特集・コラム・インタビュー

セルティック古橋亨梧の“ACLツイート”が思わぬ形で脚光? 監督や前田大然との関係に現地注目

記事の内容

古巣・神戸のACLベスト8進出を喜んだ古橋、監督や前田の古巣・横浜FMを撃破

 スコットランド1部セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧は、8月18日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16で、ヴィッセル神戸が横浜F・マリノスに3-2で勝利した結果を受けて、自身のツイッターに両手を挙げて喜ぶ絵文字を4つ並べて、古巣の勝利を喜んだ。このツイートが、横浜FM出身のアンジェ・ポステコグルー監督とFW前田大然との不和を招くのではないかと現地メディアに指摘された古橋は、冗談交じりに釈明をしている。スコットランドメディア「スコッツマン」が報じた。

 今シーズン、Jリーグでは苦戦が続いている神戸だが、ACLでは横浜FMを破り、ベスト8進出を決めた。勝利を報じた古巣の公式ツイートを引用する形で、ベスト8進出を喜んだ古橋は、監督や前田大然を逆なでしなかったかと問われると、笑いながら答えたという。

「確かに、彼らはマリノス出身だったね! そうだな、何て言えばいいんだろう。ちょっと複雑なんだ。とにかく、試合はとても良い試合で、最後の瞬間までどちらが勝つか、分からなかった。マリノスも勝つ可能性があったけれど、それがサッカーだ。とてもエキサイティングな試合だったし、試合を見てモチベーションが上がったし、セルティックのプレーにも参考になった」と、切り返した。

 今シーズン、すでにリーグ戦で2ゴールを挙げている古橋は、開幕前に20得点をシーズンの目標に掲げていたが、あくまでそれは最低限の目標であることを強調している。「最低でも20得点を挙げたい。そして、多くの試合に出場できれば、シーズン25得点、30得点と重ねていきたい」と、今季のゴールラッシュに意気込んでいる。

 8月21日に予定されている第4節のハーツ戦でも、先発出場が有力視される古橋。現在ハーツ戦は、2試合連続でゴールを挙げている古橋だが、神戸のACLベスト8進出に刺激を受けた古橋は、この試合でも3試合連続となるゴールを決めることができるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d80ae9ec3c4ef0bba1b6a02ef3d6ef38114c788f

 

1:名無しさん@さかまと!

これは海外のサッカー熱と日本人との違いの話でもある。向こうは色んな意味でガチ。生活や人生にサッカーが占めてる部分がデカい。

 

2:名無しさん@さかまと!

古橋がマリノスにいたのならともかく、チームメイトに元マリノスの人がいただけなら、そんなに問題でもないでしょ。

 

3:名無しさん@さかまと!

古橋選手は古巣のFC岐阜やヴィッセル神戸について気にかけてくれてるだけですよ。

 

4:名無しさん@さかまと!

どこに問題が有るのかな?古巣の勝利を喜んだだけ

 

5:名無しさん@さかまと!

波紋?現地注目?誰も気にしていないと思うよ。
この記事には悪意しか感じない。

 

6:名無しさん@さかまと!

確かにセルティックサポとレンジャースサポの煽り合いには殺気を感じるもんね。

 

7:名無しさん@さかまと!

そんなに狭量じゃないと思うぞ

 

8:名無しさん@さかまと!

ヨーロッパだとバチバチなのかもしれないが日本は違いますからね。
文化の違いですね。
ポ・ステコグルーがどう思ってるかは知りませんが。

 

9:名無しさん@さかまと!

自分の古巣応援しただけだろ

 

10:名無しさん@さかまと!

問題が起きるわけが無いw

 


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.