特集・コラム・インタビュー

FC東京は川崎の“対抗馬”になり得るか 生命線のブラジル勢、開幕3戦は“調整遅れ”露呈

記事の内容

【識者コラム】開幕3戦を1勝1分1敗、4連勝の川崎とは対照的に躓く

連覇を目指す川崎フロンターレがJ1リーグ開幕から4連勝と相変わらずの強さを見せつけているのに対し、明らかにスタートダッシュで躓いたのが、昨年ルヴァンカップを制し対抗馬と見られるFC東京だった。

 特に惨状を露呈したのが開幕戦。浦和レッズに完全にゲームを支配され、後半41分にセットプレーから唯一の枠内シュートがゴールを割り、辛うじて1-1で引き分けた。第2節セレッソ大阪戦(3-2)も二度先行を許す厳しい展開になり、相手GKキム・ジンヒョンのミスを田川亨介が貪欲に突き、さらにセットプレーからの2ゴールで逆転に成功した。開幕のどん底状態から1週間でなんとか建て直した長谷川健太監督の手腕は見事とも言えるが、第3節のヴィッセル神戸戦(2-3)では2点差を一度は跳ね返すも再度突き放されて黒星を喫した。

 もともとFC東京は、川崎、横浜F・マリノスと過去4年間続いたリーグ王者や一昨年度の天皇杯を制した神戸とは、対照的なスタイルを志向するチームだ。味の素スタジアムへ行けば、若いGK波多野豪の「中を締めろ」の大声が響き渡るように、中央を固めた守備を土台にブラジルトリオのドリブルを活かすカウンターが大きな得点源となっている。昨年のデータを見ても、1試合平均パス数375.2本と、クロス数10.4本が最下位。逆にスプリント回数186回は最多で、走行距離は17位。ちなみに走行距離が最も少ないのが川崎だった。

 ただし川崎は、敵陣で少しずつポジションを修正しながらパスで揺さぶり続け、相手を疲弊させ集中力を削ぎゴールを量産してきたのに対し、FC東京はショートパスや組織的なサイドからの崩しが極端に少ない。そういう意味では、生命線となる「ブラジル勢の調整の遅れ」(長谷川監督)は致命傷となった。またフォーメーションや人選も依然として試行錯誤が続き、アンカーにはアルトゥール・シルバや東慶悟を起用してきたが、結局2節の後半からはセンターバックでスタートした森重真人を昨年同様に同ポジションに移し好転させている。ただし森重のアンカー起用についても、指揮官は「状況を見て」と語っており、確信に至っている様子ではない。

 いずれにしても個々のコンディションに大きく左右されるフィジカルな戦いを志向しており、その点では3節神戸戦で光明も見えた。

自ら仕掛けて崩す必要のある中位以下から勝ち点を稼げるかが課題

 圧巻だったのは後半29分から2ゴールを返し、さらに決定機を築いたディエゴ・オリヴェイラとアダイウトンを軸としたカウンターである。これでFC東京陣内でゲームをコントロールし続けてきた神戸がずいぶんと間延びして、打ち合いの様相を呈した。

 FC東京は長谷川監督が着任してから、戦力を見極め特徴に即したチーム作りを進め、さらに構想に基づく補強を重ねて研磨してきた。もちろん現時点で比較すれば、とりわけ川崎との質の差は小さくない。だが反面、両極に位置する戦い方を貫くだけに、アクションを仕掛けてくるチームに対しての相性は必ずしも悪くない。

「前線で誰かが当たってくれば活性化してくると思う」

 指揮官の言葉はアバウトに響くかもしれないが、実際にそれが現FC東京のスタイルでもある。川崎がAFCチャンピオンズリーグを戦うのに対し、国内に集中できる今年は大きなチャンス。しかし裏返せば、自ら仕掛けて崩す必要のある中位以下のチームから、確実に勝ち点を稼ぐ課題が横たわる。さらに対等の条件でも川崎に肉薄するには、堅守速攻という基軸を整備するとともに、少しずつでも組織的な質を加えていく必要がありそうだ。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

橋本と室屋がいなくなってからあまりにも安っぽい失点が大増加した。
キャンプの練習試合でも大量失点してたしシーズン始まっても変わらずに失点しまくってる。
拘ってた4-3-3が基本的に合ってないんだろうな。
ウヴィニが大当たり外人であることに期待するしかないかな。
あと味スタの芝があまりにも酷すぎ。

 

2:名無しさん@さかまと!

