移籍・契約関連情報

“超大型補強”で話題沸騰のチェルシーが逸材ハベルツ獲得も正式発表! 総額99億円のビッグディールに

記事の内容

週給は史上最高額に

 3シーズンぶりのプレミアリーグ制覇に向け、ブルーズが止まらない。

 現地時間9月5日、チェルシーはレバークーゼンからドイツ代表MFのカイ・ハベルツを獲得したことを正式発表した。

 詳細は非公表だが、英衛星放送『Sky Sports』によれば、移籍金はクラブ史上2番目となる7100万ポンド(約99億4000万円)で、選手本人とは週給31万ポンド(約4340万円)の5年契約を締結したという。

 現在21歳のハベルツは、ドイツが生んだ超逸材だ。昨シーズンは、相手のタイトなマークに苦しみながらも国内リーグでチームトップの12ゴールを記録。ブンデスリーガ屈指の攻撃的MFという地位を確立した。
 
 今夏の移籍市場では、レアル・マドリー、バルセロナ、バイエルン、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンなど欧州中のメガクラブから関心を示されたが、最終的に潤沢な資金を誇るチェルシーが熾烈な争奪戦を制した格好となった。

 補強禁止処分を食らっていた昨夏と、そのペナルティーが解けた今冬に貯め込んだ資金をコロナ禍で欧州中のクラブが強化予算削減を余儀なくされるなかで、大胆に投じている今オフのチェルシーは、ハキム・ジイェフ(←アヤックス)とティモ・ヴェルナー(←RBライプツィヒ)に続き、先月末にはベン・チルウェル(←レスター)、チアゴ・シウバ(←パリSG)、マラング・サール(←ニース)と、次々と実力派の獲得に成功していた。

 そうしたなかで、人気銘柄のハベルツを手中に収め、3シーズンぶりのプレミアリーグも狙えるだけのスカッドが揃ったチェルシー。このかき集めた豪華タレント陣をフランク・ランパード監督がどう活かすのか。今後はイングランド人指揮官の手腕に注目が集まっていきそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

凄い補強。質、量共にゲームって感じ。
ランパードがどう生かすか。こんだけ補強してCL圏内だからOKとはならないでしょう、2強に迫って争うくらいはしないと。

 

2:名無しさん@さかまと!

今年のチェルシー本当に凄いわ。1回の移籍市場で取れるメンツじゃない。
完全に結果論やけど、補強禁止で金が貯める→コロナで他クラブは金欠の流れはチェルシーに追い風なったな。

 

3:名無しさん@さかまと!

今シーズンのプレミアもまた面白くなりそう
2強のリバプールとシティに
アーセナル、トッテナム、ユナイテッド、チェルシーがどこまで割って入ることができるか
BIG6に昨シーズンに続いてレスターは割って入ることができるか、またアンチェロッティ率いるエバートンも毎年前評判は良いが、やっと力を発揮することができるか、リーズやウルヴスといったチームも楽しみ。

 

4:名無しさん@さかまと!

来シーズンのチェルシーからは目が離せない感じになりそう。
期待通りか期待外れになるのか、ここからが監督の腕の見せ所だけど、監督は現場ともオフィス陣とも一定のリスペクトや良好な関係性がある感じだし、
昨シーズン、好不調の波はあれど一定レベルで若手を上手く使ってた印象もある上に、とはいえ、必要どころでは経験豊富なチアゴ・シウバみたいな実力者も居るし、期待したいところ!

 

5:名無しさん@さかまと!

今季個人的にはチアゴシウバ加入によってズマ、クリステンセン、リュディガー、トモリがどれだけ成長できるか、カンテとケパがベストパフォーマンスを取り戻す事ができるのかが楽しみ。
ハフェルツは凄い期待してるけど若い選手だし今季はプレミアへ適応する1年にしてほしいなと思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

凄い補強ですね。
もちろん補強したからと言って全てが上手く行くとは限らないのがサッカーですがランパード監督の采配にも注目です。
キーパーの補強もしたいですが交渉が上手く進まなければワンチャンケパにもう一度期待してみるのも良いかも。
チアゴ・シウバやチルウェル獲得でディフェンスが安定すればケパも安定するかも知れないし。
とにかく楽しみでしかない。

 

7:名無しさん@さかまと!

今期チェルシー、前線はヴェルナーツィエクプリシッチでしばらくいくんだろうけど、中盤はどうするんだろう。カンテジョルジーニョマウントハベルツバークリーコバチッチの誰をチョイスする?まじですごいメンツだ。
どちらにせよ、大型補強の反動でアブラハムマウントギルモア辺りを放出するようなことはあってはならない。昔のチェルシーに逆戻りだよ。

 

8:名無しさん@さかまと!

補強に目が行くけど、すぐに結果を求めるのは酷な気もする。
昨シーズンアザールが抜け、今オフではウィリアン、ペドロと功労者の退団もあった。
若手の有望株の立て続けの獲得は素晴らしいし、楽しみだけどチームとして成熟するためには時間を要するはず。
とにかくランプスの手腕に注目だ

 

9:名無しさん@さかまと!

今夏の移籍市場の主役は間違いなくチェルシー。ペドロとウィリアンという長年の功労者も退団して、完全に新生ブルーズに生まれ変わった。
ヴェルナー、ジェイフ、プリシッチ、ハベルツの4人で組む前線は若さも質も華もあって本当に夢がある。勿論マウント、エイブラハム、オドイの国産選手達の奮起も期待したい。
例年より十分な準備期間がない中で、ランパード監督がこの戦力をどう組み合わせていくのかが興味深い。これまでの監督と違い首脳陣との関係も良好だから、結果が出なくても長い目で見てくれそうではあるけど、それでもリーグ優勝が最低条件と言えるくらいの大型補強。チェルシーは勝負に出た。本当に開幕が待ち遠しい。

 

10:名無しさん@さかまと!

打倒リバプールとプレミア王者奪還のためにここぞとばかりに資金を投入してきたね。
どんなチーム運営になるのか。ランパード監督の手腕にかかっているね。

 

11:名無しさん@さかまと!

来シーズンはシティーとリバプールにどれだけユナイテッドとチェルシーが差を詰められるかだな。それにしてもチェルシーの補強は羨ましい
早くユナイテッドも補強を ファンデベークだけじゃ足りない

 

12:名無しさん@さかまと!

今年度より来年度に期待かなー。
こんだけメンバー入れ替わると
序盤で取りこぼしそう。
あとウィリアンの抜けた穴は大きいよ。

 

13:名無しさん@さかまと!

凄い補強やけど、若いチームは勢いはあるが案外脆さもありそう。まあ面白い攻撃的なサッカーは見せてくれそうやから楽しみやけどな。

 

14:名無しさん@さかまと!

怪我人続出した昨季のこともあるし、質量共によい厚さの補強になってると思う。あとは生え抜き若手との融合と、守備陣が固まるか。

 

15:名無しさん@さかまと!

これだけ取って扱えるのか?とかいう意見あるけど、大会が多いからある程度の駒が揃っていないと最初はいいけどシーズン半ばから終盤にかけて息切れする可能性あるから今のチェルシーにとっては最高の補強をしたと思う。
ペドロ、ウィリアンいなくなったと考えたらこれくらいのクオリティの選手は必要

 

16:名無しさん@さかまと!

ペナルティのための移籍禁止措置がこういう形で
クラブにプラスになるなんて皮肉なもの。
ビッグクラブでも、コロナによって選手やクラブ職員の大量解雇なんて例もある時期に。

 

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.