特集・コラム・インタビュー

【中国の反応】「日本とどう競えばいいんだ?」“伏兵”遠藤航の2G2Aに中国メディアが驚愕!「我々のエースはスペイン2部で…」

記事の内容

「典型的なブルーカラーの選手」の大爆発に…

 躍動した日本人MFにアジアのメディアも注視しているようだ。

 2月28日、中国のスポーツメディア『捜狐体育』は、前日に行なわれたブンデスリーガ第23節のシャルケ戦で、2ゴール・2アシストと大暴れし、シュツットガルトの5発大勝の立役者となった遠藤航の活躍を伝えた。

 記事は、「中国代表と日本や韓国との差はどのくらいあるのか? 代表レベルでは、日本との試合は長い間行なわれていないが、海外組を見れば、その差は明らかだ。今週は新たな日本人プレーヤーが夢中にさせた」と綴り、中国では有名とはいえないボランチのキャリアを紹介している。

「中国スーパーリーグとACL(アジア・チャンピオンズリーグ)に精通しているファンは、この選手を詳しく知っているかもしれない。早く海外に出た多くの日本人選手とは異なり、エンドウは2018年まで浦和レッズでプレーし、17年にACLで優勝した後、18-19シーズンにベルギーのシント=トロイデンという、あまり有名ではないチームで(海外挑戦を)スタートさせた」

 そして、ベルギーで実力を発揮し、19-20シーズンにシュツットガルトに渡ったMFについて、「28歳のエンドウはタレント性のある選手ではなく、守備が得意で、ブンデスリーガの典型的なブルーカラーの選手だ」としつつ、その“労働者タイプ”が4ゴールに絡んだことに驚愕している。

「シャルケとのゲームで、エンドウはCKから2ゴールを挙げただけでなく、2アシストをマークして、4ゴールを創出。最終スコアは5-1の勝利だった。さらに、6つのクリアという仕事もこなしている」

 さらに、エスパニョールで控えに甘んじている中国代表のエース、ウー・レイを引き合いに出し、日本や韓国の海外組との格差を嘆いている。

「2021年に入り、ヨーロッパの日本と韓国の選手は、爆発的に輝いている一方、我々はウー・レイがスペインの2部でプレータイムを得るのを願っているだけだ。海外組という観点から考えると、中国と日本や韓国の選手の間には、大きな差がある。両国のようなアジアのトップチームとどのように競えばいいのか? ワールドカップ? 難しすぎる。中国のサッカーはもっと現実を見なければならない」

 目立つ存在ではなかった遠藤がブンデスリーガの舞台で鮮烈な活躍をしたことで、日本の層の厚さを見せつけられ、中国メディアが受けた衝撃は小さくなかったようだ、

https://twitter.com/skyperfectv/status/1365683427446415362

https://twitter.com/skyperfectv/status/1365688277991260160

https://twitter.com/skyperfectv/status/1365711551789887493

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

人口も多いし金もあってリーグに有名選手もバンバン集めてくるのに、中国のサッカーが強くならないのはなんでなんだろうな。

 

2:名無しさん@さかまと!

サッカーに関しては、中国スポーツメディアは公平冷静な感じがする。優れたメディアが選手を育てることもあるのだが、中国は伸び悩んでいますよね。最近団体競技での中国の成績はいまいちな感じもするし、民族性とフィットしないのかな?

 

3:名無しさん@さかまと!

ウーレイだけじゃなく他の選手に言えよ
事あるごとにウーレイが出てくるけどウーレイは海外で揉まれながら頑張ってるんだから
国内リーグのぬるま湯に使ってる代表レベルの選手が問題だと思いますが?
そりゃプロなんだから収入なんだろうけど自分がどれだけ海外で通用するか試したいと思わないアスリート文化が悪いわ
あんなに人口が多い国なのにウーレイに続く選手が出てこないとアジアですらNo.1になれませんよ?

 

4:名無しさん@さかまと!

中国の今のやり方は間違っていない。
ちゃんと頑張っているから強くなりますよ。中国は確かブラジルに拠点を置いて若年層の底上げを図っていますよね。それがきっと身を結ぶ時が来るのではないでしょうか。お互いに切磋琢磨していきましょう。

 

5:名無しさん@さかまと!

まだまだアジアはサッカー発展途上国群。その一員なんだし、中では金もあり、チームも国内外に所有してるんだから、日韓に勝つなんて事より、二十年先を目指して中国版翼をたくさん育てりゃいいじゃんか! ただ負けても負けても応援というメンタリティが無いのが残念。

 

6:名無しさん@さかまと!

中国は資本主義が発展する前の方が強かったと思う。2002年のワールドカップ出場をピークに弱くなっているのは、国内の選手が大した実力が無いのに大金を手にし過ぎているからと、自分を犠牲にしてフォアザチームに徹する精神が国全体で薄れているからという二つの理由が挙げられるだろう。

 

7:名無しさん@さかまと!

中国にも優秀な才能を持った選手はいるだろうが、そういう人が埋もれていく中国社会に問題があるだけだと思うよ。例えば、あまり芽はでないけどサッカーが好きだからサッカーを続けるとか中国社会じゃ厳しいでしょ。大学でないといい仕事に着けないから諦めるしかない。

 

8:名無しさん@さかまと!

国内リーグ強化はもちろんだが、若手有望選手をどんどん海外に出せばいいんですよ。もちろん選手自身が収入が減ってでも海外へという強い思考があれば、の話ですが。日本は国内リーグが世界基準で比較するとイマイチ伸び悩んでますけど、海外経験者が増えれば増えるほどいずれ国内に好影響を与えると思いますよ、少し時間がかかるけどね。

 

9:名無しさん@さかまと!

仕事を通じて知る中国の方は努力家が多いが、努力は自分の為にするものであり人をアシストするものとは思っていなかった。俺が俺がが強い為ジョイントベンチャーでも相手に合わせず自己主張が多くて苦労しました。そう言う育ち方が多いので個人プレーのスポーツは強いがチームプレーの団体競技には向かない国民性なんでしょう。

 

10:名無しさん@さかまと!

もう還暦が近いサッカーファンですが、私が子供の頃から中国が本気になったらあっという間にアジアのトップになると言われていました。アフリカも40年以上前からいずれワールドカップを獲るようになると言われてたっけ。。。当時、子供の自分はなんとか自分が生きてるうちに日本がワールドカップに出れたらいいけどなどと思っていたりもした。予想通りならないところがおもしろいんですけどね。

 

11:名無しさん@さかまと!

ウー・レイと遠藤じゃポジションも環境も違うから比較してもしょうがないと思うけどね。中国人選手ももっと海外挑戦すれば変わってくるだろうけど、現状ではわざわざ助っ人として中国人を取ろうとするヨーロッパチームなないでしょうね。強力なスポンサーつけて海外チームに送り込むか、国内リーグの八百長体質を改めてレベルアップしなければ中国サッカーの未来はないかもね。

 

12:名無しさん@さかまと!

日本サッカー界におけるシントトロイデンやポルティモネンセのような、その国への理解があるクラブがあれば、選手が欧州の環境に慣れるという意味でも良いと思う。

 

13:名無しさん@さかまと!

国内でプレーしてても高額な給料が払われているんだから海外移籍して活躍しようという野心は少ない。
うまくいけばリーグを強くできるが、悪い方向にいっちゃってるのがもったいないな。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.