特集・コラム・インタビュー

元Jリーグ得点王の韓国の英雄「気持ちがよくない」

記事の内容

ファン・ソンホン氏も日韓戦の内容にショック「気持ちがよくない」

 3月25日に国際親善試合として10年ぶりに開催された日韓戦。結果は日本代表が3-0で快勝したが、韓国側からすれば歴史的大敗だ。ライバル心をむき出しにして、これまで何度も日本の前に立ちはだかってきた“アジアの虎”は、結果だけでなく、試合内容にも何も収穫がなかったと言えるだろう。

 FWソン・フンミン(トッテナム)、FWファン・ヒチャン(RBライプツィヒ)、FWファン・ウィジョ(ボルドー)など主力の欧州組を欠いていたとはいえ、選ばれた選手たちは国家の威信を背負い、戦い抜く気概を見せないといけない。しかし、気迫や闘志は失点を重ねるにつれて、完全に空回りしていた。

 連日、韓国メディアはパウロ・ベント監督や選手たちのプレー内容に批判を浴びせ続けているが、かつての韓国代表OBたちも今回の結果に対してはかなりショックを受けているようだった。ファン・ソンホン氏もその1人だ。

 日本のサッカーファンなら記憶している人も多いだろう。セレッソ大阪、柏レイソルでプレーし、1999年にはJ1得点王に輝いた元Jリーガーであり、韓国代表FWとして1988年から2002年までAマッチ103試合に出場し、50ゴールを決めたストライカーだ。1990年のイタリア・ワールドカップ(W杯)、94年アメリカW杯、2002年日韓W杯に出場している。さらに韓国では“韓日戦の男”と呼ばれるほど、日本戦にはめっぽう強かった。ファン・ソンホン氏は出場したAマッチの日本戦4試合で5ゴールを決めており、すべてが決勝点。つまり、日本に敗れた記憶がない。

 今回の日韓戦についてファン・ソンホン氏が、韓国のスポーツチャンネル「MBCスポーツプラスニュース」で様々な感想を語っていた。

「代表チームは国民の声援を受けるチームです。相手が日本であれば、ほかに言葉は必要ありません。死ぬ気で戦いました。主審が試合終了の笛を吹くまで止まりませんでした。試合を見守る間、気持ちがよくありませんでした。韓国は戦術、組織力、個人の技術、勝利に対する意地などすべての面で日本に押されていました。何一つ、我々が良かったと言えません。弁明の余地がない完敗でした。どのような言葉を、どのようにすべきか、正直よく分かりません」

「韓国はブラジルやスペインのように世界最高クラスのチームではない」

 ファン・ソンホン氏も、今回の韓国には何もかもが足りないというのが正直なところだろう。そのうえで、「時代が変わっても変わらないものがあります。韓日戦だからといって、毎回、勝てません。しかし、声援を惜しまず送る人たちのように、最後まで力を出し尽くしたのか振り返る必要があります。外から見ていた1人の国民として、疑問があるのは事実です」と語る。

 ポルトガル人のベント監督は後方からのビルドアップから、パスをつないで攻撃を展開するポゼッションサッカーを好む。これが韓国サッカーの良さを消してしまっているという声もあるほどだ。この点についても、ファン・ソンホン氏はこう指摘している。

「後方から短いパスで攻撃を展開するサッカーが良くないというわけではありません。ボールを長く持つことで、試合を支配すれば勝率を上げることができるのは事実です。しかし、毎試合、違うチームを相手にしながら同じサッカーだけに固執はできません。韓国はブラジルやスペインのように世界最高クラスのチームではありません。時には単純で、激しく当たるサッカーを見せる必要もあります。韓日戦だけを見て言っているのではありません」

 球際やフィジカルの強さ、試合を最後まで諦めない姿勢が韓国サッカーの良さではないか。そうして、これまで日本を苦しめてきた記憶を韓国国民の誰もが持っている。ファン・ソンホン氏の厳しくも愛のある言葉は、現在の代表チームに届くだろうか。

引用元

1:名無しさん@さかまと!

いつも疑問に思う事がある
なぜ韓国人はこの人のように"日本戦は負けられない!"とむきになるのか?
こちらは別にライバルと思ってないし
アジアの強豪の一国とは思っても敵意をむき出しにしたりましてや勝ったところで
"領土問題"や"猿真似"パフォーマンスなんてしたこともない
なんにせよ、そこまで嫌ってるなら
Jに来なくていいじゃないか?
少なくとも現役での日本代表クラスは
Kリーグにほぼ参戦したことはないのでは?
別に無理に嫌ってる国に来なくていいですよ
見るのも嫌になってきてるし

 

2:名無しさん@さかまと!

