特集・コラム・インタビュー

田中碧は「神出鬼没、縦横無尽」 ついに現れた“走攻守”ハイレベルな日本人MF

記事の内容

【識者コラム】凄みを増す東京五輪世代、攻守が入れ替わった瞬間のスプリントが恐ろしく速い

 Jリーグで活躍する“東京五輪世代”の若者が一段と凄みを増している。連覇を狙う川崎フロンターレのMF田中碧だ。

 昨シーズンは初のJ1ベストイレブンを受賞。国内屈指のMFとして評価を高めるや、息つく間もなく、さらなる高みへまっしぐらである。もう、開幕戦から日の出の勢い。ピッチの上で圧倒的な存在感を放っている。

 ポジションは中盤の左インサイドだが、実際の動きは神出鬼没、縦横無尽。もっと極端な言い方をすれば“ボールあるところに田中あり”である。無論、攻守を問わず、だ。

 この人のプレーを見るにつけ、ついに日本にもこんな選手が現れたか――という思いに駆られる。中盤の担い手と言えば、大きく攻撃型と守備型に二分されてきた。攻撃力を優先すれば守備力が足りず、逆もまた然りという具合に。だが、田中は違う。

 走攻守のどれを取っても穴らしい穴がない。フロンターレ仕込みの高い技術を備え、ボールの回収からプレス回避、配球、崩しの仕掛けと支援、さらにはフィニッシュに至るまで、なんでもハイレベルにやってのける。そんな若者が、これでもかと走りまくっているわけだ。

 走る、走る。とにかく走る。

 連戦だろうが、関係ない。攻めに、守りに、走り回る。川崎は開幕戦から5連勝を飾ったが、田中は5試合中4試合でチーム内トップの走行距離を記録。もっとも、この数字は歩いていても伸びる。田中の凄みは攻守が入れ替わった瞬間のスプリントだ。攻から守、守から攻へのトランジションが恐ろしく速い。

 そのうえ、当たりに強い。たちまち球際勝負に持ち込んで、やすやすとボールを刈り取っていく。そこから、すかさず味方にパスをつないで前へ出る。休まず走る。これでもう、相手は置き去りだ。強度の高いプレーの連続についていけないからである。

 攻めに回った際の武器も多彩。ボックス内に走り込んでのフィニッシュ、ボックスの外から放つミドルの一撃に加え、右サイドに移動して崩しの仕掛けにコミットする動きが際立つようになった。ハーフスペースあたりからサイド裏に走り抜けて縦パスを引き出し、高速クロスを放つ姿はさながらケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)風。これが川崎の重要な攻め手になっているのだ。

ピッチ上で笑顔が絶えないのは充実一途の証

 いや、前へ出るばかりじゃない。敵のボールが通過すれば、サボらず戻る。この追走劇がまた秀逸だ。全速力で帰り、危険の芽を摘み取ってしまう。帰陣など当然の仕事と言えばそれまでだが、それを90分間やり続けるのは簡単ではない。体力はもとより、鉄の意志が必要だ。それが田中にはあるのだろう。

 ただ、守るためではなく、攻めるために戻るケースもあるから面白い。ピボット役の選手を差し置いて最後尾まで下がり、ビルドアップの基点として鮮やかに立ち回るのだ。いつ、どこで、どんな仕事が求められているか。その解をいち早く読み解く力が、田中をピッチの至るところに向かわせるのかもしれない。

 印象的なのはピッチ上で笑顔が絶えないことだ。もう、プレーするのが楽しくて仕方がないといった趣。充実一途の証だろうか。それでも浮ついたところが微塵もない。それも海外組との「距離」を自覚しているからだ。常に高みを目指し、器を大きくしてきた人らしい。

 今のパフォーマンスを見れば、やはり期待せずにはいられない。日本代表への招集だ。3月25日に横浜の日産スタジアムで日韓戦(国際親善試合)が開催される。もっとも、東京五輪を控えたU-24日本代表の国際親善試合が同時期に2試合(対アルゼンチン)組まれており、こちらへ招集される公算が大きい。

 コロナ禍の影響で海外組の招集が一筋縄ではいかないとなれば、それこそ国内組の出番である。田中碧、フル代表招集アリ――なんじゃなかろうか。遅かれ早かれ、主力の一角に収まる器でしょうから……。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

代表に初招集された2019年12月のE-1でうまく機能しなかったことを例に「まだ早い」と評する向きもあるが、昨期の後半から今期の活躍をみて何も感じないならどうかしてる。
個人的には代表で遠藤航のパートナーになるのは彼だと確信しているし、素晴らしいコンビになるはず。

 

2:名無しさん@さかまと!

確かに素晴らしい選手。1対1に強く、運動量豊富でクサビのパスも崩しのパスも出せる。2列目からの飛び出しやミドルシュートでの得点力も高い。
井手口が出てきたときも、同じ感覚だったな。
いずれは海外で活躍する姿を見たいが、焦って移籍して失敗することだけは避けてほしい。

 

3:名無しさん@さかまと!

攻撃寄りの守備もいける大島
守備寄りの攻撃もいける守田
フラットに攻撃も守備もいける田中碧

 

4:名無しさん@さかまと!

フロサポとしては悩ましい。海外で活躍して欲しい気持ちもあるが、憲剛の後のフロンターレの象徴にもなって欲しいと。
もちろん、どうなろうと我々は応援するのみ。出ずっぱりだから、ケガだけは気をつけて欲しい。

 

5:名無しさん@さかまと!

確かにボールを蹴る田中碧の笑顔は印象的ですが、試合終了後は対照的に笑顔は少ないかなと思います。
今シーズンなんて今のところ勝ちしかないですが。
その時には既に課題を見つけている気がします。
まあ単純にキツイのかもしれませんが…

 

6:名無しさん@さかまと!

碧がいるからケンゴが長欠しても引退しても何ら不安はなかった。
今やフロンターレの中盤のエースは碧だ。
大島でも脇坂でもない。
三笘ばかり持ち上げられるけど、碧の方が存在は大きい

 

7:名無しさん@さかまと!

アカデミー時代はテクニシャンとして知られていた。ジュニアの頃から風間さんの薫陶を受けている。
トップチームに上がってしばらくは、ハードワークを売り物にしていた。隣りに大島や憲剛がいて奪ったボールを彼らに預ければゲームを思うように進めることができた。
今は元々あった技術にプロになってから培った馬力が融合した感がある。

 

8:名無しさん@さかまと!

一瞬油断して背後からボール取られる事があるんだよな。でも能力は規格外。代表でも中心になるだろうね。

 

9:名無しさん@さかまと!

サンフレサポですが、田中碧には去年、一昨年と嫌な思い出しかないです。三笘のようなインパクトはないですが、近い将来絶対全日本に入ると思います。

 

10:名無しさん@さかまと!

代表がダブルボランチでいくならまずは遠藤航。そこに守田、山口蛍、田中碧が入ってくる感じかな。

 

11:名無しさん@さかまと!

トゥーロンのとき監督の指示が、ボールを持ったら田中碧を見ろ、でしたからね

 

12:名無しさん@さかまと!

今の代表ならどうでもいいが、
とにかく心配になるぐらい走るし当たる。
川崎にはいわばデブライネがいてネイマールがいる。
嬉しいね。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.