未分類

海外助っ人MF、日本人選手に衝撃「感銘を受けた」 母国との「大きな違い」も指摘

記事の内容

今季から鹿島加入のブラジル人MFファン・アラーノが母国との違いに言及

 今季からJ1鹿島アントラーズに加入したブラジル人MFファン・アラーノは、母国メディアで日本サッカーについて触れ、「技術的なクオリティーに感銘を受けた」と明かしつつ「ブラジルとの大きな違い」を指摘している。ブラジルメディア「UOLエスポルチ」が報じた。

 現在23歳のファン・アラーノは、母国のインテルナシオナルの下部組織からトップチームへ昇格。2019年にコリチーバへ期限付き移籍し、今年から鹿島へ完全移籍で加わった。

 海外初挑戦となるブラジル人MFは日本のサッカーについて触れ、「試合のダイナミックさとスピードは、間違いなく日本のほうが上回っている。日本人は速く、ゲームもスピードも速い。彼らの支配力とパスは非常に優れている」と感じたという。さらに驚きだったというのが、日本人プレーヤーの技術力の高さだったようだ。

「ここに来た時、日本人の技術的なクオリティーに感銘を受けたよ。戦術的に足りないところもあるけど、ゲームのダイナミックさは優れている。日本人は非常に集中力があり、基本がしっかりしている」

 日本とブラジルのサッカーにおける決定的な違いについて、ファン・アラーノは“即興性”を挙げている。「日本では即興的なプレーが見られない。これはブラジルとの大きな違いだ」と指摘した。もっとも、それは日本人の技術力が高いからこそだと分析しており、「彼らは優れたパスと支配力を持っているから、それをやり続けるんだ。シンプルで簡単なプレーをね」と説明している。

 ファン・アラーノは、2月16日のルヴァンカップ初戦・名古屋グランパス戦(0-1)、同23日のJ1リーグ開幕節・サンフレッチェ広島戦(0-3)と2試合連続スタメン出場。チームは公式戦連敗を喫したが、新天地での適応を図るブラジル人MFはシーズンを通して活躍する姿を見せてくれそうだ。

Football ZONE web編集部

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200521-00262940-soccermzw-socc

1:名無しさん@さかまと!

技術が平均的に高いのは事実だろう。が、ネイマールレベルが生まれるわけでもなく、
ある意味技術の高さゆえのしっかりした攻めがあるから意外性のある攻撃は少ないかもね。だから読みやすいと…

 

2:名無しさん@さかまと!

まさに。
流動的なサッカーで一番必要なのは、即興性とそれをチームが同じ感覚になれるか。
これが一番難しい。
言われたことを黙々と従順にこなし、ひとりで物事を考え、決定する事が苦手な日本人が最も苦手な部分。
サッカーは国民性がとても良く表れるから面白い。

 

3:名無しさん@さかまと!

日本人選手の技術が高いということは以前からも言われていること。即興性かぁ。
アイデア、ひらめき、応用性ってとこですか?日本が最も苦手とするところですね。
だけどなかなかうまくいかない、難しいのがまたサッカーの面白いところなんだよね。

 

4:名無しさん@さかまと!

すごい的確な意見だと思うなぁ。
けれど即興性を日本人に求めても結局成果はないと思う。
けれど海外に出た選手、もしくは海外で育った選手はこの要素を持ってくる可能性がある。
それらが上手く混在してくれた状態が理想なような気がする。

 

5:名無しさん@さかまと!

的確な意見だと思う。一方で特にオフェンスの助っ人外国人に期待されるのは、
日本の組織だったプレイを崩さないレベルの順応、さらにその中で即興性のあるプレイを出すこと。
前者ができないとチームにフィットしない…となるし、
後者ができないと日本人選手で代替した方がいいとなりかねないから、難しいよね。

 

6:名無しさん@さかまと!

