特集・コラム・インタビュー

「日本の高校サッカーが羨ましい」W杯最終予選で苦戦の中国が抱える育成の“問題点”

記事の内容

【中国サッカー考察コラム】元大連人ユース所属のシャ・シュサイ氏が育成環境を分析

 日本のサッカーファンの皆さま、こんにちは。中国サッカーメディアにて活動をしている久保田嶺です。今回は中国サッカーの育成環境、特に日本との違いについて書きたいと思います。中国代表は現在、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選1勝3敗でグループ5位と厳しい状況が続いており、「育成環境から見直すしかない」というファンの声をよく聞きます。そして、特に「日本の育成を見習うべき」という声も多く上がっています。そこで中国サッカーの育成環境に詳しい、中国1部・大連プロフェッショナルFCのユースチーム出身者に話を聞きました。

「高校サッカー、大学サッカーが存在していないのは大きな問題です」

 こう話すのは、大連人職業足球倶楽部のユースチームに所属していた車生才(シャ・シュサイ)氏です。大連人と言えば、2018年のロシアW杯で日本代表と対戦したベルギー代表MFフェレイラ・カラスコなどもプレーした名門チームであり、シャ・シュサイ氏はその大連人の下部組織に2004年に加入、トップチーム昇格を目指してプレーしていました。

「日本の高校サッカーが羨ましい」

 これは日中の育成環境を比べる際、よく中国サッカーファンや関係者が口にする言葉です。中国では基本的に中学生ぐらいまでは街クラブでプレーし、そこで実力がある選手は随時プロチームの下部組織へ移籍、または全国にあるサッカー学校へ入学します。しかし、その先の高校では、中国では部活動というのが基本的にないために、下部組織やサッカー専門学校に入れなかった選手が、高校のサッカー部に入りサッカーを続ける、という選択肢はありません。つまり、中学生までに頭角を現した選手のみが本格的なサッカーを続けることができることになります。

 また、プロチームの下部組織やサッカー学校へ入学するのにも、大きな問題があります。

「私は大連人のユースチームにいましたが、全員が寮で共同生活をし、そして一般的な学校へ行く必要はなく、チームが準備する塾で最低限の勉強をします。サッカーをするのにはぴったりですが、サッカー以外のことを知ったり、友人を作るということは非常に難しいです」

 日本であれば下部組織の選手たちも、それぞれが一般の学校へ通い、放課後にチームへ集合、練習するのが基本かと思いますが、中国は良くも悪くもサッカーのみといった生活になります。

中国の大学サッカーリーグは「日本のサークル活動に近い状態」

 したがって、中国では下部組織加入やサッカー学校に進むということは、一般的なルートから大きく外れる選択となり、選手自身の覚悟はもちろんのこと、彼らの家族にとっても大きな決断となります。学歴社会が強い中国において、この決断が容易ではないというのは想像に難しくありません。選手が希望しても、家族が反対し、サッカーの道を諦める選手も多いと聞きます。

 また、近年では三笘薫選手(筑波大出身)や長友佑都選手(明治大出身)など、大学サッカーが大きな選手供給の場となっている日本ですが、中国では大学サッカーからプロへ行く選手は全くいません。シャ・シュサイ氏もこのように話しています。

「サッカー推薦という形で下部組織やサッカー学校の選手が、サッカーで大学に入学するのはあります。それがプロになれなかった選手の一個の出口戦略、そしてプロサッカー選手になる道との別れではありますが、それでも1つの大学で1名程度しかサッカー推薦はありませんので、日本以上に圧倒的に狭き門です。大学リーグは一応ありますが、日本のそれとは実力や運営など全く異なり、日本のサークル活動に近い状態です」

 最後に私の意見ですが、この下部組織やサッカー学校が中国サッカーにとって完全に失敗というわけでは決してなく、例えば現中国代表のエースFWウー・レイは、上海にあるサッカー学校「根宝足球基地」に中学生から進学し、プロ選手の夢を叶え、そして現在ではスペイン1部エスパニョールで活躍しています。

 しかし、例えばガンバ大阪のユースチームに上がれなかった本田圭佑選手や、明治大で頭角を表した長友選手など、高校年代以降から才能が開花し、その後ヨーロッパで活躍する選手は日本で非常に多いのに対し、現在の中国だとそういった選手が生まれない環境になってしまっていると言えます。

 下部組織やサッカー学校の、選手たちへのサッカー以外のサービス提供を増やし、また高校世代でサッカーを辞めてしまう人をいかに少なくできるか。日本の高校サッカーに近いものを構築できるか。ここが中国サッカー長期的な発展のポイントの1つになってくるかと思います。

 

1:名無しさん@さかまと!

裾野が広いのは日本サッカーのいいところだな。
セカンドチャンス、サードチャンスがいくらでもある。
古くは俊輔、本田、長友、香川とか。
逆にU12とかU15で代表のエース級みたいな選手がそのままトップクラスってことは難しい。

 

2:名無しさん@さかまと!

日韓大会の時に代表監督務めたトルシエさんが、育成はクラブチームにとっては金銭的にも負担がかかる部分でもあるからそれを学校という公共がやってくれてる仕組みについて大きく評価をしていた。
ただ、Jリーグができる前から有る仕組みで一朝一夕で作り上げられるものでもまたないので、中国が真似してもそれが機能してくるには長い時間が必要かなとは。

 

3:名無しさん@さかまと!

部活や大学サッカーなんてのは日本独自の文化であって他の強豪国は無いところばっかだから別に日本だけ参考にする必要は無いぞ

 

4:名無しさん@さかまと!

