特集・コラム・インタビュー

【名古屋】湘南最下位のウソ。マッシモ監督は「これで負けるのかという内容」

記事の内容

明治安田生命J1リーグ第11節で名古屋グランパスが次に戦うのは湘南ベルマーレ。走力に長けていながら現在最下位と振るわない。しかし、騙されるなと言わんばかりの注意喚起をフィッカデンティ監督は促している。

「名古屋を止める参考になる」

 マッシモ・フィッカデンティ監督は常に正しい分析を求めている。次節の相手は、1勝1分け8敗の勝ち点4で最下位に沈む湘南ベルマーレ。その先入観こそが危険であるとアラートを発するのだ。

「ここ5~6試合の映像を見ても、唯一、内容として良くなくて負けるべくして負けたと思うのが横浜FC戦でした。前半でああいうスコア(0-4)でしたから、試合の入り方ややられ方が良くなかったとは思います。しかし、他の試合は、それこそセレッソや川崎が相手でも、これで負けてしまうのかという、内容だけ見れば勝ってもおかしくない試合が多かったと思います」

「順位の通りに内容が悪い、という見方をしてはいけないし、下位だからいつもより苦戦しないだろうという入り方したら思いっきりやられてしまうでしょう。どういうサッカーをしているかを分析して、最高の準備をするべきだと思っています」

 前節の手痛い黒星が、さらにその警戒心を強くする。第10節はフィッカデンティ監督の古巣でもあるFC東京に0-1で敗れた。中2日の名古屋と中5日のFC東京でコンディションに差があることを前提にしながらも、やはり悔しい思いは消えない。

「どういったところにうちの強さがあるか、そこを消すサッカーを相手がしてきたのでスムーズさや切れがなかった」

「東京は守りに徹してきて、何かいいところ出してきたかというと、私たちを前に出させて空けてしまったところを使ったり、逆にこちらがいい状態で受けるところを完璧に崩したというシーンはありませんでしたし、失点シーンでも用意された罠にまんまとハマってしまいました。こちらが神経を集中していればはまらなかったはずですが、罠があると分かったので次は同じミスはしません」

「(味の素スタジアムは)よく知っているスタジアムなので、すごくいいグラウンドだと思ったのですが、試合が始まってみたら、1時間も大雨が降ったような、田んぼのような状態でした。それが我々のプレーにかなり影響がありました。彼らはそういうスペクタクルを見せたいと思ったのだからしょうがない」

 嘆き節はつまり、専守防衛とグラウンドの状態を重くすることが、パス回しやドリブルなどのスピード感という名古屋のストロングポイントを消すのに有効である、ということを言っている。そしてそれが「どうやって名古屋を止めるのかの参考になると思う」のだ。

 では、湘南も同じように守ってピッチに大量の水をまくかどうか。それは分からないが、もうこれ以上、首位の川崎フロンターレに離されるつもりはない。

サッカーマガジン編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/408dc1cd51ec47adcd7998d08bc878c633ab2a65

 

1:名無しさん@さかまと!

湘南サポとしてマッシモが評価してくれてるのは素直にありがたい。
ご指摘の通り、前節の横縞戦は松尾のスピードがあるのに前からハメに行こうとして、なおかつ最前線は指宿っていうちぐはぐな戦術になってる。
DFラインは疲弊して押し上げられないし。
正直今のコンディションなら名古屋が押し込む展開にはなると思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

ここ数年は常に残留を争ったライバル。今年は調子良いとはいえいつもベルマーレにはしてやられるイメージがある。逆に過去のスタートダッシュに成功するが気付くと残留争いと言うグランパスの嫌なイメージを払拭し今年は違うと言う所を示すためにも是非勝って欲しい。

 

3:名無しさん@さかまと!

グランパスは前年も勝てると思って見ていると何故か格下相手に完敗したりする。
FC東京に負けてずるずるいかない為に先に選手に気を引き締めるというのはとてもいい事だと思います。

 

4:名無しさん@さかまと!

ここ数年湘南とは勝っている感じは無い、逆に負けているイメージです。
けっして得意とはしていなかった。
しかし、これは風間のサッカーの話、守りがしっかりしてきた今のグランパスなら先ずは点を取られない、二点とるサッカーをすれば例え一点とられても勝てる。
ゼロ点で守ることはどんなチームも難しい。

 

5:名無しさん@さかまと!