この人は、2002年のワールドカップな時はJリーグに所属していたが、ワールドカップ開催が近くなるにつれJリーグの試合での手抜きが目立っていた。
本人もサッカー雑誌のインタビューで手抜きを公言しており、ドン引きした記憶がある。

 

3:名無しさん@さかまと!

日韓戦で負ければ悔しく、数日間は気持ちがすっきりしない事はあるが、ここまで尾を引く事はない。日本の多くのサッカーファンも同じだろう。
それはサッカーは、誰もが愛するスポーツで有ってそれ以上のものではないからだ。韓国の様に、過去の歴史や怨念まで背負ってスポーツを観ていたら楽しくなくなってしまう。

 

4:名無しさん@さかまと!

>時には単純で、激しく当たるサッカーを見せる必要もあります
今の時代に2002W杯の様なラフプレーを連発したら、あっという間にカードを貰って、ピッチの人数が減る事になるだろうね。
あれが通用したのは、怪しい審判のお陰だということを理解する必要があるな。

 

5:名無しさん@さかまと!

親善試合は10年ぶり。もう、隣の国とは試合しなくていいと思います。常にラフなプレーをしている・スポーツに政治的問題を持ち込む印象しかありません。
日本のマスコミもライバルとか宿命とか煽りはしないでください

 

6:名無しさん@さかまと!

安貞桓とか、この頃の韓国サッカーのレジェンドって呼ばれる人達って、みんなJリーグに来たよね。
韓国サッカーより日本サッカーが強くなったのってそれが答えだと思うんだけど。
だって、KリーグよりJリーグの方が年俸も良くてレベルも高いと思って来てたんだろうから。

 

7:名無しさん@さかまと!

彼らの過去へのコンプレックスは相当なもので、日本に対してマウントとれるのがサッカーだったのに、
それがあっさり負けてしまうと、そのコンプレックスが蘇り、狼狽してしまっているのかも。
こちらは最初から相手にしていないのに、そこの気持ちの差は大きい。
彼等もそろそろ過去から抜け出し、未来志向の方が幸せだと思う。
まず、感謝の気持ちが持てると、自ずと道が開けるのではないか?要らぬお世話ではあるが。

 

8:名無しさん@さかまと!

技術、戦術では残念ながらどんな選手を招集しようと韓国は日本に勝てない。
唯一、日本戦というだけでそのモチベーションで韓国のチーム力があがるのを期待するのと、
中盤を支配されながら個人の能力だけでは勝つのは難しいが、リーグ戦とは違う一発勝負だからこそ起こり得る可能性に期待するしかない。
それは黄善洪のような経験者だからこそわかる事だが、そんな本音はマスコミの前では口が裂けても言えない。そんなところでしょう。

 

9:名無しさん@さかまと!

ファン・ソンホン(ファン・ソノン)はJリーグに来た韓国人CFの中では最もストライカーの資質が高く、怖いFWだった。
記事の通り、代表Aマッチ103試合出場、50ゴールの成績がそれを証明している。チェ・ヨンスより上だった。
周りの選手の力が劣る韓国代表では力を発揮しきれてるとは言い難いソン・フンミンでも91試合26ゴールで、まだ半分のゴール数しか取ってない
ファン・ソンホンの頃は日本には勝って当たり前と考える時代だった。
現在は日本のレベルが上がり、そうでは無いという認識もしてるようだ。
今回の韓国チームであれば、E1選手権2019で戦った韓国代表の方が激しいプレスをかけて来てまだマシなチームに映った。
しかし、E1の韓国と今回の日本代表が戦っても 海外組は球際で負けないし 余裕があるから、逆に韓国はプレスで薄くなったスペースを突かれて複数失点して結果は変わらなかっただろう

 

10:名無しさん@さかまと!

時に単純で、激しく当たるサッカーを見せる必要もあるって、おそらくそれが試合開始早々通用しないと気づいたのかもしれないです。
センターバックはセリエA。ボランチはデュエルマスターとポルトガル。さらに本来なら両サイドバックはリーグアン。

 

11:名無しさん@さかまと!

悲しいな。
日本でやっていた選手も、こういう風に日韓戦を見ていて。

 

12:名無しさん@さかまと!