うちの中国人スタッフに、「(全国高校野球や高校サッカー選手権が)今年は100回記念大会だね」というとびっくり。日本人は普段何気なく聞いてることでも、よく考えたら凄いね、100年も大会が続いてるなんて。
あと、「今年の(京都の)桜の開花はここ1200年で一番早かったらしい」と言ったら「1200年も記録が残ってるのか」とびっくり。
「熊本城の石垣が(熊本地震で)崩れたけど、設計図通りに積みなおすんだって」と言ったら「石垣に設計図があるのか」とびっくり。
中国は歴史があるが、国が変るたびに城も文書も焼き払われるからそんなの残ってないらしい。

 

5:名無しさん@さかまと!

高校・大学サッカーという出口戦略のある日本の環境が寧ろ世界的には異端
欧州はクラブが主体となっているから同じような環境の中国サッカーが低迷してるのは決して日本のような環境にないからではないだろう
指摘されてるのは指導者の質の問題や門地に拘って適正な人材が登用されていない事が競争力を阻害しているひとつの要因だと思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

といはいえねぇ。
日本に来てる中国人とスポーツの話すると一様に「中国でチームプレイは一流にならないよ。個人の我が強すぎるから(笑」と言うんだよね。
中国人は国民性からみんなで勝利と言うのが好きではないみたい。
自分こそがNo.1って思想なので卓球や体操などチームプレイが重要でない競技に強みがあると言ってたし理解もできるね。
卓球のダブルスも敵は相手ではなく相方だと言ってたし。
根本的な初等教育から改革しなくてはチーム競技のレベルアップは無理だと自覚してるようでした。

 

7:名無しさん@さかまと!

あれだけ人口がいれば、他のスポーツのようにスーパーな選手って絶対埋もれてると思う。
スポーツに関しては中国は本当に真面目。
あの国が本当になって育成世代の環境を整えたら、アジアの底上げとしてすごく貢献してくれると思う。
日本としては少し困るけど、ちょっとだけ期待したい。

 

8:名無しさん@さかまと!

人口の多い中国が本気になれば強くなるってよく言われるけど今のシステムでは難しいみたいですね。
プロリーグは豊富な資金力で外国人を引き抜いてそれなりに強くはなっているがそれも今や怪しくなってきているし……。
中国のシステムでは古橋選手や少し前では中澤選手のようなほぼ無名だった選手が代表の中心選手になるようなことはないってことですね。
そういう成り上がり的な選手がいた方が面白いのにね。

 

9:名無しさん@さかまと!

日本の場合は、文武両道という考え方だからでしょう。中国に限らず、韓国も確か部活はないと思うが…。
スポーツやその他、芸能など早いうちから才能のある者は、
その道に進むという感じで勉学・学校生活とは切り離してる様だしね。
日本の様に、興味があるからやってみるでしているうちに、才能が開花する場合もある。
それも10代で開花しなかったものが20代で花開くこともあるので、いろんな選択肢が広がって良いと思う。

 

10:名無しさん@さかまと!

やっぱり システムがいいとか悪いとかよりは
野球の甲子園、サッカーの国立、ラグビーの花園、等々。 スポーツだけではなくて
文化の面でも高校生が目指す憧れのようなものがあってそれを国民が一喜一憂するってのはアジアでは日本人くらいなもんだと思う。

 

11:名無しさん@さかまと!

ウーレイの例を以て完全な失敗というわけじゃないと言うのもどうかと思うんだよな
中国の本来なら有しているであろう人材の多さに対して、芽が出たのがウーレイだけと言うのでは、それはもう失敗ではないのかな
それとも今後は続々と生まれる兆候があるのだろうか

 

12:名無しさん@さかまと!

ただ日本も一つのクラブに専念みたいなところが大きいから、複数のスポーツかけもち文化広まっても良いなぁとも思う
夏と冬で違うスポーツやってもいいし、自分に合ったスポーツに出会えるかもしれないしね

 

13:名無しさん@さかまと!

逆に欧州は街ごと、もっと言えば集落ごとに社会人の街クラブがある環境で、各クラブがアンダーカテゴリーの下部組織を持っている状況。
それは欧州のサッカー文化たる所以な訳だけど、日本はそこの裾野の部分を高体連や大学サッカーでうまく補えているよね。

 

14:名無しさん@さかまと!

日本の部活動全般レベルの高さは
世界一だと思う誰でも挑戦出来る権利があるし
ほとんど高校生で色々なスポーツが出来る
素晴らしい文化だと思うよ

 

15:名無しさん@さかまと!

中国では早めに才能が開花した選手だけ上に進めて落ちた選手には復活の機会が無い。
その為、遅れて才能が開花する選手がいても表にでず、
早く才能を発揮した選手も成長するにつれ頭打ちになり技術が上がらない悪循環になっている。

 

16:名無しさん@さかまと!

ユニバーシアードのサッカーじゃ日本はもうずっと世界最強国だからね。
(21世紀に入ってから開催されたユニバーシアード10回のうち、日本の成績は優勝6回3位3回5位1回)
日本の学生サッカーという土壌が世界的に見るといかに稀かということが分かる。

 

17:名無しさん@さかまと!

ユースとか入れなくても高校や大学でプロ目指せるしプロが駄目でもJFLとかからまたプロ目指せるし日本て改めて門徒が広いな。

 

18:名無しさん@さかまと!

部活があり、ほとんどの学校にプールがあるのは世界的に見たらレアケース。教師の犠牲で成り立つのも事実。父母の負担も重い。

 

19:名無しさん@さかまと!

日本はサッカーに限らずたくさんのスポーツに中学校、高校、大学と地方大会や全国大会があることがいいよね!

 

20:名無しさん@さかまと!

長友が大卒だということがイタリアでニュースになったけれど、日本の様な高校や大学の選手権で頭角を現す方が世界的に異質なのでは?

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.