特集・コラム・インタビュー

【動画】冨安健洋、内田篤人との対談でパスを出さないベン・ホワイトについて見解を明かす。「ベン・ホワイトはいい選手、サイドバックにパスを出さないのは『ハメパス』になりがちだから」「田中碧にも言われたんですけど…」

記事の内容

「サイドバックへのシンプルなパスは…」

 アーセナルで躍動する冨安健洋が、日本で話題となっている“疑惑”について、見解を示した。

 今夏にボローニャからイングランドの名門アーセナルへとステップアップ移籍を果たした日本代表DFは、デビュー戦から8試合連続でスタメン出場。右SBとしてそれまで開幕3連敗(10失点)だったチームの守備に安定感をもたらし、無敗記録(6勝2分け。その間4失点)を継続している。

 そんな23歳が、DAZNで配信中の『内田篤人のFOOTBALL TIME』の中で、元の日本代表DF内田篤人氏とオンラインで対談。時同じくしてアーセナルに加入したイングランド代表CBのベン・ホワイトが、「横にいる冨安にパスを出さない」と日本で話題となっている一件について、自ら回答した。
 
 内田氏が「ベン・ホワイトが冨安選手にパスを出さない、なんで出さないんだと日本で話題となってたんだけど、ボール来ないなって思ってた?」と聞かれた冨安は、次のように答えた。

「それは(デュッセルドルフの)田中碧からも言われたんですけど、僕ら(ふたり)の中では『彼はいい選手だ』という結論に至りました」

 そして、その理由について、こう続けている。

「センターバックからサイドバックのパスって、“ハメパス”(相手のプレスにはまり、ボールの取りどころになってしまうパス)になることがあるじゃないですか。僕もセンターバックをやっていて、サイドバックへのシンプルなパスは、いちばん最後の選択肢ぐらいなんですよね。サイドバックが(対峙する相手と)入れ替われる状況なら出しますけど、サイドハーフが前にいたら、はまっちゃう」

 日本のファンからは、ダメ出しをされたホワイトだが、冨安と田中は「ハメパスをしない、いい選手」という結論に至ったという。これを受けて、内田氏は番組内で「ホワイトの能力が高いということ。テレビでは映らないけど、先を読んでプレーしている」と解説している。

 冨安とともに、アーセナルの守備の立て直しにも寄与したホワイト。今後は、“先を読むパス”に注目が集まりそうだ。

【内田篤人/冨安健洋対談動画】

 

1:名無しさん@さかまと!

ホワイトのインタビューで、対人、ヘディング上手い選手は?でトミーて答えてて最高に震える🥺

 

2:名無しさん@さかまと!

文字通り「プロの解説」だね。評論家やファンではなく選手その人がいちばん状況を理解している。こういう言葉をどんどん聞けたらいいね。

 

3:名無しさん@さかまと!

ビエルサはセンターバックやゴールキーパーからサイドバックにパスを出すことを嫌っているらしい。
ベンホワイトはリーズ在籍時にビエルサの指導を受けているので、その意識がずっと頭にあるんだと思う。

 

4:名無しさん@さかまと!

サイドバックに誘導して、嵌めてとるっていうのは王道と言っても良いと思う。だからこそ、ボール、人を動かせるサイドバックは本当に厄介。

 

5:名無しさん@さかまと!

こういう現場のリアルな声みたいなのを、もっともっと発信していくべきだし、この記事にあるような日本人目線でしか物事を見ることができないような人達に、
外国の選手ではなく、トップレベルで活躍している日本の選手達が、それはこういうことだよと忖度なく解説することは、間違いなくこれからの日本のサッカーにとっても良いことだと思いました。

 

6:名無しさん@さかまと!

無駄な横パスがピンチを増やしチャンスを減らす
プレミアではどのチームもダラダラボール回しはしない

 

7:名無しさん@さかまと!

碧との意見交流も活発なところも良いですね。
そして前節ワトフォード戦ではアーセナルが押し込み相手が引いたブロックを作った時に、そこで冨安がフリーとなった場面では
ホワイトはしっかりと冨安へとパスを出して、パスを受けた冨安が前線に縦パスをガツンと供給する連携が出来ていたので。
冨安と碧によるホワイトへの評価は、良いCBだとの見解に至ったのも改めて納得しました。

 

8:名無しさん@さかまと!

