特集・コラム・インタビュー

日本の“海外組輩出力”に中国メディア感嘆、アジア比較「驚くべき成果を上げている」

記事の内容

アジア選手の推定市場価格トップ10、日本人が半数を占める結果に

ドイツ移籍情報専門サイト「transfermarkt」が公開しているサッカー選手の推定市場価格を基に、
「アジア人選手トップ10」ランキングが組まれたなか、
日本人選手が半数を占める結果に中国メディア「シナスポーツ」が
「日本人選手が海外で驚くべき成果を上げている」と驚嘆している。

市場価格とは、選手の年齢や過去の実績などを踏まえた移籍市場における推定金額であり、
その選手の価値を測る指標としてドイツ移籍情報専門サイト「transfermarkt」が算出。
現在のサッカー界におけるアジア選手のランキングも発表している。  

トップ10のなかに日本代表の選手5人がランクイン。
日本人プレーヤーの中で最上位が1600万ユーロ(約19億円)のMF中島翔哉(ポルト)だ。
続いて4位タイの1350万ユーロ(約16億円)でMF久保建英(マジョルカ)、
DF冨安健洋(ボローニャ)が並び、
7位タイの1000万ユーロ(約12億円)でMF南野拓実(リバプール)、
9位タイの800万ユーロ(約9億4000万円)でMF鎌田大地が食い込んだ。  

その結果に中国メディア「シナスポーツ」が反応。
「中国リーグは長年にわたって活発に活動してきたが、
どのぐらいのレベルまで発展したのか?」
と投げかけつつ、
「日本の選手が5席を占め、韓国の選手が3席。中国ではウー・レイが唯一トップ10に入った」
と触れている。  

イラン代表FWサルダル・アズムン(ゼニト・サンクトペテルブルク)
が1450万ユーロ(約17億円)で3位に入った一方、
中国では9位タイの800万ユーロでFWウー・レイ(エスパニョール)
がぎりぎり滑り込んだ形だ。

「リストのトップ10は日本人選手が半分を占めている。
日本人選手が海外で驚くべき成果を挙げているのが分かる」と称えた。  

東アジア3カ国における“海外組輩出力”において、
日本が頭一つ抜けており、韓国との2強を形成。
「3カ国の選手の状況は、サッカー代表チームの強みとも一致している」と分析していた。

Football ZONE web編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/0cec97046f94ae4b64ac4d8dff03a549ef01a4fe

 

1:名無しさん@さかまと!

中国メディアは自国に厳しく反省点などを冷静に分析していて良い印象。
日本は自国に甘々だし、韓国は他国と比較して自分達の優位性を自慢したがる。

 

2:名無しさん@さかまと!

中国は政府には問題あるが、スポーツに関したメディアは
プレミアなど海外サッカーに精通しているためかしっかりしている印象がある。
中国サッカーの場合は国内クラブで高い給料がもらえ、
代表よりクラブに集中して国内リーグやACLなどで満足している印象がある。
ヨーロッパに行きたいという気持ちがあまり無いのかも。

 

3:名無しさん@さかまと!

岡ちゃん、香川、長谷部なんか4大リーグのリーグタイトル獲ったりしてるもんなー。
間違いなく日本サッカーも進歩しているのだろう。
これから先は南野、冨安、久保辺りは大きいタイトルも狙えそうかな?

 

4:名無しさん@さかまと!

四大リーグに選手を送り込みつつ、それだけでなくJリーグも世界有数のリーグに。
そのためにJリーグへの投資が増えてるといいな。
アジアの枠を超えて欲しい。

 

5:名無しさん@さかまと!

確かに層の厚さは日本の強みになる。次のカタールW杯は23人全員が欧州組の可能性もある。
攻撃陣に関してはPSVやフランクフルト所属の選手が当落線上だもんな。
Jからはガンバの昌子源が控えで入るぐらいか。
現状SBの控えが弱点になってるが、AZ菅原がいるし室屋、橋岡なんかも欧州にいくだろう。

 

6:名無しさん@さかまと!

いや、ウーレイが入ってるのはすごいことさ。
日本だって何年も前は同じ状況だった。
ここから発展がなければ残念だけどね。

 

7:名無しさん@さかまと!

最後のパーツは監督だな。
世界に通用する監督育成の仕組みを作らないとね。
ドイツは先日の記事を見ても色々と革新的な取り組みをしていたよね。
アルゼンチンは育成学校が討論形式だったよね。
どっちも名将排出大国だからな。両国から学ぶべきだよな。

 

8:名無しさん@さかまと!

中国と30年近くビジネスで関わっている。
自論だが、彼らの生活習慣が、海外リーグ挑戦を阻んでいる様に感じる。
特に、食へのこだわりは、我々日本人の想像を超えていて、
地元の食材や味付けの食事でないと、海外では長くもたないらしい。
海外のインフラプロジェクトなどでも、地元の食事では持たないから、
仕方なく中国からコックを連れてゆく。
若く実績の無い若手サッカー選手が武者修行で、
中華料理店すら無いヨーロッパの地方都市では、
精神的に持たないのだろう。
その点、日本人は和洋中どんな料理も食べる逞しさがある。
この差が出た結果だと思う。

 

9:名無しさん@さかまと!

中国のほうが一時期は国家が力を入れて海外移籍させていたんだけどね

 

10:名無しさん@さかまと!

中国はまず八百長を根絶してからだよ
シーズン末期は莫大な金が動くからね

 

11:名無しさん@さかまと!

ウーレイという成功例があるだけ恵まれてるほうじゃないかな

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.