特集・コラム・インタビュー

高校サッカー“最強校”青森山田、消えた天才も プロ多く輩出も成功例は少ない?

記事の内容

25年連続(27回目)での全国高校サッカー選手権本戦出場

 第100回目を迎える全国高校サッカー選手権大会の地区大会が各地で開催。続々と代表校が決定する中、青森県では前回大会で全国準優勝の青森山田が「四半世紀」に及ぶ25年連続(27回目)での出場権を獲得した。

 県準決勝で記録した22対0のスコアでも話題を集めた“最強チーム”は、全国の舞台でも過去5大会で優勝2度、準優勝2度という好成績で圧倒的な強さを誇示。Jユースも加えたプレミアリーグでも、2016年、2019年と2度の優勝(2020年は開催中止)を果たすなど、高校年代の日本サッカー界を席巻している。そして、これまでに大学経由も含めて実に43人のJリーガーを輩出しているが、意外と「大成した」と言える選手の数は、まだ多くない。

 現時点で最も高い名声を得たと言えるのは、現役日本代表の柴崎岳である。高校1年時から背番号10を背負い、2年時に主力として選手権準優勝を経験したゲームメーカー。2009年のU-17W杯にも出場し、鳴り物入りで鹿島に入団すると、すぐさまチームの顔に成長した。日本代表デビューは2014年9月。2016年クラブW杯での活躍を経て海外移籍を果たした後、26歳で出場した2018年のロシアW杯で日本の新司令塔としてベスト16進出に貢献した。

 その柴崎に次ぐ存在は、2学年下の室屋成だ。高校卒業後に明治大を経てFC東京へ入団して日本有数の右サイドバックへと成長し、2020年からはドイツで奮闘中。森保ジャパンのW杯最終予選メンバーにも柴崎とともに選出されている。しかし、「最強」と呼ばれる現在の青森山田からすれば、A代表入りした選手が2人というのは「少ない」と言える。

 候補者はいた。最初に大きな期待を抱かせたのは、小柄なストライカー、小澤竜己だった。高校1年時から背番号10のエースFWとして名を馳せ、3年時の2005年のインターハイで全国優勝。世代別代表でもU-16代表時代はエースとして活躍し、U-20代表まで常に選出されていた。しかし、プロ入り後は故障に苦しみ、FC東京での2年間でJ1出場は3試合のみ。その後、JFLを経て、タイやラトビア、ポーランドといった国々を渡り歩いている。

 柴崎と同学年のGK櫛引政敏も、期待の逸材として注目された存在だった。U-18代表から世代別代表に選ばれ続け、2016年のリオ五輪に出場したまでは良かったが、J1クラブでのレギュラー定着には至らず、2017年からJ2に舞台を移している。

 その櫛引以上にGKとして強烈なインパクトを残したのが、ビッグセーブ連発で第95回大会での青森山田の選手権初優勝に大きく貢献した廣末陸だった。U-18、U-19代表にも選ばれていたが、FC東京では出番を得られず、さらにレンタル移籍したJ2(山口、町田)でも出場機会なしに終わり、今季はJFLの青森でプレー。まだ23歳で選手寿命は多く残されているが、現在のところは高校時代の全国制覇から年々、下り坂のキャリアだと言える。

 その反対に、高校時代は脇役で、ほぼ無名の存在だった藤本憲明は、卒業後にFWとして得点感覚に磨きをかけ、JFLからJ3、J2、J1と叩き上げで駆け上がってきた。しかし、そのサクセスストーリーも20代でストップ。ブレイクした大分時代には一部で日本代表入りを推挙する声もあったが、神戸移籍後に出番を失い、今夏の大型補強に弾き出される形で清水へレンタル移籍することになった。

 ただ、「今後」を見据えた場合、日本代表入りの可能性を持っている選手は多くいることは確かだ。DF陣では、神戸で頭角を現した“雄叫びファイター”菊池流帆が現在24歳。類稀な統率力で高校ナンバーワンCBと謳われた藤原優大は19歳で、浦和から育成型期限付き移籍でJ2の相模原で奮闘中だ。MF陣では、2年生時に2冠獲得に貢献した郷家友太が現在22歳で、神戸でイニエスタの薫陶を受けながら絶賛成長中。

 さらに3年時に10番を背負って選手権優勝に貢献した檀崎竜孔は21歳。札幌からオーストラリアリーグに挑戦した後、今季途中からJ2・千葉でプレーしている。そして、郷家、檀崎と同じく2年生時から主力として活躍したレフティー・武田英寿もまだ20歳で、浦和でJデビューを果たした後、今季途中からJ2・琉球への育成型期限付き移籍で鍛錬を続けている。この中では郷家が「順調な歩み」で、菊池が「這い上がって来た」が、その他の面々は現状、プロの壁にぶち当たっていると言える。

 かつての日本代表選手は、ほぼすべてが高校サッカーから輩出されていた。だが、Jリーグ発足後にユース出身者が徐々に増え、その中でも国見や帝京に清水商、清水東などの静岡勢、さらに鹿児島実、東福岡などの卒業生が存在感を示していたが、森保ジャパンとなってついにJユース出身者の数が高体連出身者を上回った。今後も「Jユース>高体連」の流れは止まらないだろうが、多様性が求められる中で日本の高校サッカーの存在価値は必ずある。

 今年の青森山田の目玉選手は、MF松木玖生。彼の活躍、成長とともに、多くの青森山田出身者が日本代表のユニフォームを着てW杯で戦う日が来るのだろうか。青森から世界へ。それが、現在「最強」と呼ばれるチームの勝利に加えられるべき、もう一つの使命である。

 

1:名無しさん@さかまと!