東京の悪さより、川崎が強すぎるから対抗馬は無理だと思う。ACL争いが現実的なライン。
調整不足とはいえ結果の出てる攻撃に対して、簡単に点を取られすぎて、去年までの堅守の見る影がない。
1-0が理想のチームが毎回先制とられるようじゃ先が思いやられる。

 

3:名無しさん@さかまと!

ビルドアップのデザイン、GKを含めたプレス回避、ファイナルサードの崩しのアイディア
これらが出来るチームじゃないし、そもそも監督にポジショナルプレーという概念が無いから厳しいでしょうね。
ブロック作ってくる相手を崩せないから格下相手の取りこぼしが多くなり、川崎とのポイント差は広がっていくでしょう。

 

4:名無しさん@さかまと!

まぁ見てわかるように4-3-3(4-1-2-3)を続けるのならば無理でしょう
堅守にもならず速攻にもならず何がしたい?と思うシーンがあまりにも多すぎる
前が詰まったら不用意なバックパス ビルドアップが上手いわけではないから崩せずボール持ちたいブラジリアン達がどんどん降りてきて攻撃にならない
さらにアンカーの脇を埋めきれないからそのスペースどんどん使われて被シュートの嵐
永井ディエゴの2トップが好きです

 

5:名無しさん@さかまと!

まずは、いいチームにはいいGKがいる。
波多野はムードメーカーとしてはいいが
反応などの部分で物足りなさがある。
また、DFの悪い時によくあるボールを見送ってしまう所
本来のストロングだったサイドバックからのクロスなど足りない部分だらけで、川崎と
比べようがない。
川崎も試行錯誤して年数掛けて、今のスタイルを確立して無双状態になったが、東京は
やっと上位に来たと思って、優勝宣言すると
いつも躓く。
長谷川監督4年と上積みがあるはずなのに
この体たらくは情けない。

 

6:名無しさん@さかまと!

2戦連続でゴールを決めているレアンドロ?
それは置いといて、中盤にアンカー適性のある選手が少ないのに4-3-3はなかなかのチャレンジだね。
でもインサイドハーフ適性のある選手は安部を筆頭にそこそこ揃ってるから、森重以外のアンカーが固定できればもう少し安定はしそう。青木をもっと使ってほしい。
あとは攻撃時のポジショニングや立ち位置を修正して、ブラジル人の個に頼る以外の得点パターンが出てくればそこそこの順位までは上がって行けると思う。
ただ優勝ってなると複数人の選手が劇的にパフォーマンスを向上させてジョーカーになれないと難しいかな。

 

7:名無しさん@さかまと!

内容云々の前に先日の神戸は本当に痛かった。
もし勝ってれば神戸、セレッソと2連続で逆転勝利で、別の試合で失点してもひっくり返せるって雰囲気にチームもサポーターもなった。
今のリバプールが勝てないのってまじでアンフィールドの雰囲気が相当影響してると思うけど、こういう雰囲気の部分って本当に大切。

 

8:名無しさん@さかまと!

この三試合を見る限り無理だし、これからも厳しいと思う。
攻撃は外国人or 久保頼み、守備は森重、橋本頼りこんなことしてたからいまきつくなってるんだろうな。
森重が一列前に上がれば守備崩壊、ブラジル人たちのコンディションが悪ければ無得点。
他の選手は(特にDF)あんなにバコバコやられてプロの意地ってものはないの?
開幕三戦よりルヴァン出てた選手のほうが歯食いしばって必死にやってたよ。

 

9:名無しさん@さかまと!

対抗馬の一角と目されてたけどここまでは失点が多すぎてそれどころではない。
川崎から勝ち点を削りうる存在であるのは間違いないが優勝は厳しい。

 

10:名無しさん@さかまと!

去年のルヴァンもそう川崎との試合では勝てる可能性はあるけど優勝争いとしては厳しいと思う

 

11:名無しさん@さかまと!

ガンバ大阪では宇佐美&パトリック
FC東京では永井&ディエゴ(さらに補強)
長谷川健太はいつまで過去の栄光を引きずっているのかな?

 

12:名無しさん@さかまと!

一昨年東京堅守だったのに昨シーズンから守備が脆いのが気になるよね

 

13:名無しさん@さかまと!

ほんとブラジル人頼みだもんな。
戦術もなにもあったもんじゃない。

 

14:名無しさん@さかまと!

攻撃はブラジル人助っ人の調子次第ってチームとしてどうなん?

 

15:名無しさん@さかまと!

堅守がやや崩れている東京
失点数が気になりますね

 

16:名無しさん@さかまと!

中村帆、オマリ、渡辺、小川のDFが弱すぎる。FWはエグい。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.