特集・コラム・インタビュー

「戦術上のキーマンに」久保建英のPSM最終戦をスペイン紙番記者はどう評価した?「克服できていない課題が…」【現地発】

記事の内容

エメリ監督の中での適正ポジションは?

 9月5日、ビジャレアルがプレシーズンマッチ最終戦で、レバンテと対戦。タケ・クボ(久保建英)は、2日のレアル・ソシエダ戦に続いてセカンドトップ(トップ下)として先発出場した。彼は他に左右両サイドをこなせるが、これはウナイ・エメリ監督の現時点での構想の中では、セカンドトップが適正ポジションとして位置づけられている証左だろう。

 セカンドトップでタケに課される役割は、中盤と最前線を繋ぐことだ。そのため左右両サイドに流れたり、前方にできたスペースに走り込んだり、中盤に下がって組み立てに参加したりと、精力的に動き回り続けた。

 したがって、ソシエダ戦がそうだったように、左右両サイドのアレックス・バエナとサムエル・チュクウェゼと横一線になる場面が多く、マイボール時には実質的にはダブルボランチの前方に構える3人目のMFとしてプレーした。エメリがイメージしているのは、この2列目に入る3枚のアタッカーがパス交換やポジションチェンジをしながらチャンスメークを担い、フィニッシュに繋げることだろう。

 一方で、相手にボールが渡ると、タケはすぐさまワントップのパコ・アルカセルと同じ高さまでポジションを上げてフォアチェックを仕掛けた。つまりタケのポジション次第で4-4-2と4-2-3-1の2つのシステムの間を可変するわけで、戦術のキーマンのような立ち位置といえる。

 実際、タケはソシエダ戦と同様に、敵2ライン(DFとMF)間を動き回りながら、積極的に味方のCBやセントラルMFのパスの受け手となっていた。そしてボールを持てば、サイドの選手とのパス交換、あるいはドリブルによる突破から、クロス、ラストパス、シュートを繰り出した。

 全体的に見れば、タケはエメリが求めていた役割を果たしていたと言える。ただ惜しむらくは、ゴール前に侵入しても、最後の局面でのプレーに精度を欠いたことだった。

 チャンスはいくつもあった。開始5分には、右サイドからチュクウェゼに鋭いパスを送ったが、ナイジェリア人アタッカーのシュートは大きく外れた。さらに12分には、一気にドリブルでゴール前まで持ち上がったが、バエナに送ったパスは勢いがなく相手DFにカットされた。

 そして44分にも、高度なテクニックと非凡な状況判断力を駆使して絶妙なパスを出したが、マリオ・ガスパールのシュートは枠を捉えることができなかった。

ライバルが不在の間にアピールしたかった

 後半に入っても流れは変わらず、65分にはダニエル・パレホのパスからこの日一番のチャンスを得たが、得意の左足から放たれたシュートはポストをかすめてゴールラインを割った。ただこれはシュートを打つ瞬間、相手DFのチャージを受けてバランスを崩されており(現にタケ、近くにいたアルカセルとビセンテ・イボーラはPKをアピールした)、仕方のない面もあった。

 結局、守備に奔走し、ボールを積極的に要求し、局面を打開するプレーも見せたが、終始最後のところでのプレーに精度を欠き、この日も無得点に終わった。

 運に恵まれなかったこともあるし、チーム自体もアルカセルのゴールで先制しながら、逆転負け(1-2)を喫したように、ゴール前で詰めが甘かったのはタケだけではない。ただプレシーズンマッチ全体の傾向として、アクティブに動き回りボールに絡んでも、ゴールに直結するプレーをなかなか見せることができなかったのも事実だ。

 定位置争いのライバルのひとりであるジェラール・モレーノがスペイン代表に招集されている間に、開幕を迎える前にはっきりした形でアピールしたかったが、それも叶わなかった。

 これでビジャレアルはプレシーズンマッチの全5試合を消化した(2勝3敗)。ラ・リーガ初戦は13日、相手は昇格チームのウエスカだ。

文●ハビエル・マタ(アス紙ビジャレアル番)
翻訳●下村正幸

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

あまり開幕スタメンにこだわらなくてもよいのでは。
開幕スタメンが理想だけど、試合数が多い。3つのポジションを4人で争う。レンタルで来たばかりで既存の選手が多い。マジョルカのときと同様で既存の選手をまず使う。だからパスは来ない。
慌てず、交代やチャンスがきたときに爆発してアピールしていけば久保の潜在能力からしたら先発奪取は時間の問題だと思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

相変わらず久保を持ち上げるコメントが…
でも現実は厳しいと思うけどなぁ
チームに合流して日が浅いから仕方ないけど最後の詰めが甘かったりミスが目立つ
そして何よりもゴールを狙う姿勢が少ない気がする、
無駄にパスしないで少し我儘でも自らドリブルで突破とかしないと!
何より結果を求められてる筈だから
こんなコメントするとアンチみたいに思われて叩かれるだろうけど

 

3:名無しさん@さかまと!

PSMは得点よりも監督に与えられたタスクがこなせるかどうかがアピールポイント
その点久保選手は上手出来ていたと思う
暫くベンチかもしれないけど試合数多いし問題ない
むしろシーズン終盤酷使されてたし、休めるのはプラスかも
もう彼を子供扱いするのは失礼だけど、応援してる?大人がせっかち過ぎるのは恥ずかしい

 

4:名無しさん@さかまと!

全てはレアルでスタメン獲得のための試練。厳しいほど、乗り越えた先のリターンが大きいはず。応援しましょう。

 

5:名無しさん@さかまと!

現時点でスタメンは厳しいかもしれないが、そこから這い上がるのが久保くんですから!!
期待してます!

 

6:名無しさん@さかまと!

マジョルカの時みたいにコンスタントに活躍して少しずつスタメンの機会を増やしていってほしい

 

7:名無しさん@さかまと!

ようやくお互いの癖やコンビのタイミングが取れてきただろうから、本番に期待したい。

 

8:名無しさん@さかまと!

トップ下じゃないのなら、右サイドで使って欲しかった。

 

9:名無しさん@さかまと!

大丈夫。本番になればゴール&アシスト量産するよ。

 

10:名無しさん@さかまと!

見てるこっちはヤキモキしちゃうけど、本人が一番冷静なんだろうな。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.