ニュース

神戸フィンク監督&C大阪ロティーナ監督、交代枠5人制に前向き 来季継続熱望も

記事の内容

J1神戸のトルステン・フィンク監督(52)とC大阪のロティーナ監督(62)が8日、
オンラインを通じた取材に応じ、Jリーグで今季に限って導入される交代枠5人制に肯定的な見解を示した。  

フィンク監督は
すごくいいルール変更。試合のテンポ、スピードが落ちないし、観客も喜ぶ。ケガ人も少なくなる
とメリットを強調し、「今後も活用してほしい」と来季以降の継続を熱望した。  

ロティーナ監督も
システムにより柔軟性が出て新しい状況になる。選手層の厚いチームは恩恵を受けると思う
と歓迎し、
変化があるのは面白い。サッカーの世界で働く人間は保守的になりがちだが、
新しい変化に適応していくチャンス」と前向きにとらえた。  

1試合の交代枠を1チーム5人に増やす一時的な規則改正は、
5月に競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)が承認し、
Jリーグでも5日の臨時理事会で正式決定されていた。

両外国人指揮官は再開後にピッチに新たな戦略を描いた。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/aeec79ec051ca6c1edd2719453a31bbb2a5a2a47

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-, , , ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.