なかなか的を得てますね。このような洞察力のある方の将来が楽しみです。
これはフットボールに限ったことではありませんが、日本の教育を変えていかないといけませんね。
クリエイティブな動き、想像力、発想、特に創造力の部分を強化するのがこれからの課題でしょう。
まぁ、日本の場合においては少なくとも幼少期から自分で考えて自分の意見、アイデアをハッキリ表現する訓練が不可欠だと思います。

 

7:名無しさん@さかまと!

日本人の気質として基本に忠実で基礎を積み上げる事に美徳を感じる部分があるので
トリッキーなプレーに対してはリスクを感じてチャレンジしない理由でもあるのかな

国民性が良い方にも悪い方にも作用している感じですね

 

8:名無しさん@さかまと!

海外からしたら、海外でプレーしてる日本人選手以外はたいしたことないと思ってると思う。
来てからビックリって皆さん言われますし、
昔のJリーグと違って大活躍できる助っ人外国人てビジャやイニエスタみたいな一握りの選手だと思う。

 

9:名無しさん@さかまと!

確かに、即興性が感じられる日本人プレーヤーって過去を遡っても僅かですね。
総じて基本技術のベースは高いのだろうけど、サッカーの魅力としてファンタジーを感じさせるようなプレーが華だから、
そこが薄いのがもう一歩なのかなと。あとはメリハリに乏しいところかな。ハイペース一辺倒な感じ。
世界のトップクラスになると、メリハリがあってゆっくりからのスイッチ入った時のスピードがとんでもなかったり…
W杯ベルギー戦でやられたカウンターが象徴的。

とはいえ、日本サッカーがここまで来るとは、30年前には想像すら出来なかった。夢のようです。

 

10:名無しさん@さかまと!

運動量と攻守の切り替わりの多さは世界1かもしれない
半面リスクを回避する傾向が強くて無難なプレイを選び勝ちな面もある
かといって退屈ではなくてチームとしては魅力的なプレイをしてるチームが多いと思う

 

11:名無しさん@さかまと!

即興性と言うか意外性だね。

守備は相手の出方をある程度予測するものだけど、
まったく予測していない事には対応が遅れる。

外国人選手の感性がそのギャップを生み出す事は多いよね。

 

12:名無しさん@さかまと!

「力になってあげよう」という意識で来ることが多い王国からの助っ人の中で、
上からではなくこんな素直に日本人のことを評価し指摘してくれることがまず嬉しい。

 

13:名無しさん@さかまと!

パスやゲーム展開は速いけれど緩急がないのでディフェンスが崩せず相手フィールドで停滞する。
また流れが速すぎてシュートが枠におさまらない。大昔から課題は変わらないみたいだ

 

14:名無しさん@さかまと!

それぞれの国民に特徴が有り、強みも弱みもあります。当たり前だけど、
その強みを生かす戦略と戦術を組み立てられるかが肝心なんでしょうね。
その戦略があっての選手選抜と強化プランが今あるのかな?

 

15:名無しさん@さかまと!

即興性に関しては課題だよね
中島翔哉が今のところ日本では近い感性を持ってる選手
楽しんでプレーする
もし身に付けるならこれが一番の近道に感じる。

 

16:名無しさん@さかまと!

即興性か…端的にそうなんだろうね。
他の球技でも言えると思う。

言われた事はできる、というか言われたことしかさせて貰えない環境が多いのかな。
他律的というのか

 

17:名無しさん@さかまと!

性格的には日本に順応しそうだね。
鹿島も外国人抜きで勝てるほどの選手層ではないからぜひ頑張ってくれ!

 

18:名無しさん@さかまと!

「平均点は高いんだけと…」というメッセージを裏読みした方がよい。
70点の選手は多いが、95点100点の選手も生まれにくいだろうね。

 

19:名無しさん@さかまと!

ありがとう

でも日本人より高い技術と、強靭なフィジカル、勝者のメンタリティを合わせ持つのがブラジル人

 

20:名無しさん@さかまと!

指摘されている戦術と即興性が日本のレベルを更に押し上げるためのポイントなんだろうね。

RSS フットボールアンテナ

-未分類
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.