【試合】前評判・結果・戦評

【朗報】南野拓実、現地紙に絶賛される!! フォーメーション変更で持ち味発揮!

記事の内容

 南野拓実がリバプールで初ゴールを決めた。しかもゴールは、8月29日に行なわれたアーセナル対リバプールのコミュニティー・シールドでの貴重な同点弾。チームは1-1の末にPK戦で敗れたが(スコアは4-5)、南野にとって大きなステップとなる意義深いゴールになった。

 この試合のポイントはふたつあったように思う。ひとつは、南野投入時から導入した4-2-3-1が試合の流れを変えたこと。

 キックオフ時は従来どおりの4-3-3でスタートしたが、前半早々に先制点を奪ったアーセナルに深い位置で守備を固められると、リバプールの攻撃は手詰まりになった。そこでユルゲン・クロップ監督は、後半14分の早い時間帯にフォーメーションを4-2-3-1へ変更。南野を左MFに入れると、CFにモハメド・サラー、トップ下にロベルト・フィルミーノ、右MFにサディオ・マネを配置した。

 攻撃時にはフィルミーノがCFの位置に加わって4-2-4に変形し、前線を厚くしてアーセナル陣内に押し込んだ。ここで違いを生み出したのが南野だった。

 左サイドだけにとどまらず、頻繁に中央部に侵入。相手DFとMFの「ライン間」に入って味方のパスを引き出し、チャンスと見ればDFラインの裏に抜ける動きを見せた。そして、スペースがあれば積極的に滑り込み、得意の鋭いターンで突破を図る。

 おかげで、リバプールの攻撃に確かなリズムが生まれた。守備を固めるアーセナルには、非常に嫌な存在だったことだろう。

 こうした南野の動き出しに合わせて、周囲の選手も日本代表にパスを入れた。チームメイトの信頼が高まっている証拠で、味方選手からも「南野を使おう」という意識が見えた。クロップ監督の言葉を使えば、「タキのパフォーマンスから言うと、今日のゴールは自然な流れだった」ということだ。

 リバプールとしても、4-2-3-1の「プランB」が機能したのは大きい。基本フォーメーションの4-3-3は、とくに昨シーズン終盤がそうだったように、対戦相手の分析が進んで苦戦する試合が増えている。それだけに、今季はオプションとして4-2-3-1を採用する試合が増えそうだ。

そのなかに、南野がいた。マーカーの寄せがキツく、敵を背負いながらプレーするCFよりも、一列後ろのサイドMFやトップ下から最前線に飛び出していくほうが、南野の持ち味は生きやすいだろう。今後も、ライン間でのプレーや鋭いターンで違いを作っていきたい。

 実際、英紙ガーディアンは「南野が投入されると、すぐに輝いた。南野は左サイドや10番の位置を動き回りながらプレーした。相手が深い位置で守備を敷いてくると、リバプールは南野が見せたような怖さが足りなくなる。南野は、リバプールに新たな一面をもたらした」と高く評価した。

 リバプール、そして南野にとっても、4-2-3-1が効力を発揮したのは大きいだろう。

 もうひとつのポイントは、南野がプレミアリーグ特有のプレースピードにアジャストしたうえで、アグレッシブなプレーを見せたこと。

 投入時は0-1で相手がリード。アーセナルは自陣深くで守備を固めていたが、南野は密集地帯からでもグイグイと仕掛け、積極的な攻めの姿勢で強引にゴールをこじ開けた。

 フィルミーノとサラーとの連係で崩し切ったゴールもそうだったが、そのほかの場面でも南野の積極的な仕掛けが光った。

 左SBのアンドリュー・ロバートソンとのワンツーで突破した後、さらにもう一度フィルミーノとワンツー突破を図ったシーンはそのひとつ。スペースのない狭いエリアでも「前へ、前へ」と仕掛ける意識が見え、ワンツーからリターンパスをもらうことで、味方が南野を信頼している様子も伝わってきた。

 試合後、英紙デイリー・ミラーは「クロップ監督にとって、南野のパフォーマンスは大きな収穫だった。新シーズン開幕時で、すぐに先発メンバーに抜擢されることはないと思うが、クロップ監督の構想のなかで大きく成長し、非常に重要な役割を担っていくだろう」と評した。

また、テレビ番組に出演した元イングランド代表FWのピーター・クラウチは「僕はずっと南野のファン。昨シーズンはあまり出場機会がなかったが、ゴールに近いところにはいた。今日はボールを持った時の動きがシャープだった」と称賛。

 同じく元イングランド代表DFのマーティン・キーオンも「ファインゴールだ。この得点は、南野に大きな自信を与える。加入以来、唯一足りなかったのがゴールだったからだ」と褒めていた。

 新シーズンの前哨戦となるコミュニティー・シールドを消化したにすぎず、大事なのはこれから。だが、勝負の年となる在籍2年目を最高の形でスタートしたのは間違いないだろう。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/570b2186693cfe363a307bc34409c915a7c0962d

 

1:名無しさん@さかまと!

強かったドルトムントでも最終的に対応された経験を持つクロップがリバプールがチャンピオンを取った後の対策を充分練っていたのは非常に自然な事、それが南野を取った一番の理由かと。

 

2:名無しさん@さかまと!

マネ、サラー、フィルミーノと共に前線で結果を出したのは大きいですね。
引いて守る相手に有効であれば、格下クラブには先発で入る可能性もあるのかも。
徐々に融合して結果を出したのは今後の期待も膨らみます。
今は日本代表戦がないので、リバプールで存分に研鑽を積んで、レベルアップし、後の代表戦でビッグネームとして招集されたり、親善試合では強豪国とゲームが組めるような世界的な選手になって欲しいですね。

 

3:名無しさん@さかまと!

