特集・コラム・インタビュー

三笘薫を発掘したブライトンという『選手を見る目』を持つクラブの経営術

記事の内容

「なぜ、三笘薫を見つけられなかったんだ?」 ビッグクラブが欲しがる選手が目白押し、プレミアリーグを席巻する好調ブライトンの戦略

三笘が所属するブライトンが好調だ。W杯終了後も快進撃は続き17節終了時点で勝ち点27のリーグ8位。6位のリヴァプールとは勝ち点1差で、CL出場圏内の4位のマンチェスター・ユナイテッドまで勝ち点8差という好ポジションにつけている。

三笘が先発起用されてからはアーセナル戦以外で確実に勝ち点を積み上げており、今やニューカッスルと並んでブライトンは今シーズンのプレミアリーグ台風の目となっており、BIG6の牙城を脅かす存在として注目を集めている。三笘が機能する攻撃サッカーは非常に魅力的で、今シーズンのゴール数は合計32点。これは4位マンチェスター・ユナイテッドの27点よりも多い。

「三笘を来年はウチのクラブで!」「なぜ我々は三笘を見つけられなかったんだ?」「三笘をどうしてブライトンは発見したのか?」今、ビッククラブのサポーター達は、三笘がブライトンの左サイドで縦横無尽の働きを見せつけるたびに、怨嗟と羨望の声をあげている。

16-17シーズンに初めてプレミアリーグに昇格したブライトンは、以降15位、17位、15位、16位と必死に残留に努めてきた典型的な中堅クラブだ。そして9位に位置した昨年を経て今やCL出場圏内の4位を狙うまでになった。

ブライトンは、サウジ資金を使った金満補強でCL圏内を目指すニューカッスルとは対照的なクラブ運営の戦略を採ってきた。いわゆる「ビッククラブが気づいていない安い選手を発掘し、育成し、そして高値でビッグクラブに売却し、その資金を使ってまた次の発掘選手を探す」という、中堅クラブの身の丈にあった理想型ともいえる運営手法だ。ブライトンは補強の上手さで今の地位を築いてきた。

ククレジャをヘタフェから1500万ポンドで獲得しチェルシーに6000万ポンドで売却(移籍)。代表クラスになったベン・ホワイトもアーセナルに高値で売却した。今シーズンは監督のグレアム・ポッターまでもがチェルシーに引き抜かれたが、ブライトンはそれでも好調さを維持している。ある意味引き抜かれるのに慣れているし、引き抜かれることを前提にクラブを運営している。

現在もブライトンは三笘を筆頭にカイセド(エクアドル代表)、マク・アリスタ(アルゼンチン代表)、トロサール(ベルギー代表)、ランプティ(ガーナ代表)や、マーチ、ファーガソンなど、ビッグクラブが虎視眈々と狙っている選手達が目白押しだ。

そんな彼らが躍動したのが5-1で勝利したFAカップのミドルスブラ戦だ。今年で142回を数えるFAカップは日本の「天皇杯」にあたる。いや、正確には日本がFAカップに倣って天皇杯を設定したという世界で最も歴史のあるカップ戦だ。実は三笘はこのカップ戦とも縁が深い。筑波大学時代にベガルタ仙台(当時J1)に勝利した天皇杯はジャイアントキリングとして話題を集めたが、この試合で三笘は50メートルのドリブル突破からのゴールを含み2得点をあげている。

相手の戦術やシステムが掴みにくいカップ戦は、局面を個の力で突破する三笘のようなプレーは大きな武器となる。リーグ戦の躍進ももちろんだが、ブライトンが、三笘が、FAカップでどこまで勝ち進んでどんな展開を呼び込むのかも大変興味深い。

イングランドではシーズン後半になるとリーグ戦、リーグカップ、FAカップなどで連戦が続いていく。カップ戦を勝ち進むにつれて日程は過密となり、CLを勝ち抜くクラブは、さらにCLという最重要マッチがこれに加わっていく。チームの層の厚さがモノを言う場面が多くなるこの時期、計算できる選手は一人でも多くベンチに置きたいはずで、ブライトンはそんなクラブの格好の標的となっているだろう。その中心は間違いなく三笘だ。

三笘を見出したブライトンの選手を見る目は本物だ。ピッチの中でも魅力的なサッカーをしているブライトンは、クラブの運営戦略でも魅力的な動きで注目を集めている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d452b029abcc08daa3e145384f33282c575531fc

 

 

1:名無しさん@さかまと!

