移籍・契約関連情報

ドイツ代表レーヴ監督、EURO2020終了後の退任が決定…15年続いた長期政権に幕

記事の内容

 ドイツサッカー連盟(DFB)は9日、同国代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督が今夏に行われるEURO2020終了後に代表監督を退任すると発表した。

 レーヴ監督の契約は2022年のFIFAワールドカップ カタール終了までとなっていた。発表によると、同監督からEURO2020終了後に退任したいとの申し出があり、DFBがこれに同意した。

 現在61歳のレーヴ監督は2004年夏にドイツ代表のアシスタントコーチに就任し、2006年7月からユルゲン・クリンスマン前監督の後任を務めている。約15年間で188試合の指揮をとり、120勝37分31敗を記録している。2014年のブラジルW杯では世界制覇に導いたが、王者として臨んだ2018年のロシアW杯ではメキシコと韓国に敗れて屈辱のグループ最下位で敗退。その後は、トーマス・ミュラー(バイエルン)らを外して世代交代によるチーム再建を行ってきたが、思うような結果は出ておらず、UEFAネーションズリーグでも2大会連続で決勝ラウンド進出を逃していた。

 レーヴ氏は発表に際してDFBの公式サイトを通じてコメントし、「誇りと感謝の気持ちを胸にこの一歩を踏み出すと同時に、次のEUROに向けてのモチベーションも高まっている。誇りに思うのは、自分の国に関わることはとても特別なことであり、名誉なことだからだ。私は彼らと偉大な勝利と痛みを伴う敗北を共有しているが、何よりも多くの素晴らしい、魔法のような瞬間を共有している。私とチームに最適な労働環境を提供してくれたDFBには、今でも感謝している」と感謝を綴った。

 ドイツ代表はEURO2020のグループステージで、ポルトガル代表、フランス代表、ハンガリー代表と戦う。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

いくらなんでも15年は長すぎた。近年の体たらくで評価が下がりまくってるけど、
W杯でドイツを世界一に導いた功績が色褪せることはない。
今度のEUROでなんとか結果を出して花道を飾ってもらいたい。

 

2:名無しさん@さかまと!

2014年は凶悪なほとドイツは強かったな。
そんな強いドイツもかつては全くイタリアに勝てなかったり、
あるいはロシアでは韓国にやられたりと脆さをみせた。強さを持ち続けるのは難しい。

 

3:名無しさん@さかまと!

優勝は14年の時だけだけどドイツでの母国開催含めて3大会連続ベスト4残ってるし、
確かにその頃は若手が育って良い選手が沢山いたのもある。
でも限られた中でしか召集出来ないのに連続ベスト4に残るのは評価されるべき。
近年はやはり長期政権でマンネリ化が止まらなかったね、お疲れ様でした。

 

4:名無しさん@さかまと!

15年ほどの長期政権は世界的にもそう多くはない。よくこれだけ続けたよ。
長く続ければ良い部分も悪い部分もたくさんあろうが、総じて素晴らしい監督だったと思うよ。
W杯の結果だけを見ても大したものだ。

 

5:名無しさん@さかまと!

この人をはじめ
「長期政権」な監督を見ると
少なくとも成績上の
「監督を続ける/続けないの境界線」
をどこに置くべきか、考えさせられる。

 

6:名無しさん@さかまと!

これはドイツ代表にとって良いことだと思う。
決してレーヴが悪い監督だったと言うことではなく、むしろW杯を制することが出来たのは彼の力も大きい。
ここ最近のドイツを見たらこの決断はもう少し早くしてもよかったとは思うが...

 

7:名無しさん@さかまと!

15年間も代表監督をやってたのは凄いと思います。
ブラジルワールドカップまでは無敵の存在でしたよ。

 

8:名無しさん@さかまと!

15年とは代表監督としては異例の長期政権でしたね。
あとは元デンマーク代表監督のオルセンさん位でしょうか?
ロシアW杯の歴史的惨敗は汚点になってしまったけど
それまでW杯・EURO合わせてベスト4以上をずっと続けてきた、
その実績は色褪せません。
最後の戦いで集大成を期待します。

 

9:名無しさん@さかまと!

レーヴ監督15年も指揮してたんだな。これまでさまざまなタイトルを取ってるし実績は申し分ない監督。
長期政権は確かにマンネリ化はしちゃうんだろうけどそれでもここまで続いたのは素晴らしいと思う。
次の監督はどんな監督になるのかはわからないけどレーヴ監督残りの代表監督が素晴らしい結果で終われるのを祈ってます。
個人的にこの監督好きだったな。

 

10:名無しさん@さかまと!

本当にレーブ全盛期は強かったからやっぱり残念だなぁ。
韓国にあんな負け方したり、ミュラーやボアテングを追放したり、
仕方ないのかもしれないけどなんとか最後を優勝という形で終わってほしい

 

11:名無しさん@さかまと!

ロシアワールドカップでは調子良かったテア・シュテーゲンではなく故障明けのノイアーを起用したり、ミュラーらベテランに代表引退勧告したり、
ここ数年は結果が出ないこともあり選手と軋轢を生むような感じだったし、復活のためにはそろそろ潮時ではあるよね。
とはいえワールドカップ優勝監督という功績はドイツ国民も忘れないでしょう。

 

12:名無しさん@さかまと!

現世界王者フランスと絶好調のBフェルナンデス、ロナウド、シウバ等、錚々たるメンバーを揃えるポルトガルの前には
今のドイツが勝つのは厳しいと思う反面、
ハフェルツやヴェルナー等、今後期待出来る若手もたくさんいるから楽しみ。

 

13:名無しさん@さかまと!

2018年のW杯まではドイツの代表戦は予選も含めて毎試合観るくらい好きだったけど、
16年のEURO(シュヴァインシュタイガーが代表引退して)以降は何かチグハグ感があったな。
ミュラーやボアテングが外されて世代交代も進んだけど、活躍してるのはキミッヒくらいで、他はなんかイマイチなんだよなぁ…。
ヴェルナーもポジションが違うせいかクラブに比べるとパッとしないし。

 

14:名無しさん@さかまと!

「フットボールとは、22人がボールを奪い合い、最後はドイツが勝つスポーツ」
この名言になぞられるように、本当になんだかんだ結局勝つって印象でした。
ただし、ロシアW杯が開幕するまでは。

 

15:名無しさん@さかまと!

やっと終わるのか…。次のドイツの監督はニュース通りに行くとクロップになるのかな?
そしてリヴァプールの監督がジェラードになるのかな?ってなると玉突き交代が起こりそうだな。

 

16:名無しさん@さかまと!

ロシアワールドカップで退任でも良かった気がする。世代交代かもしれないけどミュラーとかを断固外したのは納得できなかった。でも全盛期は本当に凄かった。お疲れ様でした。

 

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.