【試合】前評判・結果・戦評

帰化選手より怖い?日本を迎え撃つ中国、ドーハを“ホーム化”して得る不気味な優位性

記事の内容

コロナ禍で日程面の“恩恵”を受ける中国、豪州とのW杯最終予選初戦もドーハで開催

 森保一監督が率いる日本代表は9月2日に吹田スタジアムでオマーン、7日にカタールのドーハで中国と対戦する。ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のスタートであり、森保監督が現在最も信頼するベストメンバーを招集したと考えられるが、不安要素になりそうなのが、オマーン戦から長距離移動を挟むことだ。

 無所属の長友佑都を除く欧州組は、日本に来てカタールに移動するという旅程になる。欧州での生活が長い選手たちは空路の長距離移動に慣れているが、日本に来て準備もそこそこに試合を行い、V字を描くように中東のカタールまで移動して試合をするのは簡単ではない。

 メンバー発表会見では、こうした事情も踏まえて日本のホームゲームとなるオマーン戦もドーハで開催するプランが出なかったのかという質問もあったが、反町康治技術委員長は「やはり我々としては日本のホームのアドバンテージがある。日本の皆さんにも真剣勝負を見てもらいたい」と回答していた。

 さらに反町委員長が「日本でいい活動をして、本来であれば中国に行くところがカタールになった」と説明する通り、もともと日本から中国という移動の想定があったところから、新型コロナウイルスの防疫のために、中国政府が外国人の入国を規制している事情を受けて、かなり直近になって会場が中立地のドーハに変更された事情もあるだろう。

 今回のオマーン戦は上限5000人とはいえ有観客で行われる予定であり、声出しは禁止だが、拍手での後押しを受けながらの試合となるのは選手にも心強いだろう。しかも、日本時間で行われるため地上波で予定されるテレビを通して観戦できる人は多いはず。今回アウェーゲームの国内中継はDAZNのみとなっているので、なおさらだろう。

 そうした事情を踏まえても、やはり気をつけなくてはいけないのは中国がオーストラリアとの初戦をカタールで行うことだ。オーストラリアも現在、入国時の厳格な隔離措置を設けており、サッカー連盟が代表チームの特別措置を求めて政府と協議したが、合意に達しなかったことで、やむなくホームゲームを中立地で開催することになったのだ。

 この恩恵を受けるのが中国だ。本来オーストラリアに乗り込むはずだった1試合目を中立地で行うことができるうえに、そのままカタールの地に留まって日本戦まで調整することができるのだ。しかも、会場はオーストラリア戦も日本戦も同じハリファ国際スタジアムになるという。コンディションや気候に加えて、ピッチのアドバンテージも彼らにあるわけだ。

長距離移動の日本はコンディション、環境面の不利が“厄介な敵”に…

 本来であれば彼らは南半球のオーストラリアに向かい、厳しいアウェーゲームを戦った後に縦の移動で中国まで移動するはずだった。そうなるとホームの地の利はあっても、日本から中国に移動するだけの日本より不利な部分も大いにあるだろう。それがカタールのドーハ、しかも同じスタジアムになったことで中国側のアドバンテージ、言い換えれば日本側の不利は大きい。

 中国はエウケソン、アラン、アロイージオ、ティアス・ブラウニングという4人の帰化選手を擁して挑んでくる。彼らも日本にとって脅威だが、それ以上にコンディション、環境面の有利不利が“厄介な敵”になりそうだ。

 カタールのドーハと言えば、日本がアメリカW杯を逃した「ドーハの悲劇」が有名だ。しかし、2011年のアジアカップではザックジャパンが王者に輝き、負のイメージを書き換えた。今回はドーハが日本にとって歓喜の地になるのか、悲劇の地になるのか。もちろん前者になることを期待して注目していきたい。

 

1:名無しさん@さかまと!

本来はホームでやる予定だったし、空気感をホーム化するのは構わないけど、審判の買収だけはやめて欲しい。
中東の笛なんか聞こえないクリーンなゲーム展開を期待。

 

2:名無しさん@さかまと!

中国だけでなくオーストラリアまでもがドーハ開催になったことでグループBは地理的には中東4か国とベトナム、日本になった
これが明らかに有利に働く国はサウジとオマーンだろう
W杯予選は2試合セットだが初戦ホーム、2戦目アウェイは今回だけでしかも今回のアウェイが中国なので、以降は日本にはそれほど影響は無いと思う
中国は北京オリンピックまでは国内ルールが緩くならないと思うがオーストラリアはコロナが収まれば方針が変わるかもしれないね

 

3:名無しさん@さかまと!

そもそもカタールは何故こんな状況でも受け入れてくれるんだ。感謝した方がいいのか、事態を軽く見てるのか。
でも本戦に向けての予選の日程のが狂わない事に感謝しよ。

 

4:名無しさん@さかまと!

やはり初戦オマーン戦をカタールで行うべきだったろう。コンディション調整で出遅れるデメリットはかなり大きいのではないか。
これだけ海外組が多いと、日本で戦うことよりもコンディション調整を第一に考えてほしかった。
もう遅いが、オマーンとのホーム&アウェイを入れ替えてもらい中東で2試合できるようにといった、
代表チームがより良い状態で戦えるための尽力を、協会にはしてほしい。

 

5:名無しさん@さかまと!

中国戦は負けなきゃOK。
基本ホームは勝ち、アウェイは引き分けで予選は突破できるでしょ。

 

6:名無しさん@さかまと!

9月のドーハは真夜中でも空気は熱風が漂うかのような気候。日本とは種類の違う暑さで、すぐに慣れるのは無理。

 

7:名無しさん@さかまと!

やっぱ中国は移動無しか。早くに中東入りだったから予想通りだね。スタジアムの客席は冷房完備だがピッチにどれくらい関係あるのかね?
涼しいのか?暑いのか?調べたら涼しくもできるようだけどね。そこら辺も中国次第かもね。

 

8:名無しさん@さかまと!

韓国の中東アウェイ戦5試合を憐れんでいたが、日本の方がタチが悪くなった。ベトナムもかなり規制が強くなったらしいから、
アウェイのベトナム戦もカタールの可能性が高い。オーストラリア、サウジアラビアは言わずもがな。

 

9:名無しさん@さかまと!

両方ともカタールでやれば良いのに。
海外組の疲弊を招くだけだ。

 

10:名無しさん@さかまと!

オマーン戦をドーハでやれって声多いけど、最初から国内で出きるって言ってるのに、
移動とかの事情で急にホームゲームをドーハでやるなんてさすがに無理あるよね

 

11:名無しさん@さかまと!

日本の懸念は監督の采配だな

 

12:名無しさん@さかまと!

色々あるけどふたを開ければ圧勝。
と、なります様に!

 


-【試合】前評判・結果・戦評
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.