日本のサッカー教育の現場では幼少期から「攻撃はサイドから」というワードが一人歩きしていています。
指導者側も何も疑問を持たず「まずはフリーのサイドバックに出せ!」と教えていることが多い。
今一度教育の現場から「ビルドアップとはなんたるや」を学び直すべき良いチャンス。

 

9:名無しさん@さかまと!

プレスを回避するだけなら行き詰まりのサイドに蹴る必要ないし、
基本的に1列前に入れるか自分で持ち上がるかを狙っているからでしょう。
冨安のことは空中戦が強い、上半身が強いと評価しているようなので、
チームスポーツに私情を挟んでいることは無いと思います。

 

10:名無しさん@さかまと!

アルテタ自体がバックパスを嫌うみたいだし、アーセナルの冨安からは前へ前への気持ちを凄く感じて、見ていて気持ちが良い。
今の代表では、受け手を探す為に結構な時間を最終ラインで回し合う事もあるが、見ていてハラハラする時も多い。
相手のレベルが上がれば更に危険な場面が増えると思う。

 

11:名無しさん@さかまと!

「(センターバックにとって)サイドバックへのシンプルなパスは、いちばん最後の選択肢ぐらいなんですよね。」
これこれ!ぜひ吉田と森保に教えてあげて欲しいと願ってしまった。

 

12:名無しさん@さかまと!

結局戦術だと思うけど、サイドバックへのプレス意識が低くてむしろアタッキングサードにプレス集中しがちな相手のときは、富安にパス出して相手引き出して崩し作ってる印象がある。
ホワイトが有能なのかアルテタの決め事なのかわからないけど、使われる時も使われない時もちゃんと目的に裏打ちされていると思った。

 

13:名無しさん@さかまと!

ベンホワイトは常に展開しやすいところを意識してるよね。足元うまいからスキあらば自分でど真ん中にも突っ掛ける。
基本、冨安がギリギリ視界に入るくらいの体の開きで構えてて、ほんとに最終選択として冨安に出してる。
その場合、冨安は当然行き詰まって戻すことが多い。
早い段階でに冨安に出してるときは、冨安の位置から縦に展開しやすそうな状況の場合なので、受け手のパスコースを考えての判断をしてると思う。

 

14:名無しさん@さかまと!

アジア人差別をする国や人って未だにいるんだけど、ホワイトはそんな小さな器の選手じゃない。

 

15:名無しさん@さかまと!

学生時代とかサイドバックでハメパス受けてボールロストして先輩や監督に怒られるみたいな不条理数えきれないくらいあったけど、
いいサイドバックはこういうシーンでも局面打開するだろうと素直に捉えていたなぁ

 

16:名無しさん@さかまと!

相手のポジション、富安をマークしてる選手の動きからして、富安に出さないというより出さない方がいいが正解かな?
相手の戦術がどうするのかをしっかりと理解してホワイトはパスを出す選手だよね

 

17:名無しさん@さかまと!

サイドバックやってた自分からするとこれは凄くわかる。
ぶっちゃけ冨安選手の言う通り、相手が前にいる状態でパス出されてもそこから打開するには相手を外す技術が必要。それが上手いのがアウベスやラームだったりするわけだけど。
はめられると分かってるところにパスを出すのはナンセンス

 

18:名無しさん@さかまと!

日本代表にも教訓にしてもらいたいものだ……横パスばっかり、見ていて冷や冷やするわ、失点するわで、森保監督の最初の頃の、ワクワク感なんてひとつも無い。
プレスして、前方にボールを持って行く意識が無くなってるんじゃないの?って思うわ。

 

19:名無しさん@さかまと!

日本はバックパス横パンからの入りが非常に多い
それはJの小学生からもその傾向が大きく感じる
非常にはめやすい

 

20:名無しさん@さかまと!

ベンホワイトって冨安移籍当初はめちゃくちゃ下手なCBだなと思って観ていたけど、何試合か観てベンホワイトめちゃくちゃ上手じゃねーかと思うようになった。
やはりアルテタ監督は獲得すべき選手について見る目があるんだと思う。

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.