戦力的にライバルなのは確かなんだけどね。
アジアの中では韓国、オーストラリア、イラン、カタールなどは同等の力がある。
ただ、韓国の場合は歴史的な背景を持ち込んでくる選手が多いし、そう思ってなくても国民感情を考えるとそういう態度を取らずにはいられないからどうしてもスッキリしない。
Jでプレーしてる人も、打倒日本と意気込んでいるチームの中で「別に日本だからとかはない」とは言えないのもわかる。
だから無理に日韓戦とかやらなくていいよ。
怪我が怖いし、何よりスッキリしないから。

 

13:名無しさん@さかまと!

こういう話を聞くたびに勝っても良い気分にはなれない。
親善試合を怨念復讐試合のように向かってくる相手と日本はやる意味があるのかな?止めた方がお互いのためにいいと思う。

 

14:名無しさん@さかまと!

国家の威信を背負いとかわけがわからん…。
政治的な問題をスポーツに持ち込む事がまずおかしい。親善試合の意味をしっかりと考えてほしい。
相手選手を潰す目的なら格闘技でもしたらいい。
リスペクトとかスポーツマンシップとか言ってるが国を代表してプレーする選手の意識が低すぎると思う。
ファールして相手倒れたんなら謝って手を出して起こしてあげるくらいやってほしい。あなた達に憧れて応援している子供達の為にも…。

 

15:名無しさん@さかまと!

相手が日本であれば必死になれというのは、歪曲された歴史を信じてきた人達であって、最近の若者はそれが嘘だと思い始めてるのでは。
それと、どんなに必死になっても手も足も出ないことがあるから、力の差があったのかどうかの冷静な分析、、、コイツらにはできないか。

 

16:名無しさん@さかまと!

A代表での主力が含まれた対決では10年空きましたし
韓国のイメージはラフプレー、2002の不正などしか知らない世代も増えて来たと感じます
昔の韓国代表は対日本戦だけは12㎞13km走る様な選手で溢れていました
試合開始からガス欠気にせず全力で本当に死ぬ気でやってたと思います
ですので、日本にとって非常に難しい相手だった訳です
いわゆる対日ブーストって奴ですが、ラフプレー、口が達者などは変わっていませんが今の世代には全く継承されていません
それを知る世代からしたら、この前の韓国戦は歴代最弱で最も力の差が表れた試合になったと感じますし、
ほぼ全ての選手が対面する相手にフィジカル、球際、技術で上回ってました
10年前は本田香川長友などキープレーヤーが怖かったのでしょうが
韓国側から見たら10年の間に全ての選手がレベルアップしてましたので複雑でしょうね
簡単には埋まらない差になったかと思う

 

17:名無しさん@さかまと!

親善試合でOBがしゃしゃり出てきて批判をするのは如何なものか。
アンジョンファンやファンソンホンはそんなに気に入らないなら自分達が監督になれば良い。
はっきり言って我々日本人は韓国を意識していないし、我々が心配するのは悪質なファールによる選手達の怪我だけだ。
仮にファンヒチャンやソンフンミンが出てたとしても負ける気はしない。
サッカーは11人でやるもの。
アルゼンチンがメッシを擁してもワールドカップで優勝出来ないのが現実だ。
ソンフンミン1人では勝てないのはトッテナムが証明している。

 

18:名無しさん@さかまと!

>>>「韓国は戦術、組織力、個人の技術、勝利に対する意地などすべての面で日本に押されていました」
もうひとつ、選手層の厚さ。これが大事。韓国代表は前の主力が2枚欠けただけで戦闘能力が激減した。戦術面の優劣はわからない。
ベントは明らかに守備的な戦術を採ろうとした。ポゼッションもその一環。が、選手たちがうまくやれなかった。
あるいは技術が低すぎたのかもしれない。
VARを導入する大会であれば審判はファウルをもっと厳しく見ただろうし、そうすれば未曽有の敗戦になっただろう。

 

19:名無しさん@さかまと!

U24のアルゼンチン戦の方が日本にとっていろんな面を学んだ試合だったんじゃないのかな?
韓国戦で勝ったからって、日本のレベルアップには繋がらない。負傷者も出てほんと時間の無駄だったと思う。
もっとヨーロッパや南米のチームと試合しないと、日本のサッカー向上にならない。

 

20:名無しさん@さかまと!

パスサッカーへの切り替えは協会の方針のようだから、ベント監督の好みというわけではないだろう。
オーストラリアも切り替えにかなりの時間を要している。
それはやむを得ない面はある。
しかし局面でも負けていたとか、集中力に欠けていた感じがあったのは、
チーム内での競争意識とリーダーシップの双方が欠けていたのではないかという感じがした。
日本には両方があった。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.