特集・コラム・インタビュー

「Jのレアル出身選手」バブンスキーが語る(3)マドリーでプレーする"ピピ中井"

記事の内容

現在、FC町田ゼルビアでプレーするドリアン・バブンスキーが日本に渡り、3年が経過しようとしている。プロサッカー選手の父と兄を持ち、まさに「サッカー一家」の一人として、ドリアンもプロの世界に飛び込んだ。

 そんなドリアンはフットボーラーとして流浪の人生を歩んでいる。北マケドニア共和国出身のバブンスキーは早い段階から大型ストライカーとして頭角を現し、2011年にレアル・マドリーのカンテラに入団。2015年までマドリーのカンテラで過ごした後、2部B(スペイン3部)のフエンラブラダで戦い、スロベニア、日本と多様な文化とプレースタイルを吸収しながらキャリアを積み上げてきた。 スペイン、スロベニア、日本という3カ国について、また各国のサッカーについて、彼の興味深い言葉が紡がれた。

――現在、マドリーのカンテラには、中井卓大が在籍しています。9歳で入団して、ユースまで昇格しています。

「実際、若くして異国に行くというのは、とても難しいと思う。母国の文化、見知った街や人々、家族、そういったものから離れなければいけないからね。ただ一方で、適応という意味では良い時期にあると言えるかもしれないね。スペインの人たちは非常にオープンな性格だからさ。でもスペインの習慣は日本のそれとは異なるし、言葉の問題もある。中井には、偉大な選手になる素質があると思うよ。もちろん簡単ではないと思うけど、フットボーラーのキャリアは誰にとっても決して容易ではないんだ。中井はできる限り早く適応し、自分の才能を示さなければいけないし、ハードワークする必要がある。それができれば、周囲から認められるのに問題はないはずだよ」

――スペインの日常生活に順応するというのも、大切でしょうか?

「日常生活とピッチ上のパフォーマンスは密接にリンクしている。育成年代で海外に行く選手は、そのバランスを見つけなければいけないね。練習にせよ、試合にせよ、一度ピッチに入ったら、日常生活における障害はすべて忘れる必要があるよ」

■日本とスペインのスタイルの違い

「中井のように若い選手は、第一に、フットボールを楽しまなければいけないと思う。失念しがちだけど、フットボールはスポーツであり、ゲームなんだ。プレッシャー、言葉の壁、文化の違い、そういうものを一旦外してプレーに集中できるかどうかだろうね」

――日本とスペインのプレースタイルの違いについて、バブンスキー選手はどう感じていますか? 日本ではポゼッションを嗜好しますが、スペインのそれとは異なるところがあると思います。

「そうだね。それは日本人の気質も関係しているかもしれない。フットボーラーに限らず、他の職業においても、保守的になる傾向があるように感じているよ。ピッチレベルで言えば、リスクを冒して縦パスを入れるより、安全なゾーンでパスを回すことを選択する。フットボールでは、ゴールを奪うために、時にドリブルを仕掛けたり、リスクを負ったパスを出さなければいけない。日本のプレースタイルでは、そこで少し時間がかかってしまうことがあるね」

――我々は『スペインはポゼッションだ』『ボール保持を好む』と考えがちですが、そういう意味においては、スペインは日本の印象よりずっとダイレクトにゴールに向かいます。

「その通りだね。素晴らしい観察だよ。スペインのプレーシステムはポゼッションのためにあり、なおかつゴールに向かって攻撃するためにある。日本では、時にゴールを奪うことが目的ではなく、ボールを保持することが目的になってしまうところがあるのかもしれない」

■各国リーグの違い

――バブンスキー選手自身はレアル・マドリーのカンテラを出てフエンラブラダでプレーした後、スロベニアのオリンピア・リュブリャナに移籍しています。スロベニアの国、リーグの印象はどうでしたか?

「行く前は、スロベニアの国やリーグについては、あまり知らなかったんだ。でも、バルカン半島には興味があった。兄(ダビド・バブンスキー/当時レッド・スター所属)がプレーしていたからね。あの周辺のリーグ出身で、ヨーロッパで成功した選手はたくさんいる。スロベニアのリーグに関しては、正直に言えば、よく分かっていなかったよ。でも僕に関心を示してくれたチームは非常にプロフェッショナルだと感じたので、移籍を決めたんだ」

――スロベニアのリーグのレベルはどういったものなのでしょうか? 

