特集・コラム・インタビュー

カレッカが語るマラドーナの仰天 エピソード「レモンで100回リフティング」

記事の内容

あのブラジル人Jリーガーはいま第6回カレッカ(前編)

今から3年ほど前、FIFAのインタビューでディエゴ・マラドーナは
自身のサッカー人生のなかで最高のチームメイトとは誰か?」と聞かれた。
それに対してマラドーナはひと言、「アントニオ」とだけ答えた。

アントニオとは、アントニオ・デ・オリヴェイラ・フィーヨのこと。
一般的にはカレッカと呼ばれている人物である。

マラドーナはいつも彼のことをアントニオと呼び、
そしてカレッカはマラドーナのことをディゴと呼んでいた。  
マラドーナとカレッカは厚い友情で結ばれている。  

1987年、カレッカは強豪サンパウロでプレーし、
ブラジルサッカー界きってのスターだった。
年間最優秀選手に輝き、得点王も獲得していた。  

そんな彼にレアル・マドリードが700万ドル
(当時のレートで約10億円)のオファーをしてきた。
しかし彼はそれを断り、その半分の値段でナポリに移籍した。  

当時のナポリにはマラドーナがいたからだ。
カレッカはマラドーナのことをペレ以降最高の選手と思っていた。
そして、彼は金よりもマラドーナとプレーすることを選んだのである。

我々は4年間ともにプレーし、多くのゴールを決め、勝利を手にし、

 ナポリの英雄となった。私と彼はサッカーの歴史に残るコンビだったと思う。
 他のチームと契約していたら、このチャンスは訪れなかっただろう。
 ディエゴとともにプレーした時間は金では買えないものだった」  

この頃のナポリのことを、皆が「MAGICA(マジカ)」と呼んだ。
「マジカ」とはイタリア語で「魔法」の意味だ。
マラドーナのMA、ジョルダーノ(ブルーノ・ジョルダーノ、元イタリア代表FW)のGI、
カレッカのCAをとってのネーミングだが、
本当にこの時代のナポリは魔法のようなチームで、人々に夢を見させてくれた。  

1988-89シーズン、彼らはナポリ史上唯一の国際タイトルをチームにもたらしている。  
UEFAカップ(現在のヨーロッパリーグの前身)決勝シュツットガルト戦。
ホームでの1戦目では2-1で勝利し、マラドーナとカレッカがゴールを決めた。
アウェーでの2戦目は3-3で引き分けたものの優勝。
タイトルを決定づけたこの試合の3点目はカレッカの足から生まれていた。  

翌1989-90シーズンにはナポリに二度目のスクデット(セリエA優勝)をもたらし、
1990-91シーズンには初のイタリアスパーカップを制した。

彼らはナポリに笑顔をもたらした。
そして、今でも彼らの思い出はナポリの人を笑顔にする。
カレッカとマラドーナが並んでプレーするのを見るのは本当にすばらしかった。
彼ほどマラドーナと強く結ばれてプレーできる選手はいなかっただろう。

ディエゴとはそれまでプレーしたことはなかったが、すぐに息が合った。
 一緒にプレーした最初のシーズンに私は13ゴールを決め、
 ディエゴも21ゴール(カップ戦を含む)は決めたはずだ。
 我々はともにプレーするために生まれてきたようなものだった。  
 彼の能力、インテリジェンス、テクニックとボールを持った時のスピード、
 それらをすべて私は瞬時に理解した。
 彼がピッチでどうやって動くのかも熟知していた。
 たぶん私たちの最大の強みは、ピッチの中だけでなく、
 外でも互いを知っていることだった。だから、互いの頭の中がよくわかったのだ」  

ナポリ時代のマラドーナはスーパースターだった。
どこへ行っても多くの人に囲まれ、家の前にもいつも多くのファンが待ち伏せをしていた。
だからマラドーナは落ち着く場所を求めて、よくカレッカの家に逃げてきたという。

彼はすごく素朴な人間だった」とカレッカは言う。

ディエゴは私のところに来るのが好きで、よく一緒にバーベキューをした。
 もちろんブラジル風シュラスコだ。しかしディエゴは、
 肉ならアルゼンチン風のアサードが一番だと、
 こんなの本当の肉の食べ方じゃないといつも文句を言っていたよ。
 その割には、彼は食べる専門で、一度も料理してくれたことはなかったけどね。
 カイピリーニャ(ブラジルのカクテル)を飲みながら、
 私が肉を焼き終わるのを待っているんだが、手持ちぶさたなのか、
 そのうち酒に入れるレモンでリフティングを始める。
 私は気がつかないふりをしていたが、少なくとも100回ぐらいは続いていたかな。  
 それを見ながら、こんなスターが近くにいて、うちに遊びに来ているなんて、
 信じられないことだと思ったものだ。でも、そんなことは一度も彼には言わなかった。
 そうでないとディエゴは天狗になってしまうからね」  