フロンターレにいたときから日本国内では無双だったけど、守備面では切替を谷口に指示されてたり強度もそれ程高くなかった。
個人的には旗手のほうが海外ですぐに活躍できるタイプだと思った。
それが海外に移籍して、ベルギーでも驚異的なプレーを披露して、高くなったレベルで日本と同じようにプレー出来ているのはもうほんとに三笘の努力の賜物だと思う。
ベルギーで慣れないWBを経験したことも、守備力強化という意味では完全にプラスになってるし、身体も一回りデカくなってる。
明らかに相当努力してるし尊敬するよね。

 

2:名無しさん@さかまと!

三笘はフロンターレのJリーグ時代では1年目で得点王に並ぶ圧倒的な評価を得てたし、世代別でも海外に通用することはわかってた。
国内専用というワードはフロンターレというアンチチームにいるため使っていた言葉で、三笘がチートであることは十分みんな理解していた。
Jリーグをスカウト範囲に入れていれば見つけるのは容易だったし、ビッグクラブからもオファーはあったと思う。
ビッグクラブに行くと他の選手みたいに、望んだスタイルでないチームにレンタルされるのが分かっているから三笘は選んでブライトンに行ったと思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

三笘とブライトンもそうだし冨安、久保、堂安、鎌田、守田にリーグレベルは落ちるけど
セルティックの古橋、前田、旗手とこれだけ多くの日本人選手がレギュラー、半レギュラーで所属するチームが各リーグで好調、高順位にいるのは初めてのこと。
彼らや他の日本人選手がさらにステップアップできればまた4年後のワールドカップも楽しみになるしとりあえずアジアカップはまたすごい楽しみ。

 

4:名無しさん@さかまと!

三笘が日本人選手の価値、見方をさらに上げた事は間違いないね。

 

5:名無しさん@さかまと!

なぜ我々の代表は彼をスタメンで使っていなかったのか。

 

6:名無しさん@さかまと!

国内でさえ三笘の活躍はJリーグだけと言われていたり、五輪代表の初期はチームにフィットせず懐疑的に見られていたので無理もない。
結局は先入観なく正しく見ていたのかどうかだが、三笘に限らず相手を見てプレーを選択できる選手は国籍に関係なく活躍できるようになる可能性が高い。

 

7:名無しさん@さかまと!

Jリーグを観ている人やフロンターレサポーターの中では三笘の実力は疑っていなかったのでは。
Jリーグといえど助っ人外国人や元代表や海外移籍した経験のある選手は多く在籍しているが、Jリーグ実質1年目の2020年は、三笘はMVP投票でオルンガと競った。名実ともに抜けていた。

 

8:名無しさん@さかまと!

三笘はボールを握って運べるクラブが最適だと思う。カウンター型のチームには合わないとまでは言わないが、鬼木のフロンターレやデゼルビのブライトンと比べると今ひとつとしか言えない。

 

9:名無しさん@さかまと!

この記事からすると、もともとめちゃめちゃすごい選手でそれが見つけられなかったのはなぜ?みたいに読めるが、
確かに元々も良かったが、なにより、ここ数年の急成長が凄い!って話だと思う。

 

10:名無しさん@さかまと!

頭も良いので自分の能力を最大限伸ばす環境を見抜く事が出来ている。
勘違いし、背伸びして海外に行き、才能を潰した日本人達とは違う。

 

11:名無しさん@さかまと!