青森ダーヤマクラスですら代表クラスを送り出すのは難しい。
それくらい日本代表はなるのが難しいってこと。
プロが40人以上いるだけでもスゴいことです。

 

2:名無しさん@さかまと!

青森山田OBの椎名は、高校時代もプロに入ってからも膝の靭帯断裂して苦労してたけど、今はカターレに欠かせない選手
J2だろうがJ3だろうがクラブで戦力として欠かせない選手になれたなら、それは「成功」と言えると思う

 

3:名無しさん@さかまと!

何をもって『成功例』というかだよな。
卒業後にJ1のチームですぐにレギュラーになり、日本代表に選出されて海外のクラブに旅立つ例は他の名門校や大卒の選手でも数えるほどしかいないし。

 

4:名無しさん@さかまと!

昔NHKの番組でやった清水商業の監督の指導がそうだったけど、代表クラスを次々出すような高校は選手たちが自ら意見を出し合って解決するよう仕向けるやり方が多い。
国見や鹿実もそうだったけどそういう高校は戦術的には割とアバウトで生徒に考えさせる隙間をちゃんと作ってる。
逆に市船のように監督が最新の戦術を大人顔負けに仕込むような高校からはあまり大成した選手がいないように思う。

 

5:名無しさん@さかまと!

柴崎は高校時代で比較しても他の青森山田のOBとは比較にならないくらい飛び抜けてたからなぁ。
高校時代の実績は松木くんもかなり飛び抜けてるので海外で活躍できるような選手になってほしいね

 

6:名無しさん@さかまと!

現場に行ってみてわかったこと。他の強豪校に比べて設備も少なく環境もよくはない。県内にライバルと呼べる強豪校も少ないし。
そんな田舎で全国屈指の実力を誇るんだから大したものだと思うけど。

 

7:名無しさん@さかまと!

青森山田の黒田監督の指導方針が長所を伸ばす事より短所を無くす方に重点を置いているから、バランスの良い選手は出来上がるが、飛び抜けたスーパースターは出にくい。

 

8:名無しさん@さかまと!

サッカー留学で遠い青森山田に来る高校生もスゴいけど、そんなサッカーエリート揃いの中でレギュラーを勝ち取った地元青森出身の柴崎岳とか去年浦和レッズ入りした藤原優大も尋常じゃないよね
冬なんてグランドの雪かきしてから練習始めるみたいだし、エリート揃いでも結構泥くさいことやってるんだよね

 

9:名無しさん@さかまと!

今はユースの力が上がったし、高校サッカーも強豪が分散してるからね。そんなに簡単ではない。
昔は市立船橋の成功例が少ないって言われてたっけ。
興國みたいな高校サッカーでも育成型のチームがでてきたのはいいこと。あくまで高校サッカーは通過点

 

10:名無しさん@さかまと!

青森山田…大学時代に同級生でスポーツ推薦などではなく一般入試で山田に入学し、卓球部に入って3年間過ごした同級生が居たがその彼が同じ山田のサッカー部を3年間観ていて言ってたのが
「サッカー部は県大会は2軍の練習試合的な位置付けで、1軍が出てくるのは東北大会からだし、東北大会位は圧勝しないといけない」って聞いたと言ってましたね…
聞いた時まさかと思いましたが、東北大会のこのスコアならあり得る

 

11:名無しさん@さかまと!

87年藤田、88年名波、89年望月、90年平野、91年川口、田中
清商が5年間で6人のAマッチで10試合以上出場した選手を出している

 

12:名無しさん@さかまと!

菊池は成功だと思うな 山田のdチームから大学、j2にいて今じゃ神戸のレギュラーやで
しかも下手って笑われての立ち位置だから凄い大出世だし

 

13:名無しさん@さかまと!

櫛引は出場したいからと清水から鹿島に期限付き移籍したのをみてありえないと思った
鹿島ほどのタイトル狙うクラブが他クラブの育成に協力するわけがないのは明らか
レンタル移籍するなら所属クラブより明らかに格下のクラブ、例えばJ2とかにしないと

 

14:名無しさん@さかまと!

菊池は良いね。
森保の好みではないのか呼ばれないけど器的には代表レベル。
今はACLがあるから代表に入れなくても高いレベルに触れる試合が増えたから代表に選ばれなくても能力高い選手が増えた。

 

15:名無しさん@さかまと!

レイソルのリーグ優勝メンバーだった
橋本和は代表候補になったけどね。
市船も期待されたほど伸びないという評判だし
他の高校も似たり寄ったりでしょ。

 

16:名無しさん@さかまと!

青森山田に賛否はあるだろうけど、あんなに地理的に不利な環境で、常に高校トップクラスを維持するのは並大抵のことでは無いと思う。

 

17:名無しさん@さかまと!

日本代表選手のほとんどが青森山田出身者だけだったらそれもどうなんだろうと思いますが。
逆にそこまで成功できる選手がいなくても、高校サッカー”最強校”と呼ばれるチームを作り上げる監督や、選手たちの努力は尊敬に値する

 

18:名無しさん@さかまと!

高校年代の相手に勝つサッカーを指導してるんだろう。
J下部組織では、トップチームで戦える選手を育てる。
要は育成世代と勝つ為の指導の差。

 

19:名無しさん@さかまと!

なんか偏った考えの記事だと思うがね
藤本の話なんてトントン拍子にカテゴリ上がったかのように表現しすぎ
下のカテゴリで徐々に出場機会増やしてプロでも通用するベース築きあげたのに

 

20:名無しさん@さかまと!

毎年何千人いるかわからない高校サッカー選手の中で、全国大会に出場し、優勝はできなくても上位に入れる青森山田だけでなく全国の強豪校の選手、みんな成功者だと思います。

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.