苦戦を強いられ、2度の監督交代を経て、最後のラストスパートにモノをいわせ滑り込みで残留を果たした。そのチームの屋台骨を背負ってきたのが過去2シーズン、ラ・リーガにおけるチーム総得点70のうちの37得点を叩き出したホセルとルーカス・ペレスのFWコンビだ。

 もっとも、それは2人に対する依存度の高さの裏返しでもあり、前線の強化は今夏の重要ポイントだった。そこで白羽の矢が立てられたのがNKイストラに在籍していたハラだった。

 とはいえ目立った活躍を見せていたと言っても、しょせんはクロアチアの中堅クラブでの話だ。今回のオペレーションの背景には、アラベスを経営するバスコニア=アラベス・グループが株式の85パーセントを取得してイストラの所有者になった3年前の買収劇がある。近年は両クラブの間で選手が頻繁に行き来しており、ハラも今年2月にイストラに加入して以来、アラベスのレーダーに捉えられていた。

 入団したと言っても、それがすなわちハラが新シーズン、アラベスでプレーすると決定したわけではない。先日、ラ・リーガの21-22シーズンの日程が発表され、アラベスは開幕節でレアル・マドリーとのホームゲームを戦うことが決まったが、その時にハラがチームの一員であり続けているかどうかは現時点では不透明だ。去就問題が宙に浮いたままその一戦を迎える可能性もある。

 クラブのSD(スポーツディレクター)のセルヒオ・フェルナンデスはこう明言する。

「われわれはハラを追っていた。大きなポテンシャルを持った若者だと考えた。プレシーズンに帯同させ、そこでプレーを見て、現在のレベルをチェックしたい。ハビエル・カジェハ監督が最終的に判断することになる」

 ハラにとって心強いのは、セルヒオ・フェルナンデスがイストラでの活躍を高く評価している点だ。公式戦18試合に出場し8得点をマーク。チャンピオンズ・リーグの常連である強豪、ディナモ・ザグレブとの顔合わせとなったクロアチアカップでの決勝(ディナモが6-3で勝利)では2得点を奪っている。

「長身らしからぬテクニシャン」と元同僚も称賛

 アラベスのカンテラ出身で、ハラとは逆のルートでイストラに渡ったエイナル・ガリレアは、その活躍ぶりについてこう評価する。

「彼の入団は僕たちにとってサプライズだった。だから最初は試合に出るまで時間がかかると思っていた。ましてやコロナ禍の難しい時期だ。でも彼は驚くほどスムーズにチームに適応した。英語すら話せないにもかかわらずね」

 ガリレアはハラのプレーについてこう分析する。「足下の技術に優れている。長身らしからぬテクニシャンだね。左右両足からシュートを繰り出せるのも、そうした彼の特徴だ。得点力もある。近くでプレーを見ればその良さはすぐに分かる。僕の場合もそうだった」
 
 アラベスは伝統的にポストワークを得意とするFWが重用される傾向が強いが、ハラは高さに特化しない幅広い働きができる点が強みと言えそうだ。ただ、まだ22歳と伸び盛りで、アラベスもベンチに置き続けるなら、レンタル修行に出したほうが得策と考えている。

 S・フェルナンデスの次の言葉がそれを裏付ける。「今のハラに何より必要なのはプレータイムだ。多くの試合に出場して、ヨーロッパのサッカーへの知識をより深めなければならない。オプションはいくつかある。全てはプレシーズンでプレーを見てからだ」

 ガリレアもセルヒオ・フェルナンデスに同調する。「これからもっと経験を積んで、最適な身体の使い方を覚えることができれば、とても面白い存在になる。もちろんラ・リーガでもね」

 ハラはアラベスと2023年6月まで契約を結んだ。今夏トップチームの椅子を勝ち取ることができれば、タカシ・イヌイ(乾貴士)に続いてアラベスでは2人目の日本人選手誕生となるが、ハラが実力をアピールする期間は少なくとも2年間ある。

 

1:名無しさん@さかまと!

日本人の若手が無料で取れるとなったらそりゃ宝くじみたいな感覚で獲る。
代理人が本田圭佑兄だし代理人手数料もミランの時みたく割安で移籍金がゼロ、
うまくいかなくても最悪日本のクラブが移籍金orレンタル料払ってとってくれるから
ノーリスク、ハイリターンという認識じゃないかと思います。
リーガとセリエAは外国人枠が南米やアフリカの選手と争う選手個人の力だけではなく
今は代理人と出場契約も含めての総力戦という政治力もある。
原大智選手がどういうキャリアを描いてるかはわかりませんが若い時こそ良いクラブではなく
経験値を出場して貯めるクラブに所属して活躍してほしい気持ちです。

 

2:名無しさん@さかまと!

マニアックな人選だよね。フリートランスファーだから、本当に価値を認めてるかは分からん。
試しに使ってみてうまく行けば将来高く売れるかも知れないし、というビジネスサイドの理由での獲得かな。

 

3:名無しさん@さかまと!

4年後にセリエに移籍でも出来たら大出世だな
ガンガン体でかくしろ

 

4:名無しさん@さかまと!

彼、カップ戦で爆発してたけどどちらかというと、ポストプレーよりも飛び込んで行くプレーで得点してるの多いよね。
身体の大きさで日本だとすぐポスト役に挙げられちゃうけど、個人的に大迫のイメージとは全く違うタイプだと思う。
今度はコンスタントに得点できるといいね。

 

5:名無しさん@さかまと!

移籍当初、リーグのレベルがどーたらとかいうニワカアンチが沢山いました。
しかし、本人は夢に向かって一所懸命やりました。
その結果が今回の移籍っていう評価です。

 

6:名無しさん@さかまと!

誰が化けて成功するかなんて誰にも分からない。
原大智は他の殆どの日本人選手がどんなに努力しても手に入らない191cm 84kgの大きな体を持っている。これは強みになり得る。
過去、190cm前後の大型日本人FWで 4大リーグで活躍した選手は誰も居ない。
セグンダB(実質3部)では20ゴールした指宿もラ・リーガ(1部)では10分も試合に出られなかった。壁は高い。
試合に出られるように頑張れ~

 

7:名無しさん@さかまと!

まずは物怖じせず思い切りやって欲しい。結果レンタルで出されたとしてもそこで結果出せばいい。
ポストプレーヤーは日本で一番薄いポジションだけに大迫に続いて上がって来て欲しい。

 

8:名無しさん@さかまと!

レンタル出されると思ってたけど、練習に参加させてもらえてるならアラベスでプレーするチャンスもあるのかな
自分自身で掴み取ったチャンスだし、なんとしても活かして欲しい

 

9:名無しさん@さかまと!

彼は体格のデカさを生かしたポストだけでなく、足下も非常に巧みでテクニカルなプレーもできる、日本にはなかなかいなかったタイプのプレーヤーという印象です。
大化けする可能性は大いにあると思います。

 

10:名無しさん@さかまと!

世界で活躍できるFWになるにはどうしたら良いか。
答えはないけど、しっかりと見据えてるのが頼もしい。
期待してるよ!!

 


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.