一試合の結果に固執しない総括的な分析をされていると思います。過去に大事なところで変な負け方をすることもあったので、慎重になっているのかも。
対して湘南はスタメンも戦略も一貫性が無く、選手も苦労しているように見えます。ただ監督が降格の無い今シーズンを敢えて利用して、批判覚悟で次年度に向けて毎試合何かを探っているのだとしたら面白いのですが、買いかぶり過ぎかな?

 

6:名無しさん@さかまと!

僕の中での名古屋は常に上位を戦うだけの力のあるチームだと思っている。結果は違う答えになっているが元々力があるのは間違いなくあってそれを発揮出来る軸があればすぐにでも変わるだろう。湘南ベルマーレには勝って欲しいがその材料がない。本来の湘南ベルマーレのスタイルではないが限られたメンバーで戦って勝ちを拾うしかないだろう。

 

7:名無しさん@さかまと!

この分析からどういう答えをマッシモ監督が導き出したのか湘南戦が楽しみ!

 

8:名無しさん@さかまと!

前田選手のカットイン、相馬選手の個の勝負とか少なく感じる
負けた柏や東京も打開する策がなかったからリードされたときはガンガン勝負して欲しいな

 

9:名無しさん@さかまと!

要は選手の慢心を打ち砕きたいマッシモなのだろう。しかしベルマーレをリスペクトするにしても川崎へ移籍した山根視来本人が「自分のいた頃の湘南ではない」と言い切っているし最後の最後まで諦めず血気迫る走力を見せつける湘南の姿は今季にはない。
なんなら湘南からすると慢心で気が緩んでいてくれた方がそこを突けるのでありがたいと考えるだろうし。

 

10:名無しさん@さかまと!

監督が正直に本音をメディアに話す必要は全くないし、むしろメディアを利用して揺さぶりをかけることもできる。
普通に湘南は負けるべきして負けて低迷している。何よりチームに情熱や一体感がない。監督の覇気もない。

 

11:名無しさん@さかまと!

名古屋は慢心できるクラブではない!何年もタイトル取れてないのだから!
ここで負けるか?というところで負けるのも名古屋、先制点を決めケチャドバにして近年の対戦にスッキリしたいわな!

 

12:名無しさん@さかまと!

下位のチームに負けたらこの先は厳しい!勝つしかない。チョウキジェの湘南は怖いが今の湘南に勝てなきゃグランパスは何も変われない。必ず勝って欲しい!と言うかフルボッコにして欲しい。

 

13:名無しさん@さかまと!

たとえこれからの対戦相手がFC東京のように引いてきてもまんまとのって人数かけてゆっくり攻めてこねくりサッカーをしないこと。それに尽きる。まだグランパスは引い中央固めた相手に対して中央突破で崩す力はない。かと言って安易にサイドでクロスを上げても跳ね返されるだけ。引かれてもなんとか外から崩すためにスピードを維持してサイドを突破してペナルティに侵入してほしい。
やってはいけないのは遅攻からの中央突破狙いと、遅攻からのサイドからの安易なクロス。

 

14:名無しさん@さかまと!

確かに湘南は紙一重で勝ち点を拾えていないだけで、志向するプレーはチームとしてかなり表現できていると思います。

 

15:名無しさん@さかまと!

その分析力・守備構築力をもってしても鳥栖3年目は途中解任。
他、森保・ミシャ・ネルシーニョ等実績充分の監督でも何故そうなったってシーズンがあるのも事実。

 

16:名無しさん@さかまと!

素晴らしい分析です。
次節は宜しくお願いします。

 

17:名無しさん@さかまと!

リップサービスと自選手へのはっぱがけ、あとは勝って当たり前と思われないための予防線と見た。

 

18:名無しさん@さかまと!

実は近年対湘南戦はドローが3回と相性が悪い、意外な結果が待っていたりして

 

19:名無しさん@さかまと!

今回に限らず、FC東京戦は毎回取られてカウンターでやられる。湘南とも相性よくないし。

 

20:名無しさん@さかまと!

湘南はグランパスキラー馬渡を使うべき

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.