当時、ナポリの最大のライバルはアリゴ・サッキが率い、
マルコ・ファン・バステンを擁するミランだった。  

1989-90にミランを抑えてナポリが優勝した時などは、
赤と黒のミランカラーの便器を乗せた車が町を走り、
葬儀屋はシルビオ・ベルルスコーニ(元ミラン会長)の葬式を出すなど、
町中がお祭り騒ぎとなった。

しかし、そんなミランが、そっとカレッカに接触してきたことがあったという。
これはかなり後になって彼が語ってくれたことだ。

きっとこの話を知っている人は少ないと思う。ある時、
 ミランは私にナポリの年俸の3倍の額をオファーしてきた。  
 でも私はディエゴと約束していた。
 彼がナポリを去らない限りは、私もナポリを去らないと。
 だから私はミランからのその信じられないような額のオファーにも
 ノーと答えなければならなかった。 それから私たちはもう2年をともに過ごした。
 大金はふいにしてしまったが、そのかわりに私は一生の友人を得た。
 残念ながら、こういう話は今のサッカー界ではあまり聞かれなくなってしまったね」  

その後、マラドーナはカモッラ(ナポリのマフィア)との関係と薬物使用を疑われ、
1990-91シーズンを最後にナポリを去った。

しかし。カレッカはその後も2年ナポリに残り、マラドーナのかわりに、
イタリアのジャンフランコ・ゾーラらとともにプレーした。  

マラドーナとは今でも仲がよく、カレッカのブラジルの家にも遊びに来ている。
サンパウロから90キロのところにあるカンピナスという町で、
引退後も何かとスキャンダルの多いマラドーナは、
時にここに雲隠れするために来るという。

ナポリ時代の話ばかりをしてしまったが、カレッカの生い立ちにも少し触れよう。  
カレッカとはポルトガル語で"ハゲ"の意味だ。
毛量の豊富な彼がなぜそんなニックネームになったのか。

カレッカは子供の頃、カレキーニャというピエロの大ファンだった。
カレキーニャとは”小さなハゲ"という意味で、ハゲのかつらをかぶっていた。
カレッカはいつもカレキーニャのテレビ番組を見ては、彼の歌を歌っていたという。  

カレッカの父はガエタ・デ・オリヴェイラ。
彼もまたサッカー選手で50年代から60年代初頭までプレーしていた。
最初のチームの入団テストにはペレもいて、一緒にプレーしたこともあるという。

「私はそれほど有名にはならなかったが、スタートはかのペレと同じだった」
が、父ガエタの口癖だった。
そのおかげか息子のアントニオもペレの大ファンであり、
彼が所属したサントスのファンだった。  

カレッカの父親は優秀な選手だったが、運には恵まれなかった。
サッカー人生の最後には、小さなチームのロッカールームで
用具係のようなことをしながらプレーしていたという。

カレッカが幼少期を過ごしたのは、サンパウロ郊外のアララクアラという町だ。
家は部屋がふたつしかない小さなものだった。
 ひと部屋は家族4人のベッドでいっぱいで、もうひと部屋はキッチン兼居間だった。
 家にはドアも、窓ガラスもなく、トイレは家から10メートル離れた外にあったので、
 雨の日にはトイレに行くだけでびしょ濡れになったよ」  

母のジザは地元のスポーツクラブで働いていたので、
カレッカと兄のパウロはよく母についていき、
そこでボールを蹴らしてもらっていた。
たまにはテニスのボールボーイの手伝いをすることもあった。  
こうして2人は多くのスポーツに親しむことができた。
兄のパウロは地元のテニス大会で優勝することもあり、
後にプロテニスプレーヤーになっている。

兄は私以上にサッカーがうまいと言われていたが、なぜかテニスを選んだんだ」  
カレッカ少年はサッカーができれば幸せだった。
家に帰ってきても時間があれば仲間を集めサッカーをしていた。
ボールはレジ袋、裸足で何度も足の爪をはがしたが気にはしなかった。

母親はいつも、近所の窓ガラスを割らないようにとうるさく言っていたが、
 それは無理な話だった。いつもどこかの家の窓を割っていたよ」  

カレッカの子供の頃の憧れの選手は、ブラジルサッカー史上、
最も頭がいい選手と言われるトスタンだった。
トスタンは1970年W杯のペレのチームメイトで、背番号9を任されていた。
ペレは彼のインテリジェンスによって生かされ、
自分のスタイルを見つけたと言っても過言ではない。  