「才能のある選手が多くいて、驚いたよ。僕が移籍したチームにも、イタリアやトルコでプレーした経験のある選手がいた。そこで活躍すれば、より高いレベルのリーグに移籍するチャンスがある。僕はスロベニアのリーグで、そう感じたね」

――リーグの状況や環境は?

「スロベニアでは、資金潤沢なクラブと、そうではないクラブに差がある。トップ4に入るようなチームに行けば、快適にプレーできる。施設や環境は充実している。だけど、スロベニアでは、ほかに人気スポーツがあるんだ。スキーをはじめ、ウィンタースポーツが人気だよ。それがスロベニアの文化なのだなと感じた。ただ、それと同じように、フットボールを楽しむときは楽しむけれどね」

――日本とヨーロッパのリーグの違いは、どういった点にあると思いますか?

「選手の特徴が違うかな。日本はこの5年から10年、リーグと選手のレベルを上げるために、素晴らしい仕事をしているよ。日を追うごとにヨーロッパとの差は縮まっているし、現にヨーロッパのクラブは日本の選手たちに注目していると思う」

ドリアン バブンスキー DORIAN BABUNSKI
1996年8月29日、スペイン生まれ。身長186センチ、体重77キロ。
Jリーグ初出場2017年8月26日、Jリーグ初得点2018年3月17日。
来歴 レアル・マドリー(カンテラ/スペイン)→フエンラブラダ(スペイン)→NKオリンピア・リュブリャナ(スロベニア)→NKラドムリェ(スロベニア)→FC町田ゼルビア→鹿児島ユナイテッドFC→FC町田ゼルビア

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d1765babb89be048bd5bba4d550d3e262a216eb3

 

1:名無しさん@さかまと!

「日本では、時にゴールを奪うことが目的ではなく、ボールを保持することが目的になってしまうところがあるのかもしれない」
これは的を得たコメント。日本サッカーがもう一段上のクラスにいく為に、改善すべき点。

 

2:名無しさん@さかまと!

保守的なのは協調性もあるけど
失敗したくない安全にという日本人の心理メンタルにも関わってくる
それまでいいサッカーしてたのに
ブラジルW杯で選手達が自分達のサッカーが出来なかったと口を揃えて言うように
大胆なプレーが少なく
安全無難なプレーばかり
普段やらない小学校低学年のやるようなミス連発してたのは明らかにメンタルの部分
ロシアW杯初戦も相手が10人だったにも関わらず普段やらないミスを連発してた
ハーフタイムで持ち直したけど
つくづくメンタルスポーツだと思った
1点取られたらヤバイみたいに思うのは大事だけど
日本人は思い過ぎてて安全で無難なプレーばかり選択で攻撃にリズム出ないので逆に怖く感じる
相手をリスペクトし過ぎて力を出せずに身を滅ぼしてる場面が多い
ブラジルは1点取られても取り返せばいいというメンタル自信がある
日本がもう1段上に行くには試合する前にその違いは大きいものになる

 

3:名無しさん@さかまと!

この特徴は日本の企業にも当てはまるような気がする。
無駄な会議ばかりで何がしたいんだろう、っていうことがあるし、
奇抜なことをいうと検証もせずに頭ごなしに否定されることもある。
無駄な協調が大好きなんだな、と思うことがある。

 

4:名無しさん@さかまと!

今季の横浜FCは見てて気持ちがいい。重量系の一美と軽量系の斉藤が互いの長所を活かしながら得点を重ねてる。チームは彼らを支えながら失点を抑える形で構成される。FWを頂点に置いたトップダウン。
日本は中盤の選手を中心に前後が構成されるチームが多い。代表などもFWを軸に作られた時代はドーハ以前まで遡るのではないか。確かに頼れるエースFWが少ないけど、チーム自体もFW中心じゃないから余計に活きない。
そしてMFが中心に立つ主役であるがゆえに、FWの希望ではなくMFの理想を中心に得点の方法が構築されて、FWはそれに合わせて実演する演者のようになる。高原直泰や久保竜彦クラスが居れば状況が変わるし、だれの責任なのかは鶏と卵なんだけど。

 

5:名無しさん@さかまと!

確かに日本は保守的なサッカーのような気もする。
冒険する気持ちがあと少し有ればいいんだけど。
その冒険が変化を生み、対応を遅らせて得点シーンを生み出す。
各駅停車と揶揄されたポゼッション志向のサッカーも、冒険要素が三割有れば変化を作れるだろう。
相手がどう来るのか読めないサッカーが出来る日本代表がそろそろみたいな。

 

6:名無しさん@さかまと!

ピピのプレー自体はほとんど知らないみたいだなw

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.