2021のJリーグ見てたら「コイツがシティに移籍したらスターリングより活躍できるじゃん」って思うはずだけど

 

12:名無しさん@さかまと!

ブライトンのスカウト部門は見る目がある。これをビッグクラブがまねようとしても無駄だと思う。
大企業の新規事業開発と同じで、巨額の利益ある大企業が数億の利益からスタートする新規事業開発なんて待てないし本業の規模と比べて注力できないし、優秀な人材も投下できない。
一定評価のあるリスクの低い案件しか投資できない。
これと同じでビッグクラブが当たるかどうかわからない選手に気を配るスカウトはできないから、
多くの評価を得ていて誰が見ても良さそうな欧州や南米のリーグの選手をまあまあの大金で取る成功確率の高い選手獲得しかしようがない。
反面ブライトンは資金も少ないゆえニッチできめ細かいスカウトでダイヤモンドの原石を見つけるやり方しかできない。
ROIに優れてる。これが幸を奏してブライトンは目利き力が自然と高くなる。

 

13:名無しさん@さかまと!

一時期のレスターのように獲得した選手たちが躍動している。ニューカッスルも金額は違えどチームにあった選手を呼び込み好成績を残している。
アーセナルやシティも監督主体でチームにあった選手を獲得して勝ち続けているのを見るとフロントと監督の信頼あってこそチームが作られているのだとより感じる

 

14:名無しさん@さかまと!

オーナーのトニー・ブルームは、プロのポーカープレイヤー。
彼のスタイルは徹底したデータ重視。
彼の独自ロジックをふんだんに取り込んだオリジナルのスカウティング用データ分析ツールをデータ分析会社に作らせてる。
優秀なスカウトの”目”に頼らず、データ重視で客観的に判断するので、ハズレが少ない。

 

15:名無しさん@さかまと!

ただいい選手を集めた訳じゃなく、
システムなど考慮して
各選手を選んでいるのでしょうね。

 

16:名無しさん@さかまと!

とりあえず、三笘は最高。
味方のパスからワンタッチでエリア内にドリブルで侵入して自らゴールを決めたエバートン戦は最高だった。こんな日本人が今までにいただろうか。
ブライトンもプレミアのビッグ6に劣らない良いチームとなってきているが、三笘自身が今季結果を出して自信をつければ、来季以降ビッグクラブへステップアップするのも全然ありだと思う。

 

17:名無しさん@さかまと!

三笘どころか、W杯予選で爆発した伊東でさえ5大リーグのスカウトはピックアップしなかった
昨夏にようやくフランスに移籍したが、それでも評価が低すぎる
そもそも日本含めアジアの評価が低すぎる
これから金のない欧州のクラブが青田買いに来るかも知れないので、各クラブは選手が移籍し続けても金が入る契約をしっかりして欲しい

 

18:名無しさん@さかまと!

ブライトンのスカウティングの良さもさることながら三笘選手の代理人の手腕も良いんでしょう。
クラブ側が極端に有利な契約条件ならともかく一般的なレベルの条件なら、監督からの要請があったわけでもない無名の東洋人の獲得をクラブに決断させるのは容易ではなかったでしょうから。

 

19:名無しさん@さかまと!

ブライトンのフロントどんな人がいるか知らないですけど、有能な投資家のような人がいるんだろうなと思います。
エクアドル始め、南米のリーグもちゃんと見てるし、ブレイク一歩手前で買ってくるからコスパが良い。

 

20:名無しさん@さかまと!

Jリーグ見てたら三笘を見つけるのは簡単だったと思うけどね。
明らかにとんでもない選手だという事は川崎ファンで無くてもわかった。
三笘を敵にしたときの怖さを知っているしな。
海外からJリーグが舐められているんだろうけどさ。Jリーグはもっと自信を持つべきだね。
リーグのトップグループの選手達を安く売りすぎ。神戸から移籍した古橋の移籍金ぐらいは最低でも貰うべきだね。


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.