移籍・契約関連情報

【移籍】堂安律、移籍を完了させるため、PSVの合宿には不参加!フライブルグ加入が秒読み段階に!!!

記事の内容

堂安律、「移籍を完了させるため」合宿不参加とPSVが発表…フライブルク加入が濃厚

 PSVは4日、同日からドイツでトレーニングキャンプを行うメンバーを発表。日本代表MF堂安律は、「移籍を完了させるための時間」が与えられ、29名のメンバーから外れた。

 堂安はドイツ1部フライブルクへの移籍に近づいていることがドイツ・オランダの各メディアによって報じられており、まもなくメディカルチェックを受ける模様。オランダメディア『Voetbal International』によると、PSVとフライブルクは、ボーナス込み最大850万ユーロ(約12億円)の移籍金で合意したようだ。

 現在24歳の堂安はガンバ大阪の育成組織出身。2017年夏にフローニンゲンへと移籍し、2019年8月にPSVへのステップアップを果たした。1年目は思うように出場機会を得られず、2020-21シーズンはビーレフェルトに期限付き移籍。同クラブのブンデスリーガ残留に貢献した。21-22シーズンはPSVに復帰し、公式戦39試合の出場で11ゴール3アシストを記録した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe041a49e5be706ab7d968611306775c77fb5c84

記事の内容

堂安律はやはりブンデス移籍決定的か。PSVが新たな攻撃的MF補強完了

 PSVの日本代表MF堂安律は、やはりドイツ1部のフライブルクに移籍することになるのかもしれない。PSVは攻撃陣に新たな選手の補強を決めており、堂安の移籍決定に向けたさらなる後押しとなることも考えられる。

 オランダメディアが3日に報じたところによれば、堂安はフライブルクへの移籍に向けてクラブ間ですでに合意に達しているとのこと。メディカルチェックさえパスすれば移籍が決定する状況だとされている。

 4日にはPSVが、オランダ代表MFフース・ティルを獲得したことを発表した。ロシアのスパルタク・モスクワから完全移籍で加入し、PSVと4年契約を交わしている。

 攻撃的MFのティルは昨季フェイエノールトへレンタルされ、エールディビジで15得点を記録する活躍を見せていた。新たなアタッカーを加えたことは、堂安のドイツ移籍に向けた前兆のひとつかもしれない。

 報道によればPSVがティルの獲得に支払う移籍金は400万ユーロ(約5億7000万円)。一方で堂安は、フライブルクとの間で800~850万ユーロ(約11億3000万~12億円)の移籍金が合意に達していると報じられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a13a969a547df9b35ef630f9d400b39a7456ee6

 

1:名無しさん@さかまと!

堂安はいつも結局チャンスが回ってくるね。 あとは大活躍するのみ。

 

2:名無しさん@さかまと!

板倉も堂安も良い移籍をするなぁ。やっぱりこういう上目指して4大リーグにチャレンジする選手を日本代表でも大切にして欲しい。世界と闘うには彼等のような真に高いレベルを知る選手が必要だよ。

 

3:名無しさん@さかまと!

ブンデスでドイツのプレースタイルに慣れておくのは、W杯ドイツ戦で好材料だと思う。

 

4:名無しさん@さかまと!

続々とWカップ前に良いチームに移籍出来てるな。 後は久保くらいか。早く決まって欲しいね。

 

5:名無しさん@さかまと!

堂安をまたブンデスで観れるの嬉しい!活躍期待してます!

 

6:名無しさん@さかまと!

そこそこ移籍金行ったね。後は額面通りの活躍してW杯に備えるだけだな。

 

7:名無しさん@さかまと!

総額12億ってフライブルク規模だとかなりの破格だな。

 


-移籍・契約関連情報
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.