特集・コラム・インタビュー

「1G1A」南野拓実の衝撃(2)「バルセロナが南野に先発の座を用意する?」

記事の内容

 リバプールが7-2で勝ったブラックプールのプレシーズンマッチで、90分間出場した選手は6人いる。FWフィルミーノ、MFナビ・ケイタ、DFフーフェル、この日は左サイドバックで出場したジェイムズ・ミルナー、GKアリソン、そして南野拓実だ。

南野は1ゴール1アシストに加えて、他にも得点シーンに絡んだ。何より、フロント3をその後ろで支える司令塔として、また、フロント3の攻撃に迫力を倍化させるための前線への動き出しを通して、リバプールに新たな可能性を提示した。

 18/19シーズンの欧州チャンピオンズリーグ制覇、19/20シーズンのプレミアリーグ制覇と躍進を続けるクロップリバプールだが、サディオ・マネ、モハメド・サラーのスピードに対策を練ってくるチームが増えている。その中で、南野が得意とするペナルティエリアへの侵入や細かいボールタッチは、その補完要素となり得る。

 20/21シーズンのリバプールにとって、南野にはいくつかの役割が考えられる。

 まず一つ目は、昨季同様に、フロント3のバックアップだ。レッズが誇る自慢の攻撃ユニットも、リバプールがこなさなければならないすべての試合に出ることはかなわない。そのとき、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーのいずれかの代役として、攻撃の穴を“なるべく”埋めるという役割だ。

 代役というのは、選手当人にすれば決してポジティブなものではない。しかし、2つ目の役割は、ポジティブなもの。それは、4-3-3の通常のシステムを4-2-3-1に変更し、その際、南野が左サイドに入ることだ。このとき、前線にはサラー、トップ下にフィルミーノ、右にマネが配置される。

 本来のリバプールは、サイドバックも積極的に攻撃に参加する。そして、チーム全体としてボール保持・ボール奪取に取り掛かる。ただ、4-3-3ではそれがうまくいかない場合もあり、相手によって、スライドなどの負担を減らしながらプレスを掛けられるようにする必要がある。現状、それが4-2-3-1だとやりやすいということになる。南野は、規律を重んじながらフロント3の攻撃に加わることができるため、もっともふさわしいのだ。

 そして3つ目が、通常の4-3-3の中で、チームを動かす指揮者になることだ。フロント3の攻撃は、その個人能力に大きく依存する部分もある。それを生かすために、ボールを引き出し、あるいは、ボールをうまく配球して攻撃を滑らかにする。あるいは、前線に自ら走り込んで、攻撃の迫力を増大させる。それこそ、ブラックプール戦で見せた動きそのものだ。

 昨季のリバプールの中盤構成は、イングランド代表のジョーダン・ヘンダーソン、オランダ代表のジョルジニオ・ワイナルドゥム、ブラジル代表のファビーニョで組むのがポピュラーだった。彼らに代わって、南野が起用されれば、新たな化学反応が起きるはずだ。

 また、現在進行形で出ている話として、ワイナルドゥムのバルセロナ移籍の可能性がある。バルセロナの新指揮官・ロナルド・クーマンは、このワイナルドゥムの獲得を熱望しているとされる。さらに地元メディアの報道では、すでに個人間合意に達しているとするものまである。通常であれば、リバプールが絶対的主力を、ヨーロッパコンペティションのライバルに譲り渡すわけがない。しかし、もしそれが実現した場合、南野にかかる責任は大きい。ワイナルドゥムのポジションを埋める可能性が最も高い選手の一人だからだ。

 言ってみれば、バルセロナが南野拓実にリバプールのスタメンを用意したことになるだろう。今の南野には、それを満たす手応えはあるはずだ。通常運転ではフロント3を指揮する、そして時にはフロント3を変形する、あるいは、自身が混ざってフロント4を形成する。南野がもたらす多くの選択肢が、リバプールをさらにヨーロッパで飛躍させるはずだ。

サッカー批評編集部

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

南野の活躍は素直に嬉しいが、問題はいかに、この位の活躍を毎試合出来るかだと思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

南野が前線を引っかき回していたのは事実で、サラーやマネを差し置いてフル出場した結果もそれを示してる。
だけど、このタイトルはないだろう……(笑)
今までの3枚とは違う攻撃のエッセンスはある程度見せられたと思うので、これを強い相手に対しても出せるかだな。クロップもそのあたりを期待しているのだと思う。頑張れ!

 

3:名無しさん@さかまと!

レギュラーシーズンが全てですから。そこで結果を出して我々を興奮させてもらいたいね。リバプールでクロップ監督の構想に入ってるだけでも凄いんだけどね

 

4:名無しさん@さかまと!

今シーズンの南野にはワクワクしますが、ビッククラブでスタメン確保するには、1年通して安定した結果とパフォーマンスが必要だと思います。味方の実力を考えるとチャンスはくると思うので確実に仕留めてほしい。南野なら活躍できる。

 

5:名無しさん@さかまと!

4-3-3のACMに入ってフィルミーノと入れ替わりながらのプレーは普通に見ていて結構面白かったし
DFからすれば嫌な感じだろうなぁと
結構効果的かもね
クロスに対するポジションの取り方とか自分のスペースの生み出し方とかはさすがだったし
このパフォーマンスを年中出来れば普通に戦力として機能しそう

 

6:名無しさん@さかまと!

ものすごい浮かれようだな。。。
これは日本のみ?
現地も?
シーズン終了後に評価しようぜ。

 

7:名無しさん@さかまと!

まだ3部相手に結果だしただけだからわからんよね。
まずは1部相手にもいい結果出してほしい。
そしてシーズン通していい結果出してほしい。

 

8:名無しさん@さかまと!

4-2-3-1の左パターンもあるかもですが、4-2-3-1で左右にサラマネ、フィルミーノとミナミーノが縦パターンで使われてましたよね…
まぁいずれにしても、出場機会増えそうなので、楽しみしかないですね

 

9:名無しさん@さかまと!

地に足ついてない感のある記事!
リバプールに加入して控え組のシーズンを終え、プレシーズンの先発で1G1Aしかもかなりの点差の中の結果だから結果は結果かも知れないがバルサがどうのってよりこのチームで年間通して「さすが南野」っていう結果を出して欲しい。

 

10:名無しさん@さかまと!

南野はトラップ乱れる事が多いし、簡単なシュートも外すからまだまだこれから。
今シーズンしっかり揉まれて成長して、来シーズンは、10G近く決めて欲しい。

 

11:名無しさん@さかまと!

確かに活躍はしたけど、相手がな・・・
シーズン終了後も同じ事言われるように頑張って欲しい。

 

12:名無しさん@さかまと!

確かに動きかなり良くなってるけどお披露目期間のプレーで一喜一憂しなくていいやろ
ワイナルダム消えたらスタメンになるのが南野の理由が分からないな
ケイタとかいるのに

 

13:名無しさん@さかまと!

なんか完全に控え1番手みたいな感じになったけど
それはそれですごい。
ベンチには各国代表がずらりなのに。

 

14:名無しさん@さかまと!

この試合の南野はすごく良かったが、相手がブラックプールということを差し引いて評価した方が良い。

 

15:名無しさん@さかまと!

バルセロナが用意したわけではないでしょ。南野が自分から勝ち取ったんだから変な書き方はやめた方がいい。

 

16:名無しさん@さかまと!

ワイナルドゥムが居なくなったらチアゴ獲得するか
それが無くてもカーティスジョーンズを起用するでしょう
プレシーズンで印象的な結果を残してるとはいえちょっと浮かれ過ぎだよ

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.