南野選手フィットして来たようですね。
正直そんなに周りの選手に依存するタイプではなくしっかりとチームに溶け込みさえすれば問題ないと思っていましたが、移籍後は時間がなくお互いの特徴を掴むのに苦労してた様に思えました。
前の3人が阿吽の呼吸で連携を見せ見事な攻撃を構築していた中で共存して結果を出せたのは大きいと思います。
元々バイタルの狭いエリアでボールを受け前を向けるという長所があるので前線が固められ崩せない時には重宝するタイプですので、上手くフィットしてきた様で何よりです。
今年はより多くのゴールを決める活躍を期待したいと思います。

 

4:名無しさん@さかまと!

フェルミーノの代役でなく、クロップは南野が持ち味を活かせるよう南野の為に取扱説明書を作ってくれた。クロップは自分のサッカーを押し付けず、選手のやりやすさを考えてくれる最高の上司だと思う。

 

5:名無しさん@さかまと!

なにはともあれ初ゴール獲れて良かった!!
まだまだこれからだけど、1点獲れて多少肩の力が抜けるのでは?
当面はサブの前線1,2番手という感じだと思うけど、ザルツブルグときもそういう時期が短くなかったし、当時のような得点効率の高さをプレミアでも発揮してくれるといいな!

 

6:名無しさん@さかまと!

でもこのフォーメーションを頻繁に使うとして、この4人でやり続けるわけにはいかないはず。3トップに休息を与える課題がある。
誰かがMSFの代わりになるか、南野が存分にユーティリティ性を発揮しないと。

 

7:名無しさん@さかまと!

クロップを納得させる結果を残して先発レギュラーは無理でも貴重なバックアッパーになれば彼にとって誇るべき成果だと思う。

 

8:名無しさん@さかまと!

このレベルでやっている日本人だからこそ、点取れなくてもいいプレーだったで認めるのでは無く、あくまでも得点・アシストでの明確な結果で持って評価する、この一点に集中すべきですよ。
本人はもとより、周囲も厳しく要求し、期待しましょう。

 

9:名無しさん@さかまと!

南野やナビケイタを最大限に活かすオプションとして、可能性を示せたと思う。
まあかなり攻撃的なフォーメーションやから、基本は433で堅実に行くと思うけど、リーグ戦の下位チームとかはかなり引いて守る相手が多そうやし、十分使えると思う。
このパターンは、復帰したら左チェンバレンとか、真ん中南野でフィルミーノ休ませるとか、様々な形で試してほしいね。

 

10:名無しさん@さかまと!

フィルミーノ、サラー、マネ、南野の前線って、もはやゲームの世界。このメンツでサッカーしてること自体凄いし、いままでの日本人のレベルを超えてる。

 

11:名無しさん@さかまと!

クラウチ先輩に称賛されるなんて光栄なことやわ。来季はチェルシーも上げてくるしユナイテッドも復活に近づいているから激しい争いになると思うけど是非出場した時には勝利に貢献できるといいね。

 

12:名無しさん@さかまと!

クロップのかつて、香川を活かした手腕に期待したい。
結果を出していた選手が移籍先で結果が出ないのは何も選手の責任ばかりではないと思う。監督は演出家。戦術はシナリオ。監督は役者を活かすような演出をしてナンボ。活かさないならば、最初からキャスティングする必要はない。

 

13:名無しさん@さかまと!

狭いエリアでの得点は代表でも数多く決めてる得意パターン。
良いパス入れば、もっと決めて行くはず

 

14:名無しさん@さかまと!

試合見た感じ、前のFAカップの時みたいに受けに行過ぎることは改善されてたし良かった。居るべき場所にいてフィルミーノとの相性というか感覚があってきて、とても見てて面白かった。次はリーグ戦でゴールを決めて欲しい。頑張ってください!

 

15:名無しさん@さかまと!

前回の試合まですぐに受けに動いて手でよこせってしてたのが気になってたけど、今回だいぶそういうのはなくなったな。
語学も少し身についてきてコミュニケーションも取れてきたんやろうな。
試合を見た限りフィルミーニョと合いそう。
フィルミーニョの交代要員でなく同時起用を望む。

 

16:名無しさん@さかまと!

まだ南野に厳しいスパルタさんがいるみたいだけど、初ゴールも決めたんだし、素直に応援出来ないもんかね?

 

17:名無しさん@さかまと!

今季はリーガ(久保ら)、ブンデス(鎌田ら)、セリエA(冨安、麻也)、プレミア(南野)と、どれも思い切り楽しめそうだよ。
PCでDAZN観ながらTVでWOWOWやスカパーを同時に観る事態になりそうだ。

 

18:名無しさん@さかまと!

ハイライトで見たけど、ゴールシーンの南野の動き、周囲との連携は素晴らしかった。
チームメイトの信頼をもっと勝ち得て、南野を絡めたオプション的なプレー、クリエイティブなプレーが生み出されていくと、
リバプールのさらなる武器になるかもしれない。

 

19:名無しさん@さかまと!

流動的にポジションチェンジも可能だし
特に相手に構えられたとき面白いオプションですよね

 

20:名無しさん@さかまと!

433で前3人の代役で出るより4231のトップ下で3人と共存する方が南野にとってはいいかもね

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.