特集・コラム・インタビュー

元神戸監督フィンク氏「フロンターレとマリノスにはしばらく何処のチームも追いつけないだろう。」

記事の内容

現在3位の神戸だが…

元ヴィッセル神戸指揮官のトルステン・フィンク氏は日本で過ごした日々を振り返った。ドイツ『transfermarkt.de』のインタビューに応じ、その中でJリーグのレベルなどについて語っている。

2019年6月~翌年9月まで神戸の監督を務め、チームを天皇杯とスーパーカップの2冠に導いたフィンク氏。退任後はケルンと接触したことやシャルケの監督候補だったことを認めるも、結局就任に至らず。欧州5大リーグのチームで指揮を執るにあたって、「海外経験」はアドバンテージになると話している。

「目標を成し遂げるために適したクラブを見つけなければいけない。確かに私はトップリーグに戻りたい。それこそ監督として目指すべきだと考えるからね。外国にいたことはアドバンテージになり得る。ヨーロッパから見て、日本は非常に興味深い市場だ。優れたスピーディーなサッカーがプレーされ、スタジアムには大勢のファンがいる」

フィンク氏は元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタらスター選手にも言及する一方で、「欧州や南米の選手たちが日本人から学べることもある」と指摘した。

「お互いリスペクトを持つことだ。監督やファンたちに対しても。ピッチを退く際、選手はファンに向けてお辞儀してその日ピッチに立たせてもらったことへの感謝を示すんだ。私はそういうところを素晴らしいと思う」

また、Jリーグのクオリティや特に印象的だった相手チームについて問われたフィンク氏はこのように語った。

「スピードが速く、戦術面もとても高いレベルにある。もちろん、守備にフィジカル要素を持ち込むにあたって一定の人数の外国人選手を使うチームもいくつか存在する。横浜F・マリノスは例えばシティ・フットボール・グループに所属し、マンチェスター・シティ・スタイルの素晴らしい攻撃的サッカーをプレーする。攻撃が守備から始まり、なかなか攻略しがたい相手だった。川崎フロンターレは信じられないほどのアタッキング・スタイルを見せ、私はリーグ最強のチームと考える。特にファイナルサードでのプレーが魅力的だ。神戸は3位につけ、良いシーズンを過ごしているが、どこもしばらくはあの2チームに追いつくことはないだろう」

 

1:名無しさん@さかまと!

川崎だけかと思ったらマリノスも出してくれて嬉しい
カップ戦は守備力のチームが堅いけど、リーグ優勝を狙うなら2チーム揃って不調になるとも思えないし攻撃力特化のチームを作らないと追いつけないリーグになりましたね

 

2:名無しさん@さかまと!

やっぱり攻撃が成り立たないと今のJは厳しい。それ故よく守備が言われてる名古屋は凄いと思う。マッシモは名古屋で黄金期を築きつつあるかも。
フロンターレやマリノスはやっぱり見てて楽しいね。サッカーファンも増えそうでいい循環が出来てると思う!

 

3:名無しさん@さかまと!

フィンクさんがいたのは2019年シーズンでマリノスが優勝した年なんだよな。
マリさぽだけど、最近はどのチームもマリノス対策が進んでてもう一歩進まないと先には行けない感じだと思ってます。逆にフロンターレも対策されてるのだろうけど、勝ち切るのがスゴイなと思います。
あと、来シーズンは個人的にはグランパスが来ると予想している。ACL出場権取りそこねてリーグに専念とかなったら、途端に優勝候補に上がると思います。

 

4:名無しさん@さかまと!

その2チームですら日本代表選手がいない。
守田や田中碧あたりは本来なら昨年の二次予選から日本代表選出されるべき選手だったのに、国内にいる間は全く目もくれず海外移籍した途端に即代表招集されるというなんともやりきれない代表選考基準。

 

5:名無しさん@さかまと!

ってよりさ、日本代表は鬼木監督にして川崎フロンターレのメンバーをベースに、足りない部分を欧州勢で補った方が圧倒的に強いと思うんだが。

 

6:名無しさん@さかまと!

先端の戦術を取り入れているクラブ2つがが上位にいるのは好ましいこと。昨日の日本代表も少しだけど前からの守備などフロンターレぽかった。惜しむらくは、トップに前田大然がいてくれたならば。

 

7:名無しさん@さかまと!

川崎とマリノスがリーグを代表するチームであることに異論はありません。差をつけられているのは事実ですからね!
この2強に次ぐチームがどこになるのか?熾烈なACL出場権争いのなか、常勝軍団の資格を得られるチームはどこになるのか?
グラサポとしては、しばらくタイトルから離れているので、名実ともにビッグクラブとして認められるよう、ACL、天皇杯、ルヴァンでユニフォームに新しい星を刻みたいです!

 

8:名無しさん@さかまと!

攻撃サッカーはどこもやりたがったけど
モノにものになったのは御説の通りこの2つ。
時間かかったけどやり抜いた点は共通する。
特にマリノスは中村俊輔の首切りは大博打だった。

 

9:名無しさん@さかまと!

ほんと、CFGがマリノスを選んでくれたおかげでありがたいわ。
しかし、もっと優勝回数が多いクラブや収益が多いクラブ、サポの熱狂度が高いクラブがあった中で、なんでマリノスを選んでくれたんやろ?

 

10:名無しさん@さかまと!

強いチームから選手を選ばない代表などありえない。
まずやるべきことは一つ。
田嶋と外圧反町と森保の同時かつ即時更迭。
川崎セットや横浜セット、あるいはその併用は現状維持の体制を壊してのみ実現するだろう。。。

 

11:名無しさん@さかまと!

神戸さんの人件費にも、どこもしばらくは追いつけない

 

12:名無しさん@さかまと!

いま3位にいることもちゃんと把握してくれてるんだな。嬉しいよ。また日本に来てくれよ。

 

13:名無しさん@さかまと!

まぁ、見事に勝ち点がそれを現してるよね。

 

14:名無しさん@さかまと!

フロンターレの哲学・戦術をベースとして、代表チームを作ることはできないのかなぁ。

 

15:名無しさん@さかまと!

フィンクさん、モチベーターとしても優秀で好きな監督でした。またいつか、神戸で監督してくれないかな。

 

16:名無しさん@さかまと!

日本代表の監督やってくれ!

 

17:名無しさん@さかまと!

まあこの2チームは強い

 

18:名無しさん@さかまと!

また日本に来て監督やってくれ。

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.