トスタンはゴール前でボールを待っているタイプのストライカーではない。
カレッカも同じだった。ペナルティエリアから飛び出して中盤に近づき、
ボールを受けようとする。そしてひとたびボールを得れば、ゴールへと突進するのだ。  

母のジザは息子たちがサッカーに興じるのをあまり快くは思っておらず、
チームのテストに連れて行ってほしい」とせがまれても、
いつも、「まずは勉強しなさい」と言っていた。  

仕方なくカレッカは勉強したが、それほど熱心ではなかった。
そして16歳になると、ひとりでカンピナスにある
グアラニのテストを受けに行き、合格をもらった。

あの時のことは今でもよく覚えている。1976年1月6日のことだった。
 グアラニに着いてから、私はスタジアムの中の小さな部屋に連れていかれた。
 そこには6つの小さなベッドがあって、そこで寝泊まりするように言われた。  
 私は無性に家族が恋しかったが、故郷の町とは100キロ近く離れていた。
 それから4週間、チームは私のサッカーに夢中になり、契約を交わしてくれた。
 でも、私にとってその間は500年にも感じたよ」(つづく)

カレッカ:本名アントニオ・デ・オリヴェイラ・フィーヨ。1960年10月5日生まれ。
     グアラニでデビューし、サンパウロを経て1987年、ナポリに移籍。
     1993年、柏レイソルに移籍すると、チームのJリーグ昇格などに貢献した。
     その後はサントスなどでプレー。
     ブラジル代表として1986年、1990年のW杯に出場している。

リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/35e51eb41f9ccf23cb35d13357dbf545b56b75ef

 

1:名無しさん@さかまと!

今でいえば、資金力も選手層もずば抜けているマドリーとバルサが常に優勝争いをするようなリーグで、
毎年下位をさまよっていた田舎クラブがマラドーナが来ただけでその2強を差し置いて優勝。
そういうことが当時たしかに起きてしまった。
ブラジル代表や日本でカレカのプレーを見たとき、とてつもなく上手いと感じたのに、
ナポリの試合でマラドーナとプレーしているとかすんでしまう。
対戦相手のプラティニもジーコもオランダトリオもかすんでしまう。
まさに一人で試合を決める唯一無二、全能のスーパースターだった。

 

2:名無しさん@さかまと!

今ではスポンサーなどのしがらみ等あって移籍しないと行けないだろうね。
リアルタイムでは見てないけどマラドーナとカレカのコンビは
サッカーファンの間ではたまに話が上がる。

 

3:名無しさん@さかまと!

大好きな選手でした。プロだったら大金を求めるのは当然なのに、マラドーナとの友情を選ぶ。
技術面は言うまでもないですが、人格者としても素晴らしい人だったんですね

 

4:名無しさん@さかまと!

レモンどころかゴルフボールでも手で扱うようにいくらでもリフティングしてた。
足と手の感覚は同じか、むしろ足の方が脳に近かったのではないか。
こんな選手は先にも後にもいないだろう。

 

5:名無しさん@さかまと!

カレッカがレイソルにきた時は本当に信じられなかった!
有名なスター選手が沢山Jリーグにきたが間違いなくレベルは上がったよね!

 

6:名無しさん@さかまと!

いい話だなー・・・

こういった牧歌的な話聞いてると、こっちまで心が安らぎますわ。

 

7:名無しさん@さかまと!

サッカーの歴史上最高レベルの2トップかな
クラブチームだと他にはディステファノとプスカシュ、
ペレとコウチーニョ、ファンバステンとフリットくらいか?

 

8:名無しさん@さかまと!

すばらしい記事。カレッカとマラドーナの友情がまぶしい。
ナポリの狂熱もめちゃくちゃだけど、微笑ましい。

 

9:名無しさん@さかまと!

30余年『カレカ』と思っていた。。。
それに、セカンドネームやサードネーム的名前だと思っていた。
この記事で初めて知りました。

 

10:名無しさん@さかまと!

マラドーナはおそらくリフティングの練習なんかろくにしてない
ただ本能でボールやレモンやテニスボールと遊んでいるだけ。

 

11:名無しさん@さかまと!

この記事を読むと、メッシの方が上というのはきめられないな。

 

12:名無しさん@さかまと!

ミランに行かないでナポリ残って正解!
マラドーナとカレカのコンビは伝説。

 

13:名無しさん@さかまと!

プラティニ「ジダンがボールでやる事をマラドーナならオレンジで出来るだろう。」

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.