未分類

【知ってましたか?】シュミット・ダニエル、ベルギー1部で現在セーブ数1位。

日本代表でベルギー1部シントトロイデンGKシュミット・ダニエル(28)がベルギー生活で体重が2キロ増えたことを明かした。

10日、シントトロイデンの経営権を持つDMM.comが、Jリーグの提携クラブとサッカーゲームを使ったオンライン親善マッチ「e-Stadium at home DMMゴールデンマッチ」を開催。シュミットがファジアーノ岡山FW上門知樹とMFデューク・カルロスと対戦した。

日本に帰国しているシュミットは、ベルギーでの食生活に言及。朝と昼はクラブで食事をとり、肉が主体で体重が2キロ増えたという。代表活動で日本に帰ると「厚くなった」と言われるそうで

「やりにくさは感じていない。筋トレでは背中、臀部(でんぶ)、太ももと体の中央を鍛えている」と話した。

第1試合でシュミットは上門と対戦。「FIFA20」でオンラインで、シュミットはシントトロイデン、上門はイタリア1部のボローニャを選択。ゲームの中のGKシュミットが好セーブを連発し、試合終了間際にボローニャDF冨安のミスにつけ込み、シントトロイデンが勝ち越し点を上げ、2-1で勝利した。シュミットは「ベルギーで前半戦は被シュート数1位で、それにともなって、セーブ数もトップに立った。最高の環境でもまれています」とベルギーでのプレーの手ごたえを口にした。

第2試合は、ゲームが得意のデュークとの対戦。シュミットは、中大時代に特別指定で登録されていた川崎フロンターレを選択。デュークも、下部組織で所属していた川崎フロンターレを選択しフロンターレダービー!? となった。デュークにエリア内で崩されて失点を重ね、シュミットは川崎Fでの対戦を思い出しながら「やられた感満載の失点」と苦笑。1-5と大敗した。シントトロイデン対岡山の対戦は1勝1敗も、得失点差で岡山の勝利となった。

元記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-25100553-nksports-socc

 

この記事に対する反応

 

シュミットは日本人でも稀な「デカくて足元が上手いGK」。
厳しい環境でガンガン経験値を重ねて、日本サッカー界史上No.1GKを目指してほしい。
期待しかない。

 

 

ロアッソの時、最強すぎて絶対代表行けるやろって思ってたら、期待を裏切らず行ってくれた大好きな選手。まずはベルギーリーグでダントツのGKになって欲しい。

 

 

年齢28なんだ…。最近出てきたから、もう少し若いと思ってたわ。う〜ん……。GKはFPポジションよりピークが来るのが遅いって聞くし。まぁ良しとしましょうか。

 

 

GKがヨーロッパで当たり前に出ていること自体が素晴らしい。行ってよかったね。


-未分類
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.