特集・コラム・インタビュー

【直近5年のJ1通算アシストTOP10】川崎と浦和から3人ずつがランクイン!堂々1位の中村憲剛に続くのは

記事の内容

近年でもっともゴールを演出しているチャンスメーカーは誰か。
2016年シーズンから今季の開幕戦まで直近5年のアシスト数トップ10を検証してみた。

【2016~2020年シーズンの通算アシスト数ランキング】

1位
中村憲剛(川崎)
31アシスト/116試合出場

2位
柏木陽介(浦和)
29アシスト/108試合出場

3位
クリスティアーノ(柏)
27アシスト/102試合出場

4位
柴﨑晃誠(広島)
26アシスト/120試合出場

5位
小林 悠(川崎)
25アシスト/125試合出場

6位タイ
伊東純也(ヘンク/元柏)
21アシスト/101試合出場

6位タイ
家長昭博(川崎)
21アシスト/106試合出場

6位タイ
遠藤保仁(G大阪)
21アシスト/128試合出場

9位タイ
福森晃斗(札幌)
19アシスト/98試合出場

9位タイ
山中亮輔(浦和)
19アシスト/90試合出場

9位タイ
武藤雄樹(浦和)
19アシスト/120試合出場

※在籍チームが変わった選手は合算
 
 堂々のトップは川崎のバンディエラ中村だ。2016年、17年はいずれも11アシスト。鋭く正確なスルーパスで大久保嘉人(現・東京V)や小林悠ら攻撃陣を巧みに操った。現在は左膝前十字靱帯の故障で離脱中だが、復帰すれば再びハイパフォーマンスを見せてくれるだろう。

 その中村に肉薄するのが浦和の柏木。左足から繰り出される柔らかいパスが魅力の司令塔だ。昨年は右膝の負傷など怪我を繰り返し、まさかの0アシストに終わったが、18年はリーグトップの13アシストをマークしている。

 川崎と浦和では、中村、柏木を含め3人ずつがトップ10入り。特に川崎からは1位の中村の他、5位に小林、6位に家長がランクインしており、その攻撃的なスタイルがうかがえる結果となった。

 昨年はJ2で18アシストだったクリスティアーノは、その記録を除いても3位。今季は開幕戦で2アシストと好スタートを切り、上位ふたりを猛追する。

構成●サッカーダイジェスト編集部
データ提供●データスタジアム株式会社

元記事:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200508-00072971-sdigestw-socc

この記事に対する反応

 

今まで、中村憲剛が活躍できるのは、ジュニーニョとかレナトとか、強力な助っ人が前線にいるおかげだとばかり思ってました。
すみませんでした。

 

ストライカーのイメージが強いクリスティアーノが入ってるのはすごいな

 

中村憲剛のゲームコントロール、パスの精度はやはり凄い

 

このメンバーで最年長のヤットが一番出場試合数が多いのが凄い。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.